<   2018年 12月 ( 94 )   > この月の画像一覧

紅白を観ながら



紅白歌合戦を観ていますが、今までは途中、あまり知らない若い方ばかりで

面白くないと思ったこともありましたが、今年は結構知ってる方々が

登場されていますので、楽しめています。

子供の頃から観ていましたので、なんとなく観ないと落ち着かない

ところもあり、今年も観ています。

10年ほどはおせち料理を作りながらの紅白でしたが、数年前から一人でのんびりとし

年越しをしています。


今はEXILEの歌とダンスで盛り上がっていますが、やはり見応え聞き応えが

ありますね。

サザンも出ますし、松任谷由実さんも。


北島三郎さんもやっぱり紅白の盛り上がりには必要ですね。


ISSAさんも楽しかったですし、やっぱりさっしーには涙が出ましたし。

頑張ってる人が好きですから、結構今日は涙が出ました。


年をとったせいでもあるかもしれないですね。


苦しいことですとか、辛いことですとか、そしていじめとかには

決して泣かないですけれどね。


紅白の後には十二時半からのジルベスターコンサートを。

カウントダウン曲はアンドレア・バッティストーニ指揮のアイーダの凱旋行進曲。


これは見逃せませんね。




そして元旦の六時半からは観世ご宗家の羽衣。

博多の生徒さんがたにはお馴染みの坂口貴信氏も地謡?後見?でのご登場ですよ。


これも拝見したいですね。


最近までお正月三カ日は毎朝伝統芸能の時間が設けられていまして、

能、日本舞踊などで朝を迎えることができたのですが、いつのまにか

元旦だけになっていますね。残念です。


元旦は片山幽雪氏で二日目は井上八千代氏という親子で続けてというときも

ありましたが。

お正月の朝は狂言、文楽、も放映して欲しいですね。



お正月三日間は母とテレビを観ることになります。

変わった母で和がちょっと苦手なんですよね。

ニューイヤーコンサートかな。



ほんと変わってるなあ。

でも娘は今は和の世界へ。


母とは顔も性格もまったく違って、似てるのは体型だけでしょうか?


さて、明日は任せっぱなしの母のお相手を楽しみましょうか。

いよいよ今年も終わります。

by kiyara888 | 2018-12-31 22:45 | 日常 | Comments(0)

今年も終わります



今年もいよいよ終わりに近づきました。

今年は結構波乱万丈な年になりました。

暑さから体力を失い、かなり体力的に大変でしたが、気力で乗り越えました。

来年はやはりもうちょっと体力づくりをしていきませんと。


来年に向けて色々と改革をしていますが、ありがたいことに生徒さん方は

ご理解くださりスムーズに新しい体制に進めます。


来年は自分が持っています引き出しをもっと開けていくべく企画もしたいと

思います。


兎に角大変な時代になっていきますが、何が起きても慌てなくて済むように

全てを乗り越えていく覚悟で歩めたらと思います。




そして歌は音痴で、絵は下手で、となんでもオールマイティーでなかった事が

私には取ってはラッキーだったかもしれません。



歌が上手ければカラオケに行き放題?


結局は他に取り柄がない上にかなりいい加減なところもあり、欠点だらけと

いう事で私の取り柄は着物の指導しかない、

そう思いまして、ご指導には力を入れてまいりました。


そして残り少ない人生になってきてる今、なるべく大勢の方に着物の魅力を

伝えるべく、より一層頑張っていこうと思っています。


私が人様から期待していただくのはこの着物指導以外にはありませんので。


今年はいよいよ終わりです。

新しい年に希望を持ちまして、もし何かがあったとしましてもそれを乗り越える

気力を維持していきたいですね。






by kiyara888 | 2018-12-31 21:19 | 日常 | Comments(0)

一調 勧進帳 片山九郎右衛門氏に亀井広忠氏




昼食後に一息。

にっぽんの芸能のビデオを観ております。



片山九郎右衛門氏と亀井広忠氏の一調 勧進帳






d0161928_13455483.jpeg










d0161928_14015332.jpeg






九郎右衛門先生のお声は益々深みがおありになっていますから、

第一声にゾクッとします。



静かなひと時です。



by kiyara888 | 2018-12-31 13:58 | 日常 | Comments(0)

手結びで美しく、しっかりと二重太鼓を二分で結ぶ方法




d0161928_00015810.jpeg





あらあ、生徒さんとのお約束を忘れていましたあ。


私の着物講師としての50周年のパーティーで(本人主催でささやかなものですが)

生徒さんにお披露目していただく二重太鼓を2分で結ぶという講習を

まあ年に二回ですが、ご指導することになっていまして、1回目は夏に実行

しましたが、この12月にも行う予定でした。



勿論ご希望の方だけですが、それも一応、問題なく自分で着れる方のみですが、

手結びの二重太鼓を人の背中に結ぶというものですから、これもお役に立つ

ものになりますね。これも生涯の宝物になります。


2分でだったら誰でも結べるわと仰る方。


それだけではありません。

一応ショウーですから見た目にも美しく結びます。


それって何か役に立って立つ?

