木耶ラの着物教室へようこそ  着こなしワンポイント

木耶ラの着物教室にようこそ。40年間着物講師として過ごしてまいりましたが、独立しましてから、私流の着物の着方のポイントを研究して参りました。着物教室ではそれを皆様方にお伝えできると思っていますが、
本当にうれしいことに、まだお目にかかったこともない方々からブログを通して指導をしてほしいと言っていただけるようになりました。ですが、なかなか教室を増やすことができません。

ブログではどの程度お伝えできるかはわかりませんが、なるべく多くの方々にお伝えできるように頑張ってみようと思っています。そして各地で一日教室を開きましてより詳しくご指導できればと思っております。


木耶ラ流でよければどうぞこのブログでの木耶ラの着物教室にご参加くださいませ。
そしてお目にかかる日を楽しみにしております。

ただ毎日進歩するべく研究を続けておりますので、授業内容が変わることもあります。
カテゴリの着物きこなしポイントで更新して参ります。

ではお待たせいたしました。木耶ラの着物教室の始まり 始まり。


 長襦袢の襟が浮かない方法 



木耶ラの着付け指導をお受けになった方々は今まで浮いていた襟が浮かなくなった、長襦袢が胸元にしっかりと落ち着いているということをおっしゃいます。


d0161928_2191410.jpg


長襦袢の上前を合わせましたら、必ず右手で襟を抑えます。左手ではいけません。
左手で中途半端な位置を抑えましても襟が中途半端に開いていることがあります。お試しくださいね。
近い方の手で無理なく抑えることにしましょう。
位置は胸の丸みが消える位置、丸みのすぐ下になります


この写真ではわかりにくいのですが、親指全体で襟を押さえていて四本指は少し浮いています。
紐をかけやすいように。


d0161928_21121154.jpg


四本指と親指の間で胸紐を挟みます。右手で紐を胸の丸みに沿わせておろしてきます。
ストンと丸みが終わるところが一番いい位置になります。これが一番大切なポイントです。




d0161928_211542.jpg


後ろでしっかりと締めましょう。




d0161928_21175360.jpg


胸紐を真横に持ってきてから、一息抜きます。一息と言いましてもふうーと口から息を出すのではなくk
紐を引いている両手の力を徐々に緩めるのです。その加減はお好みでどうぞ。
後ろでしっかり締めたままでは苦しくなります。必ず一息抜きましょう。
モスリンの紐であれば緩むことはありません。ここで紐を締めておきます
二度紐をかけてから交差して両方の端をかけておきましょう。




d0161928_21214534.jpg


上前の襟が浮かないでしょう?しっかりと胸についていますよね。





d0161928_21242419.jpg


では胸のふくらみが終わった位置ではなく、もっと下の方に胸紐を結んでみましょう。




d0161928_21262317.jpg


ここの位置でしたら、上前の襟が浮きます
。胸の大きな方ほど顕著に現れます。
胸の小さな方はすぐには差が出ませんが、時間がたてば同じことが起きます。

どうぞお試めしになってくださいね。

着物がなんであれ、長襦袢の胸紐はこの位置が一番いいと私は思います。
襟が浮いていても美しい方はかなり着こなしている方か雰囲気のある方です。
女優さんのように個性のある方はこういう話はあまり関係はないのですが、そこまでになるまでには
私は首から襟が浮いてないほうがいいような気がします。

この位置だと苦しいという方がいまして、ぐっと下に紐を下すかたがいますが、この胸のすぐ下の位置にしっかりと締めすぎると当然苦しいですよ。
でもしっかりと閉める必要はありません。
カテゴリ着物のポイントのところでモスリンの記事を掲載しておりますが、ここにも詳しく書いております。
ナイロンの紐でしたら、着崩れますのでしっかり締める必要がでてきます。
ですがモスリンの紐はゆったりと結んでも緩んでくる恐れがありません。絹もいいとされていますが、私は一番着崩れないのはモスリンだと思います。これは三種類の紐をしばらく研究のために試してみました。
100パーセントのモスリンでしたら大丈夫です。モスリンは純毛です。純毛ですから虫に食べられてしまいますが、穴があいてもお使いくださいね。もったいないですから。
おばあ様の穴の開いたモスリンの長襦袢は捨てるのではなく腰紐をお作りになりますと素敵な腰紐が出来上がりますよ。

