特別着物講演会    綴れ帯     講師  服部秀司氏


                    特別講演会     

          綴れの話               講師  服部秀司氏


綴れ帯をご存じの方は多くてもどういう風に作られているのか、どういう帯なのか、どういう時に結ぶのか、
どんな着物に会うのか、ということはあまりご存じでない方が多いように感じられます。
ご存じの方も硬くて結びにくいなどの先入観をお持ちだったり。

服部氏の工房で作られています綴れ帯は爪掻き本綴れという一番高級な作り方で、一切機械織りなどはされていません。ですからしなやかで結びやすく、一旦結びますと緩んだりはしません。

単衣の時期は贅沢な時期ですが、この綴れ帯と博多の帯を一本ずつお持ちであればなんとかなるといった便利な帯になります。

単衣の時期の訪問着 附下などには私は綴れの帯を合わせています。(もちろん紗袋を合わせたりもしますが)。
柄によりましては附下にも大島にもという結び方ができます不思議な帯です。

この講演会ではどのようにして綴れ帯が出来上がっているのかを歴史を紐解きながらお話いただきたく思います。

またどのような場所に占めて行けばいいのか、どのような着物に合わせるのか、締める時のコツは(これは私がお話いたします)  作品を見せていただきながらご説明していただきたいと思っていまs。

この特別講演会ではお忙しい中作家さん方のご協力 ご好意でお越しいただいております。
ご参加お待ちいたしております。




       

              2011年  6月17日(金曜日)    13:30~16:30

               倉敷 新渓園にて (大原美術館敷地内)


                 講演参加料       3,000円

 
                      (展示販売はしておりません)




途中からの参加でも大丈夫ですのでお気軽にお越しくださいませ

参加ご希望の方はこちらへお申込みくださいませ

         080-3883-3122         
         kiyara888@hi2.enjoy.ne.jp
kiyara888@softbank.ne.jp
kiyara888@ezweb.ne.jp

※     パソコンからのメールは携帯電話にはつながらないようになっております
                      のであしからず、ご了承くださいませ。

# by kiyara888 | 2011-06-13 06:15 | 着物特別講習会 | Comments(0)

人との出会い

今回の展示会では沢山の新しい方々との出会い、また懐かしい方々との出会いがあり、楽しい四日間になりました。皆様ありがとうございました。
多くの方々に素晴らい作品をまた新しい作品をご紹介していくというのは私にとっては楽しい仕事です。
また今年後半もいろいろな企画をしております。

# by kiyara888 | 2011-06-13 05:57 | 日常 | Comments(0)

今日は最終日です

会場の倉敷物語館は観光客が訪れますから、色々な方にお会いしました。
八女からの団体さんがお見えになりましたが、八女の伝統工芸館の真横の会社の方々だそうです。
今年の冬また八女に行きますが、お寄りくださいとおっしゃっていましたので、お訪ねしますね。

松山の女子高校生3人が着物の写真を撮ってもいいですかと訪れました。俳句をしている?って尋ねましたら、やっぱり学校の教科の中にあるそうです。なにしろ子規を輩出した土地ですものね。


今回の展示会の写真がうまく撮れずに残念です。素敵な作品が沢山ですのにね。
昨日は雨でしたが、涼しくて助かりました。

品のいい作品ばかりですね。と皆様方にお褒め頂きました。
着物の中にいますと疲れませんね。


いいもの 本物 新しいものを沢山見ておくことが目を肥やす一番の早道です。
疲れた作家さんの作品は疲れていますし、元気で前向きな作家さんの作品はやはりいい。

# by kiyara888 | 2011-06-11 07:53 | 日常 | Comments(0)

展示会三日目です

この二日間の間にいろいろな方がお見えになりました。

昨年妊娠なさってお休みされている明(あき)さん。二か月の赤ちゃんを連れて来てくださいました。
とってもハンサムさん。おとなしくずっと眠ったままでした。離乳食になったらお母様にお預けになって教室へ戻ってこられるそうです。早く着物を着たい!と彼女は叫んでいました。

単衣の着物姿で現れてお二人。素敵でしたよ。

お仕事の関係などで休まれていた方も復帰。久しぶりで会いにいらしてくださいました。

スイスからの観光客も中に入っていらして京都で浴衣を買いましたとお話をされていました。
ゆっくりと着物を鑑賞されていました。


高橋先生の浴衣は一点一点手描きです。なのに良心的価格ですね。
とてもきれいですよ。

# by kiyara888 | 2011-06-10 06:02 | 日常 | Comments(0)

衿の打ち合わせ

衿の打ち合わせとは?


衿の打ち合わせはタイプによっても違いますし、年齢によっても変わります。

若い方 中年の方  年配の方 
細い方  豊な方  胸の大きい方  小さい方

また着物によっても違います。

浴衣  紬  小紋   附下・訪問着  

また好みのタイプによっても違います

吉永さゆり   佐久間良子   大地喜和子  ???

テレビで時々浴衣なのに衿が詰まった着方をしているのを見かけますが、やっぱり私は浴衣は涼しく着てほしいですね。

衿の打ち合わせはお一人に一つではないですね。

DVD作成は途中で止まっていますが、考え中です。このDVDは一度でも指導をお受けになった方のための復讐でしか使えませんね。教室でのきめ細やかな(?)指導がなかなかDVDではお伝えできません。
10分の1でしかないです。これと同時期に本でも出せればいいのですが。

# by kiyara888 | 2011-06-10 05:51 | 新・着こなしワンポイント | Comments(0)