はいはい、役にたちます。


私は手の力がありませんので、瓶の蓋も開けることができませんが、

帯結びはすごい力で結べます。

モデルになった生徒さんがたは体験されていまして、いつも驚かれますので、

一気に結びません。



ジワジワと結んでいき、苦しくなる前にやめます。


これは手の力を使ってないんですね。

これにはコツがあるのです。


私のようなか弱い年寄りでもすごい力になるのですね。

そしてそれは又見た目にも美しく映るのです。


それを生徒さんに伝達したいという思いもありましてこういう講習会を

開いています。

ただ、今のところはある程度着物が着れるようになってからの講習会にして

います。


私がしたい事はご自分で着物が着れるようになるということで、これはおまけにしか

過ぎませんので。


人に着付けをするということは私がやりたい事ではありませんので。



そして博多でしかできません。

この事で出張は致しません。


今のところ生徒さんにしかご指導していませんが、来年はお伝えしていきたいと

思いますので、ちょっと考えますが、あくまでも博多にて。


手結びの二重太鼓を2分で結ぶ。

手首は使わないが、かなりきつく締める方法。


見た目にも美しい締め方。ショーとしても。



さて一回目をお受けになった方々にはまた追ってご連絡いたします。




by kiyara888 | 2018-12-31 12:52 | きもののはなし | Comments(0)

芸能人格付けチェックから




今日は午前中はゆっくりしてしましましたが、遅い朝食を

取りながら今年のお正月に放映されました芸能人格付けチェックを見ていますが、

この番組はとても面白く結構見ています。

当然のことながらGAKUTさんに興味を持っていますが、53連勝を突破しました。

一度も間違ったことが無いんですね。これには脅威です。



音楽を聴くことは無いですが、この不思議な雰囲気での役者としての

彼には魅力を感じています。


今日は三重奏の楽器が片方は数十億、もう片方は60万。

その聴き比べですが、私は音痴にもかかわらず、まず外れたことがないですね。

これに関しては全問正解です。

これが不思議なんですね。


カラオケでは絶対に歌いませんし、習わされたピアノは上達がない、嫌々行っている、

お稽古しないということで、怒った母からやめなさいとありがたい命令が

入りました。


なのに聴く方は大丈夫なのでしょうか。

兎に角どちらがいい楽器かはすぐにわかります。

悩まずとも。



今日も芸能人は半々の割りでの正解者でしたが、ダイゴさんは間違えましたが、

流石によしきさんは正解でした。もちろんGAKUTさんも。

歌手の方でも間違う方は多いですが、これはかなりな緊張が伴うから一瞬

わからなくなるのかもしれません。



音痴の私が聞き分けることができるのはある意味、母のお陰かもしれません。

母の趣味はクラシック鑑賞とピアノを弾くこと。

小さい頃から毎日クラシックが結構大きくかかっていました。

興味ある作曲家が変わりますから、とにかく色々と。

母はクラシック以外はほとんど聴きませんでしたが、私は若い頃

日本に訪れるシンガーのコンサートに良く行っていました。



母を大阪のフェスティバルホールに招待したこともあります。

大阪までしか来ないピアニストが来日した時に。

誰でしたっけ?ケンプ?違いますか。


なによりの親孝行でした。


社会人になってからは労音にも入っていましたが、クラシック部門を

選んでいましたので、岩城さん指揮のN響も良く聴きましたが、岩城さん事件の

時もいました。


演奏途中に幼い子の泣き声が突然響き、岩城さんは演奏を止めました。そのままの

形で指揮台に立ったまま何と30分も。

子供は親が連れ出したとは思いますが、岩城さんは続けないんです。



私は岩城さんの気持ちが良くわかりました。

ここまで完成させるまでどんなご苦労があったのかと良くわかります。

それほどこだわって来られたのだと。


なぜ幼い子がこの中にいたのかが不思議でした。


30分後に再開されましたが、終了後に岩城さんへの抗議がかなりな人から

始まりました。

そして大々的に新聞にも取り上げられました。



ですが、真剣に音楽と向き合っていたら当然のことだと思いますが。

赤ちゃん、子供大好きですが、これは無いだろうと私は思いました。

赤ちゃんは好きですが、お母さんにはちょっとねと思いましたね。


岩城さんは悪くないと。気を沈めるには30分が必要だったんですよ。




生まれつき音痴の私への母からのプレゼントだったのでしょうか。

クラシックを聴き続けさせられたことは。



母に無理やりピアノを習わされたのは自分がピアノが欲しかったからかなあ?