私の生徒さん方は昨年十人ほどで京都の顔見世に行きましたが、家を出ましてから12時間以上着物姿でいたわけですが、苦しくはなかったそうです。そして着くずれをした人もいませんでした。
ちょうど二日ほど前にコメントを書いてくださった生徒さんがいましたが、この方はこの着方をもっと早く知りたかったとおっしゃってくれています。それまではやはり襟が崩れていたそうです、そして苦しかったと。

何度かお試しくださいね。お試しになった後の感想をまたコメントいただければうれしいです。


次回は

着くずれを無くす方法  ( 裾が落ちてこない方法)をお話しすることにしましょう

その次には着物を着た方の写真を美しく撮る方法などもお話しいたしますね。

これまで学んできたこと、ご指導いただいたこと、自分で発見したことを交えましてのブログ着物教室を開催します。
木耶ラの指導でよければどうぞご参加くださいませ。
着こなしワンポイントのカテゴリでご紹介して参ります。


                   

# by kiyara888 | 2011-04-07 21:09 | 新・着こなしワンポイント | Comments(4)

お花見



d0161928_98954.jpg








被災地からのお花見自粛に関してのツイッター そしてユーチューブでのコメントが沢山なされています。
皆さん声をそろえてこの自粛が経済的な二次被害を引き起こすのではないかと危惧していると訴えいています。お花見をしてください。私たちは自粛して欲しいとは思ってもいません。今の援助もうれしいですが、将来の援助もお願いしたい。お花見をしていただいて東北のものを一品でも買っていただいて東北のお酒を一本でも買っていただければありがたいです。
この訴えはおひとりのものではなく、被災地からかなりこういうメッセージが届いています。
子供の死など考えると本当に悲しい。男性でもみなさんテレビの前で泣いたことでしょう。
ショックは忘れることはないでしょう。
でも未来を考えてやはり立ち上がらないといけないでしょうね。被災地からのメッセージは心に響きます。
博多の教室でお昼お花見に行くことにしました。お弁当買ってお花見に行こうという生徒さん方と一緒にまずデパートに行き東北のお酒を探しました。宮城県のお酒を見つけました。
お花見会ではみなさん声を揃えて「福島の野菜は食べるよ。こっちに送ってほしい。子供ならいざ知らず、
私たちはなんでも食べるよ。福島の人をホテルがボイコットってなんてことするんよ」と声を大にして言っていました。
小さな子供さんを抱えている方の心配は計り知れません。でも私たちはもう大丈夫。この年齢ですから。
それに水で洗えば済むこと。
こういう声もありますとこのブログではお伝えしておきましょう。
空は青く桜は満開でした。
経済的な二次被害を起こしてはいけませんよ。過剰の自粛はしないでくださいね。と被災地の方々から熱いメッセージをいただき、反対に励まされました。

# by kiyara888 | 2011-04-07 00:32 | 日常 | Comments(0)

生徒さん紹介 jyomonさん

d0161928_22315741.jpg


d0161928_2322939.jpg



d0161928_2323157.jpg



d0161928_23233193.jpg



010.gifjyomonさん

着物歴?十年と言っても間が抜けています。
「さあ、着物を着ましょう」と思っても若い時の着物、着付けも襟がつまっったり、腕が上がらずきれいに着られない。何と、ハードルの高いこと。
こんな時出会いました。木耶ラ先生と。

六年前、日本茶インストラクターの資格と取り、衰退の道まっしぐらの「日本茶」にもっと親しんで欲しいと仲間と共に日本茶の普及活動を始めました。
お点前にこだわったものではなく、どなたにも美味しいお茶を淹れられるようになるための講座を開催しております。60秒でとはいきませんが。

楽に着物を着てお茶を楽しむ。まことに日常茶飯の仕種となりますように
すべての思いを込めて 頑張れ 日本!



