人気ブログランキング |

宮本亜門氏と  芭蕉布   八重山上布    宮古上布

d0161928_21264244.jpg



       平良敏子氏と宮本亜門氏  芭蕉畑にて



d0161928_21272648.jpg








d0161928_2128131.jpg



八重山上布      作  新垣幸子氏
帯            作  足立紀美子氏 


   

d0161928_21303542.jpg


   宮古上布       浅井エージェンシー提供
   芭蕉布帯       平良敏子氏所蔵






d0161928_2129875.jpg


    芭蕉布      人間国宝   平良敏子氏作 
                 浅井エージェンシー提供







d0161928_10591150.jpg


     


                 
                               
「きものサロン春号」に掲載されています。写真はすべてきものサロン春号より。
着物は浅井エージェンシーの浅井さんより提供  

# by kiyara888 | 2011-03-24 21:08 | 日常 | Comments(0)

襟が浮く

d0161928_20195201.jpeg
                   長襦袢の襟が浮く

             長襦袢の襟が浮いていて首に沿っていない方の悩み



まず襟芯が固くないですか?セルロイド?の芯では?
それとも出来合いの分厚い襟?
ブログの着こなしポイントのカテゴリの衿芯の説明をご参照ください
襟芯が固いとどうしても襟芯は自己主張します。首には沿ってくれません。

細い方は体型補正ができていないのでは?
胸の体型補正ができていなければ細い方は特に襟が浮きやすくなりますよ。
補正をしてみてください

木耶ラの魔法の親指を使っての着付けはみなさん胸元がピタッとして襟が浮かなくなると言います。
ほとんど全員の意見ですので、この技術も効果的なのかも知れません。

襟のくりこしにも原因があります。後ろの襟が戻ってくると襟は浮きます。

そしてもう一つ長襦袢に使用する腰紐はモスリンをおすすめします。
ゆったり結んでも崩れてきません。

それから胸紐を結ぶ位置ですが、これは胸の下(丸みが終わる位置、上から紐を下してきますとストンと落ちる場所があります。そこで締めます。そこで締めると苦しいという方がいますが、苦しくないようにしめることがモスリンだとできます。なるべく幅の広いモスリンがいいでしょう。
まず前から後ろに回し交差してしっかり結びます。それから紐を横にもっていきそこで手を緩め紐を緩めます。
ここで調整ができます。ある程度ゆるめて苦しくない程度になりましたら、前で結びます。
こういうやり方でしたら、苦しくありません。

どいういうわけか結んだ胸紐を下に引き下ろす人がいますが、それって襟を浮かせることになりませんか?
そうやって着ている方は襟が浮いていませんか?胸紐は大切なものです。この使い方がよければ襟が浮いたり苦しいということが解消されるのです。
モスリンの幅は私は5・5センチ幅を使用しています。あまり狭いと細いひも状になってしまいます。
そして細い紐状になればアイロンで伸ばさないといけません。
そうすれば紐が身体に食い込むということが避けられます

紐は胸のふくらみが終わったところがいいと言いましたが、それよりもしたに結すんだら襟が浮きます。
胸の大きい方はすぐにおわかりいただけると思いますよ。
まずウエストの部分で胸紐を結んでみてください。上前の襟をごらんになてください。襟が浮くでしょう?
胸の下にゆったりと結んでみてください。上前の襟は浮かないでしょう?
そして苦しくもないはずです。これがモスリン以外の紐でしたら、しっかり締めないと緩みます。
でも100パーセントモスリンでしたら大丈夫ですよ。
私の生徒さんが昨年10人ほど一緒に歌舞伎の顔見世に行きましたが、一人として苦しいと言った人も無く、
着くずれした人もいませんでした。家をでてから歌舞伎が終わるまで12時間かかっていましたが。

この紐の位置は今度写真を掲載してくわしくお話しすることにしましょう。

それから後ろの襟を引く紐は前の襟を抑える紐と共有はできませんですよ。別物です。
べつな役割をしますから当然別々にしなくてはいけません。兼ねることはできません。

これも記事に書くだけでは難しいですね。これを読んでいる生徒さんには理解できているはずです。
理論的になぜだめなのかとお話ししていますから。なぜここでなければならないのか
なぜこうしてはいけないのかということを具体的に理論的にお教えしています。
それは長年研究しつづけているからこそ言えることだと思っています。

# by kiyara888 | 2011-03-23 22:17 | Comments(0)

寺田豊氏の作品

d0161928_21405767.jpg


d0161928_21412788.jpg




d0161928_21421044.jpg

      夏の絽の訪問着です


d0161928_21425156.jpg





# by kiyara888 | 2011-03-23 21:44 | Comments(0)

日程が決まりました


このブログでお知らせしました 着物特別講習会の日程が決まりました。
4月4日になります。出石コミュニティーセンターで行います。

# by kiyara888 | 2011-03-23 03:39 | 着物特別講習会 | Comments(0)

岡山丸善にての寺田豊展 まとう はおる かざる

d0161928_2154534.jpg


明日からいろいろ展示会、今回からはシンフォニーフォールの地下のギャラリー(本屋さんの中)に変わることになりました。表町ギャラリーはギャラリーとしては閉めることになり丸善さんの売り出し会場になるようです。
地下のギャラリーは最初イメージでは狭い感じがしたのですが、個展にはちょうどいいのかもしれません。
寺田氏の品のある作品で素敵な空間になりました。
今回のテーマは  まとう はおる  かざる  
新しい感覚のコートです。
このコートは最初の作品を着させていただいていますが、本当にいろんな方から声をかけていただけます。
以前にも書きましたが、男性の友人の方々からも「素敵ですね」と言っていただきました。
博多でも岡山でも京都でも東京でも。
一点一点がまるで違った雰囲気を醸し出しています。でも不思議なことにどれも欲しいと思うものばかり。
気楽に羽織れそうで格調高い。
    すでに出来上がっていますが、裄 丈などはその方の寸法に合わせ直すことも可能です。
ぜhこのコートは写真ではなかなか本来の素敵さを表すことは難しいですね。
着姿の方が数倍素敵です。寺田氏の着物に限らないのでしょうが、出来上がりを着ている姿の方が断然素敵に見えます。    今回は通り道にもなりますので、どうぞお気軽にお出かけくださいませ。
お待ちしております。寺田氏は土曜日はお休みさせていただきますので、ご了承くださいませ。
寺田氏に関しましてはカテゴリ 作家紹介 展示会を終えてをご参照くださいませ。
また京絞り寺田のホームページをご覧くださいませ。









d0161928_2253733.jpg









d0161928_2161728.jpg












d0161928_2165223.jpg











d0161928_2172414.jpg









d0161928_2193191.jpg











d0161928_2111644.jpg










d0161928_21141499.jpg


訪問着  附下 小紋  帯なども展示しております。

# by kiyara888 | 2011-03-22 21:07 | Comments(0)