観世寿夫氏の能「井筒」





d0161928_00421066.jpeg






能「井筒」 シテは名人の名を揺るぎなく持ち続けた観世寿夫氏。


今でも彼を超える人はいないと言われています。


ですが、53歳という若さでこの世を去りました。


ですからDVDとしてはほんの少ししか残ってないらしいのですが、

一番のお気に入りだったと言われています「井筒」は残りました。



未だに超える人はいないと言われている観世寿夫氏の技。




私が生きているうちに次の名人が現れるかもしれません。


楽しみです。。









# by kiyara888 | 2019-02-10 00:54 | 日常 | Comments(0)

ドラマ「やすらぎの刻・道」が四月から始まる

d0161928_12321798.jpeg




d0161928_12311897.jpeg



大好きでしたドラマ「やすらぎの郷」が終了しちょっとがっかりしていましたが、

この四月から続きが始まるそうです。

「やすらぎの刻・道」



倉本聰さんは終了一ヶ月後には続きの執筆を始めたいらしたそうです。







d0161928_12315532.jpeg

左お二人は元夫婦。加賀まりこさんは石坂さんの元恋人という関係も

結構いじられたシーンが出てきます。

倉本聰さんは出演者の本来の姿、歴史を結構織り込まれていまして

思わずクスッと笑える場面が。





d0161928_12313716.jpeg




新しいメンバーの面々。




d0161928_12312705.jpeg


このやすらぎの刻・道にも参加されていましたが、癌のために降板されました。

とても見えませんが、88歳だそうです。復活されるといいですね。


倉本聰さんがとても大切にされている女優さんだとやすらぎの郷で感じましたね。


やすらぎの郷のシーンも又度々現れるそうですから、拝見することはできそうです。


あと「カルテット」の続きができると嬉しいのですが。


# by kiyara888 | 2019-02-09 12:42 | 日常 | Comments(0)

初心者にお勧めする着物は私でしたら付け下げですね






はじめて着物を作るには何を作ればいいのかというご質問が来ましたら、

私は躊躇なく「付け下げ」とお答えしますね。



まず大島と答える方はちょっと違うかなと。


紬と答えるかたも違うかなと。

何故なら、普段着を着こなすというのは究極の着方なのです。

どうでもいい着方、魅力のない着方でしたら、わかりますが、とても素敵に

普段着を、紬を着こなすというのは至難の技ですよ。




まずはどこにでも着ていけるものが一番ですね。

お茶会、歌舞伎、お能、パーティー、等など。


木耶ラの教室では二重太鼓はあっという間の結べるようになります。

ですから、まずは歌舞伎へでもちょっとしたパーティーへでも気楽にいけますのは

この付け下げが一番いいわけですね。



訪問着でしたら、価格もちょっとお高くなりますし、まだ着こなせないので、

無理かなあと思われることもありますね。


やはり堂々とした着方が必要ですから。


ですが、付け下げはわりと気楽に着れますし、着て行く場所としましては

訪問着とほぼ同じだとも言えます。



まずは付け下げをお勧めしますね。



無地は紋をつけた場合とつなない場合では全然格が変わりますし、

お茶で着るとなりますと紋が必要ですし、無地をお葬式や法事で着るばあいには

やはり正式な日向紋が必要になります。


日向紋を付けましたら、歌舞伎には着て行きにくいですね。


要するに着る場所が限られます。

紋なしでは格が下がりますし、場所によっては寂しい?

要するに無地は難しい着物です。

着物を良く理解されている方でしたら大丈夫ですが、初心者向きではないですね。’


日向紋か縫取り紋か無しかではかなり変わってきます。


相当な知識が必要ですね。

一つ間違えれば面倒です。



ですから気楽な付け下げが一番いいでしょうか。‘





# by kiyara888 | 2019-02-08 22:23 | きもののはなし | Comments(0)

長襦袢のお衿が大変身



暫くあちこちと移動していましたので、ブログのアップが途絶えてしまっていました。

生徒さんから心配してくださっているお声が届きましたが、元気ですので。

大丈夫です。ご心配をおかけしました。


ありがとうございます。


夜は流石に疲れましてうとうととしています。

お風呂に入って今日は早く寝てと思っていまして、そこまでは覚えているのですが、

次に気づくともう2時。ええ!時間を無駄にしたと後悔しきり。


そしてそこからお風呂に入りましたら、もう3時。

ついでにメールのチェックなどを。



で睡眠時間は取れたのか取れてないのか不明のまま次の日へと。



今日ははじめての方のお稽古の日でしたが、この長襦袢のお衿には本当に

皆さんびっくりなさいますので、今日も充実した日になりました。



数年かかるお衿がたった一回の木耶ラの魔法のお衿で劇的に変わるのですから、

それは皆さん多よろこびなさってくださいますね。



この講習会は本当に楽しいです。新鮮なおどろきの表情を拝見できるのですから。

そして期待をお持ちいただけます。


きっとこの木耶ラは私を大変身してくれると。


はい、その通りです。大変身をさせていただきます。


ただ着物を着てるというのではなく、大変身をさせて頂きます。



生きている限り。





# by kiyara888 | 2019-02-08 22:09 | きもののはなし | Comments(0)

空港でのんびりと



今日は博多へ戻る日ですが、いつも時間を夕方にしています。

早めにチケットを取りますんので、時間に余裕を持って取っていますが、

今日は雨でこの気温の変化で疲れもでてきていますので、もう早くから

空港に来ています。


ウロウロしまして風邪をひきたくないですし、体調も悪くなりそうですので。

かなり長く待つことになりますが、空港はありがたいことにリラックスできる

場所がたくさんあります。


空調もいいですし、気温の変化もありませんので、楽ですね。



今回は京都、東京の経由でしたが、帰りは飛行機で直行です。

福岡の空港は大変便利なところにありますので、助かります。



先ほどからかなりな睡魔に襲われています。

ウトウトしています。



あらら?外から光が差していますね。

多分もう晴れていますか?



明日は暖かいそうですが、全国的にでしょうか。



さて次回の東京は4月の4日です。

この4月の一週目は皆さん大変そうですね。行きたいと連絡があった方も

この週だけは難しいと。



又ご案内いたしますので、ご参加くださいませ。あっという間にお衿が

劇的に変化致しますので。


今回もどなたともお約束もしていませんでした。夜出かけるのは今の時期

大変難しく博多でも出ないようにしています。

食事は自宅で。



インフルエンザのワクチンも接種していませんので。


あと少し持ち越していかないといけません。




さて、屋上でも上がってきますか。


ちょっとのんびりしませんと又戻りましたら、いっぱいすることがたまっていますので。





# by kiyara888 | 2019-02-06 16:39 | 日常 | Comments(0)