058.gif木耶ラ

着物が大好きで今はほとんど毎日のように着るようになったそう。
洋服を買うことがなくなったので、必然的にお出かけには着物になるそうです。
この教室に入りたてのころわくわくのコメントがよく届きました。
「うそ!バス旅行に行っても着崩れませんでした。  襟が浮かなくなりました」

苦しくなければ、着くずれがなければこんなに着物を着て出かけることが楽しいなんて、とますます着物大好きになっていかれていく様子が伝わります。
元気溌剌な彼女のお蔭でクラスはもう明るくにぎやか。笑いが絶えません。
お茶の普及にも一役買っていらして時々美味しいお茶を出してくださいます。
今回は福岡城址での桜満開の中の撮影となりました。

大阪で毎朝ブログを開いてくださっている娘さんのhanaさん、如何ですか?
お母様の晴れ姿は?

# by kiyara888 | 2011-04-06 22:32 | Comments(4)

今日の一日

漢字の間違いが度々ありすみません。朝五時起きで今日は岡山に行ってきました。
その短い時間で更新してしまいました。おまけにこのパソコンだけがなぜかブログの字が小さくて見えません。たぶんなにか変なことをしてしまったのかもしれません。見ていただかないといけないようです。
漢字が判断できないほど輪郭ががたがたなのです。

岡山の後博多へと出発しましたが、福山で停車した時、突然「三原の駅で人身事故があったために、暫く停車します」とのアナウンスがありました。
数人の人が電話で遅れるという旨を連絡していましたが、本当に二時間みなさん静かに座ったままでした。
もともとの日本人の性格もあるでしょうが、やはり被災者のご苦労を思うとこれくらいのことで皆さん文句をいうことなんてできないでしょうね。東京の方々も次の日まで電車に閉じ込められたり何時間も歩いて帰ったりという苦労をされているのですから。
皆さん本当に静かでした。二時間後動き出しました。待ったのはたった二時間でした。

# by kiyara888 | 2011-04-05 01:22 | 日常 | Comments(0)

玄侑さん

昨日の夜教育テレビで玄侑さんのお話を聞きました。彼のブログも毎日読んでいますが、玄侑さんからの情報で今福島がどういう状態なのか、なにがなされているのかがわかります。
奥様の智子さんと11日からさかのぼって数週間前に食事をしていました。
福島の話や宗久さんの話がでていましたが、遊びにいらしてくださいよ。宗久を紹介しますよとおっしゃってくださってその日を楽しみにしていました。
私の講習会にも参加してくださり、またどこかの講習会にも必ず顔をだしますよと言ってくださっていた智子さんが今すさまじく大変な立場でいらっしゃることになるとは。
地震後寺田さんが安否を気遣いメールをしていましたが、何の返事もないということで私たちは息を殺して連絡を待っていました。携帯が物につぶされて使えなくなっていたとか。お二人はご無事だとわかりましたが、壊れた携帯でもわかるようにお寺はかなり痛手をこうむったようです。
宗久とも話し合い私たちはここに残ります。というメッセージを寺田さんより聞きましたが、昨日の番組でも宗久さんがそうお話されていました。緊張が走りました。
楽しみにしていました宗久さんの映画「アブラクサス」を観てきましたが、11日を境にしてこの映画を以前に観た方と以後に観た方では観方がかなり変わったかもしれませんね。
やはりこの映画に出演した福島の方々や子役の子、そして老犬は今どうしているのだろうかと気になりながらみてしまいました。この福島のこの景色が穏やかな景色が、訪れるはずだったこの場所に今なにが起きているのか。すべてが正しく把握できない現状ですが、少なくとも宗久さんのブログからは報道からは知りえないことがわかります。
アブラクサスの主人公の生きることの苦悩はそれはそれは宗久さんの経験でもあったことだと思います。
跡継ぎとして住職としての生き方を選ぶのか作家としての生き方を選ぶのか苦悩し続けてきた宗久さんの
姿かもしれません。そして主人公と同じように二つの道を選ぶことになります。
生きているということを実感して生きていくにはこの道が必要だと思うと。
そして宗久さんは作家になる夢がかなった。そして何かに書かれていましたように、この住職という姿も自分の本来の姿であると。今作家としての力で福島から発信されそして住職として人生をまっとうされようとしています。若かりし頃死にたいと思うほど苦悩し続けてきた玄侑さんは今迷いなくご自分の道を歩まれているのではないでしょうか。私には戦うお坊さんとして宗久さんが輝いて見えます。
お二人のご無事を祈るばかりです。

# by kiyara888 | 2011-04-04 10:53 | 日常 | Comments(0)