宙で止まる猿之助さん「黒塚」







d0161928_02073444.jpeg







d0161928_02054051.jpeg




四月に歌舞伎座で猿之助さんの「黒塚」が行われるそうです。

黒塚は観世能では「安達が原」と呼ばれていますが、


お能の歌舞伎もこの黒塚が大好きですね。


お能では片山九郎右衛門先生の「安達が原」を拝見したことがあります。

仕舞いが素晴らしいですから、見応えがありました。



猿之助さんは持っている魅力と技能を全開といった感じの作品で、

これも見応えがあります。




宙で一瞬止まる猿之助さんと萬斎さん。


誰でもができるという訳ではないだろうこの技術。

流石と思ってしまいます。






# by kiyara888 | 2019-02-17 02:19 | 日常 | Comments(0)

衿芯にもこだわりが




衿芯一つでも研究して来ましたが、なんでもいいということはないですね。

そして私がいいと思うものは店頭に並んでないということに驚きます。

いいものがなくて、今並んでいるものは私にはとても使えないものです。


何故そうなるのかはよくわかりませんが。

生徒さんがたには一緒に購入しましてお分けしています。


なんでもいいじゃないですかと言われましたら、なんでもいいわけないですと

答えますね。


長襦袢の既製品なんて理解できない。


何故そんなものがいいのか。


芯はなんでもいいなんて信じられない。

そんなことはないですから。


着こなされている方は私の話は別ですが。

着こなされれている方はなんでもいいわけです。

私が声を大にしてご指導していますのはまだ着こなしができていない方だけです。


もっとこうしたらもっと垢抜けたかっこいい着方ができるのにと思う方だけです。

ほんの少し変えるだけでこんなにも素敵に変身するんだとは生徒さんでしたら

ご理解いただけるでしょう。



またまとめて購入しておきます。




# by kiyara888 | 2019-02-16 22:52 | きもののはなし | Comments(0)

「片付ける力をつけよう」橋本裕子

d0161928_09152169.jpeg




俳句のお仲間でもあり、木耶ラの教室の生徒さんでもあった橋本裕子さんの

本が出版されました。本屋さんに並んでいるそうです。

福山を拠点に色々と活躍されていたのですが、出版に至るとはすごいです。


今出版は大変難しいですから、本当に快挙です。


早速買って読みたいですが、コツがわかれば片付けは簡単かもしれませんので

大いに期待します。




# by kiyara888 | 2019-02-16 09:20 | 日常 | Comments(0)

木耶ラの長襦袢はお衿が戻らない、打ち合わせが開いてこない





万平さんほどの苦労とは比べ物にはなりませんが、このドラマで思い出しました。


木耶ラの理想の長襦袢を作る段階で何枚長襦袢を作ったことか。

縫うのは和裁士さんですが、色々と繰越を変えたり身幅を変えたり、

完成と喜んでいたら、麻の長襦袢ではちょっとこのままでは駄目だと又

ここから長襦袢を作り直す。直すというか新しく作りますから、とにかく

途中段階の長襦袢が沢山あります。

勿論麻以外は洗える長襦袢で作っていますが。


そして専門の方がおかしいという規制概念を壊して作り上げました。

作り方というよりは寸法の出し方といったほうがいいでしょうか。


その方に合わせて作ります。


特許取れるよと言われたのですが、それはしませんし、私でないと出せない

寸法ですので。


同じものを作ってくださいと他の仕立てをする方にお願いしましたが、

やはり着にくい。それはその方のくせがあって微妙に数カ所違うのですね。

何度もやり直しをして頂きました。


勉強になりましたと喜んで頂きましたが。


まんぺいさんがいや、完成ではないという言葉が好きですね。

私も完成だと思ったのですが、麻では違った。


木耶ラの長襦袢は昔からの長襦袢です。後の紐通しもびらびらと細長く

ブサイクに垂れ下がった布もまったく使いません。


使うのはモスリンの腰紐と木耶ラ考案のモスリンの伊達締めだけです。

この伊達締めも長襦袢も生徒さんがたから大好評です。


販売目的ではありませんから、生徒さんが増えるたびに作っていますが、作り置きは

いつもなく、今もお渡ししていない方もいます。大量には作る気はないですね。


長襦袢も伊達締めも販売目的ではありませんので、大量生産はしませんし、

長襦袢はその方に合わせての寸法ですからまず、無理ですね。



抜いたお衿が戻らない、打ち合わせたお衿が開いてこない。

1日着ていても着崩れない木耶ラの長襦袢はこうやって何度も試行錯誤しながら

出来上がったものです。




こんな寸法の出し方はおかしいと言われましたとよく言われますが、

規制概念で私は生きていませんので。


おかしいという方はわたしのように毎日四十六年間着物を着ていますか?

私と同じように台風でも外出には着物を着ていますか?

ご自分でずっと着ていて可笑しいと仰ってますか?


私に可笑しいと文句をいう方は、私のように四十六年間毎日着てから

仰ってください。

そういう方には耳を傾けますので。


体験しないで本を読んで知識だけを頭にいれて頭でっかちにはわたしの生徒さんには

したくないですね。




# by kiyara888 | 2019-02-14 10:15 | きもののはなし | Comments(0)

まんぺいきやら?



昨日はもう大笑いの教室になりました。

朝ドラの話から生徒さんがたが朝ドラがもう早く完成したらいいのに、

引っ張る〜。


又完成じゃないなんてと仰るので、いやいや、木耶ラの長襦袢もそう簡単には

出来ませんでしたよ。ああいう感じです。もっと何かが足りない、もっとと思うのです

よと申しますと、生徒さんがたが、成る程、先生の長襦袢はまんぺいきやら長襦袢

なんですねとまるでふくこのような言い方をされて(笑)。



熱血講師の修造木耶ラとも言われていますが(笑)。


今回はまんぺいきやら❣️。






# by kiyara888 | 2019-02-13 21:20 | 日常 | Comments(0)