なんて。





by kiyara888 | 2018-12-31 11:32 | 日常 | Comments(0)

頑張っている人たちに感動




今日も何もしないうちに終わりそうですが、まあ取り敢えずは必要な

事だけはなんとか二つほどは完了したでしょうか。


まだまだ沢山残したことがあり、後髪引かれます。


レコード大賞を観ていますが、指原は良くここまで頑張ったなあって思いますね

センターが決まってもブスだとか、センターにふさわしくないですとか、

なにかと言われ続けましたが、自然体で良く頑張って今年で独立。


彼女だとこれからもやっていけるでしょうね。

なんだか涙が出ましたね。

DA PAMPのメンバーの方の一人が受賞した時に泣きじゃくっていましたが、

かなり長い間苦労をしてきたんだなあとこちらも胸が熱くなりました。


名前は忘れましたが、観客に対して深々と頭を下げ、ここにこうやって立てるのは

皆さん方のお陰ですと言ったんですが、本当にそうですね。

苦労した人でないとなかなか言えませんが。


自分の好きなことをずっとやってきて、それが生きている間に認められるか

どうかわからない。

食べていくのもやっと。やめた方がいいですいいのだろうかと悩んだり

してきて、やっとヒットし、この舞台に立てた。

苦しかったけれど、頑張ってよかった。間違ってはいなかったという思いが

伝わりまして、皆さんの言葉にいちいち涙しました。


ISSAさんもリハーサルの時の骨折が今でも引きずっているということ。

右足を引きずっているそうですが、それでも復活し曲はヒットした。


このグループの歌はもう覚えるくらいにテレビから流れてきていますが、

まったく知らない女の子のグループが大賞をとりましたが、このグループに上げて

欲しかったなあと。

でも又この女の子たちの苦労も凄まじいものがあるでしょうね。


なんでしょうか。一緒に泣いてしまいました。


ですが、途中から仁左衛門さんを観たり。

ISSAさんと大賞のところだけはチャンネルをもどしたりと。


仁左衛門さんは本当に素晴らしい役者さんですね。安心して観ていられます。

千之助さんも流石仁左衛門さんのお孫さんと思いました。


いろんな世界で頑張っている人たちがいるんだなあとおもいながら夜が

更けていきます。




by kiyara888 | 2018-12-30 20:35 | 日常 | Comments(0)

褄紅蝶 ツマベニチョウ

d0161928_09421334.jpeg





褄紅蝶 ツマベニチョウ



NHKの日曜美術館の田中一村の絵に描かれているツマベニチョウ。

その名前に褄という字がありましたので、目が止まりました。


褄とは竪褄 たてづま 別名 襟下とも言われる着物用語です。


そして江戸妻模様という言葉もありますが、これは留袖の事で、

裾だけに柄があります。


礼装用としての柄付ですね。


訪問着には肩、胸、袖の位置にも柄があります。


留袖は黒の部分に紋が付きます。



この蝶を見ていますと、端っこだけに文様がありますので、

そういうところから付いたのではと思いました。


100パーセントの確信はありませんですが。





d0161928_09480596.jpeg




田中一村作






by kiyara888 | 2018-12-30 09:59 | 日常 | Comments(0)

箇条書きにして貼っておいていただければ。着付けの流れ


d0161928_00015810.jpeg


木耶ラの着物の長襦袢の着方、着物の着方にはリズムというものがあります。

踊りを踊るように覚えていただくと簡単に綺麗に仕上がります。


ポイントとリズムを覚えていただければそんなに難しいことではありませんので。



着物を着上げます場合はどの部分も見落としては駄目なんですね。

ですから今日は徹底してご指導したつもりですが、それでも忘れると

いう方には、順番、コツ?などを書きまして、鏡の横に置いていただき、

やり残していないかをチェックしていただきたいですね。


今日の20代の生徒さんにもそうアドバイスしました。


大きく紙の書いて鏡の横に貼っておいていただきます。

どれも飛ばさないための。


どれも必要なのですね。


私もこれで一安心です。


一つ飛ばすだけで仕上がりが違っています。



セブンアカデミーでも全員の講習生の方々から感動していただいた

コツがありますが、それを飛ばされませんように。


一つ、一つに意味がありますので。


by kiyara888 | 2018-12-29 23:40 | きもののはなし | Comments(0)

