<   2018年 10月 ( 105 )   > この月の画像一覧

ハロウィンですね。

d0161928_23534822.jpeg




去年のイタリア会館でのハロウィンです。

是非参加をと言っていただいたのですが、服を一切持っていませんので、

作家さんとのデモンストレーションなどの舞台用ですので、普通は着ないこの着物を。

イタリア人の民族衣装の豪華さに匹敵するかなと。





この着物はご存知の方もいらっしゃるでしょうが、色違いを真央ちゃんが

着ています。きものSalonのグラビアを見開きで掲載されています。


おなじく京絞りの寺田氏の作品です。

おけ絞り。

私は1年前から着ております。



この着物はデモストレーションなどの時にしか着ておりませんが、

染め直していただけるそうです。

あまりにも真央ちゃんが可愛く妖精のように似合っていますので、

この白を薄紫にされるそうです。


これで町は歩いておりません。今回の松屋さんでのトークショーが最後になりました。


松屋でのトークショーを最後にこの着物の白いところを染めますので、最後に

アップ致しました。




来月早々に又イタリア人の若い子たち4人の着付けが

この着物はいままでは着付けに使用しませんでしたが、今回11月の初めに

イタリア人お二人に着付けます。


二人がこの着物をリクエストしてきましたので、今だとちょうどいい

タイミングです。



157センチの私の着物を180センチの女性二人に。

果たしてどうなりますか。
[PR]

by kiyara888 | 2018-10-31 23:57 | 日常 | Comments(0)

本日は休日

今日はお昼からもう目が開けられないくらい眠くて眠くて。

どこへも出かけられませんでしたが、電話がかかったりはしていましたので、

夕方近くからお昼寝に入りました。


この昼寝が一週間の疲れをさらっと取ってくれます。

栄養よりもこの睡眠が大切ですね。



だいたいいつもこんな風に急ぎ疲労を回復させています。


一週間でこんな感じなのに、歌舞伎にしても舞台にしましても一ヶ月と

いうのは大変ですね。ホテル暮らしで団体ですから、考えただけでも

疲れます。



本当に凄いなあって思いますね。一ヶ月は無理です。



ですが、お電話いただきまして、銀座松屋でのトークショーが大変好評だった

そうでそれだけでも疲れはやはり多少取れますね。


松屋さんもお喜びくださったそうです。

今までの着物のトークショーとはまるで違ったものだったとのことですが、

面白かったという感想もあれれれという感じですね(笑)。


まあ評判が良かったということで一件落着でしょうか。



トークは好きですね。伝えたいことが胸いっぱいありますから、こちらも

夢中になります。どんどんエスカレートしていきますが(笑)。


美しく着物を着る方法。あっという間にお衿が大変身という方法。


兎に角いきている限りお伝えしていきます。



次は日本橋の丸善で木耶ラの魔法の親指無料講習会を行います。

五人ほどの方にお洋服の上から長襦袢を着ていただきまして、体験して

頂きます。

また後ほど詳細をこちらにアップいたしますが、

11月の15日 17日の3時からです。30分ほどですね。



参加もご見学も自由です。体験されたい方は丸善の3階のギャラリーに

お申し込みください。当日参加の方も続きでしていただくかもしれません。


一回でもあっという間に着こなしに近いお衿に変身です。





[PR]

by kiyara888 | 2018-10-31 19:24 | 日常 | Comments(0)

神在月

d0161928_08225492.jpeg



旧暦十月は全国の八百万の神が出雲の国に集まりますが、出雲では

神有月と呼んでいます。



今年は神をお迎えする儀式は十一月十七日の夕方7時から行われるそうです。



稲佐の浜でのお迎えです。




d0161928_08224616.jpeg











d0161928_08223752.jpeg



この間、神在祭ですとか、神がお帰りになる神等去出祭などが行われます。



旧暦の十月ですから十一月ですね。俳句でも十一月の季語になっています。

[PR]

by kiyara888 | 2018-10-31 10:15 | 日常 | Comments(0)