九郎右衛門先生に猿之助さん



d0161928_19045280.jpeg




今日から帰省客でJRはピークに入って来たと思いますが、やはり雪で

遅延が始まったようです。



こんな時に全国で大雪とは。



今日はプライベートレッスンがありました。私にとりましては今日が仕事納めに

なります。


教室には仕事の関係でおやすみされることが多かったのですが、

プライベートレッスンに置き換えてまじめに通っておられましたら、

やっぱり変化はされていますね。

まだ20代ですので、何が何だかわからない状態でしたが、着れるようになりました。

時間がかかっても到達点は一緒です。


良く頑張りました。とは彼女へと私へと。




充実感がありますので、いい年の終わり方になりました。


今はのんびりとテレビからのビデオを観ていますが、にっぽんの伝統で

能歌舞伎。


三響會の亀井広忠氏兄弟の活動を紹介されていますが、

お三方のそれぞれの出番にコラボに。


何と片山九郎右衛門氏の謡、猿之助さんとのコラボでの猿之助さんの舞。

その謡は坂口貴信氏。


大好きな方々、五本の指に入る方々が一斉にご登場される

貴重なDVDです。


あまりに見過ぎましてちょっとおかしくなっていますが、まだ大丈夫ですね。

今は丁度坂口氏の謡で猿之助さんが舞っています。


ただ、この方々はこの時から止まっておられませんので、実際にはそれぞれの舞台を

拝見する方がいいですね。


どんどんどんどんそれぞれの世界を深く深く入られていますので。


DVDは過去のものです。


五本の指の中には萬斎さんも入っておられます。



博多では萬斎さんと坂口氏、広忠氏はこちらでは数回お見えになりますね。

猿之助さんは殆ど無くなりました。

九郎右衛門氏は皆無です。

残念ながら。




明日はテレビで仁左衛門さんの歌舞伎が。

それまでに片付けを済ませまして、9時にはゆっくりと拝見することに。





by kiyara888 | 2018-12-29 19:06 | 日常 | Comments(0)

博多の教室


d0161928_00015810.jpeg


博多には今二つの教室があります。


一つはイタリア会館の中にある教室ですが、

もう一つは春日教室。


ここは生徒さんが主催してくださっています。

数人の方々が集まってくださり、私は行くだけになっています。

生徒さん運営の教室ですね。


何からなにまでお世話になっています。

今までは遠かったのですが、近くなりました。



福山もそうですが、生徒さんが運営してくださっているので私は行くだけです。

出張教室はお受けしないようにしているのですが、熱心にラブコールを送って

くださいましたので、お受けしました。


ここもお話し合いの結果、来年も参ります。

大変身にご期待くださっている方々のご希望を受けまして。


春日教室は

午前中と午後に分かれて二部制になっていますが、殆どの方が両方を

お受けになっていますので、お昼休みにはお弁当を広げています。

コンビニで買ってこられたり、手作りだったり。


私は手作りを持参しています。



昔からお弁当は作っていましたので、あまり問題はないですね。

時々は駅弁を。博多は駅弁が豊富です。価格も豊富です。

生徒さんが持ち寄ってこられる果物にお菓子に、コーヒーでピクニック状態ですね。


おやすみ時間も一人で喋ってるでしょう?って寺田さんに言われましたが、

そんなことはないです!


この時間のお喋りで社会的にはやや適合していない私にはいいお勉強になります。

指導者としては自信がありますが、社会人としては欠陥だらけですから、

色々と教えていただいています。


それにまだ博多のことをよく知りませんので、それもお話でかなり

わかるようになりました。


サロンにも参加されています。


今まで博多は遠かったのですが、今は一番近くになりました。




イタリア会館の教室は火曜日で春日は日曜日で丁度いいですね。


イタリアと着物、まさしく私が大好きな二つが融合しましたイタリア会館教室。

JRを乗り換えて駅のすぐ真ん前で歩かなくてもいい春日教室。


どちらとも便利です。


来年は春日は6日からです。

ここから来年がスタートします。




by kiyara888 | 2018-12-29 09:59 | きもののはなし | Comments(0)