色々なお衿で着こなしを



d0161928_08592375.jpeg




おはようございます。

走り続けてきた一週間が終わりました。


今日から三日ほど自宅におります。

することが溜まってしまって、今日はまだゆっくり休めませんが、

とりあえずはお昼寝をして回復したいなあと。

眠たいというのはやはり疲れが取れていないということですから。


忘れていることもいっぱいですから、兎に角今日はお昼寝は無理ですか。



松屋さんのお仕事ではかなり緊張していましたといいましても、

当日は緊張しないのですが、責任ある仕事の場合はほかのことが手につかなくなります。


今はもうこの仕事も長いですから、上がるですとか、緊張するですとかは

ありませんが、緊張しなさすぎての失敗がある可能性が高いですので、

そのことに緊張しています。


まあ無事終了し、編集長には良かったですというメッセージもいただいていますので、

これで責任は果たしたということで。



後日メールでご連絡いただいたりしておりますが、やはり今回の私の講習でも

講演でも、みなさんが一番興味をお持ちになったのはお衿は一つではない。

色々あります。

体型によって、年齢によって、雰囲気によってそして着物の種類によって。




生徒さん方には実際にお見せできますので、ほんのちょっとの違いで凄く雰囲気が

変わるのです。

これには生徒さんがたも驚かれていますね。


そのさじ加減はやはり素人には難しく、これを一生懸命にお勉強されています。

昨日もイタリア会館の教室でしたが、毎月東京からも福山からも起こしくださって

いますが、この方々もこのお衿についてもっとお勉強したいと通ってくださっています。


昨日も実際に実演しましたが、皆さん方の目はもう見開いて驚かれて。

その違いは歴然としていますので。



ただ、これを私のように簡単にとはいかないようですので、このお勉強に熱心に

通われています。



長襦袢をあまり時間をかけてご指導は受けなかったという生徒さんがたが

多いですが、このことにも驚きます。



私の講習は兎に角長襦袢が大切というものですから。

長襦袢はどうでもいい方には木耶ラは必要ないですので、もっと近くてお安いところへ

行かれた方がいいかと。


長襦袢に時間をあまり取らないという教室ではどのようにして美しい変身をされて

いるのでしょうか。



大変身には長襦袢を徹底してご理解いただく必要があるのですが。



こんなんでいいのよ。そこまでしなくても。まあこれでいいのよ、簡単でいいのよ。

出来合いの長襦袢でいいのよという方と私の生徒さんでは講習生では

大きな違いが出てきます。


と確信しています。




昨日の教室でも生徒さん方は帯よりもやはり長襦袢と着物にとてもご熱心でした。


まだ一番新しい教室ですが、上達は皆さん見えてきています。



私の引き出しは46年という歳月の間にいっぱいになっています。

それを全部開いて中身を放り出してから死にたいと思います。



そうしましたら心残りなくあの世へと旅立てます。


別に病気ではありませんので、いますぐではありませんが(笑)。



母も90歳すぎていますが、どこも悪くはありませんので、まあ大丈夫でしょうか。




さまざまなお衿の本を作っています。どんな形になるかわかりませんが、

来年それを出したいと思います。





[PR]

by kiyara888 | 2018-10-31 09:22 | きもののはなし | Comments(0)

浪人になりきっているLeonarod とJacopo

d0161928_21433969.jpeg




d0161928_21432021.jpeg





d0161928_20393007.jpeg





d0161928_19464445.jpeg



Ho indossato un kimono a Leonardo e Jacopo come rounin.



レオ先生とヤコポの着付けをすることに。

普通だと面白くないので、浪人風にしないと聞きますと、やりたいとのこと。


木刀をレオ先生が、盃を私が持参しまして、着物はレオ先生の奥さんの実家から。

お能をされていたとかで、袴も着物も沢山届きました。

ヤコポにもなんとかなりました。


演出は私ですが、ヤコポが背が高いので、ちょっと龍馬風が襲われた時を

演出。


ヤコポは古い日本映画に通じていますので、三船風に。


なんかもう笑い転げながらの着付けでした。


でもお二人とも何となく似合ってる。



兎に角お二人とも漢字が読めます。

ヤコポは日本に来て二ヶ月半ですが、イタリアで勉強して3、000個の漢字を

読めるそうです。


レオ先生はもう普通に日本人です。

神社にも古事記にも詳しいです。



ヤコプはもうすぐ日本を去ります。悲しいと言っていました。



[PR]

by kiyara888 | 2018-10-30 21:54 | きもののはなし | Comments(0)

こだわりの衿つけ

おはようございます。


今日は東京から、福山から生徒さんが来てくださいます。

ですからいつもお天気が気になります。


雨の中でも何事もなかったかのように通ってくだって本当に頭が下がります。

教室ですので、のんびりと授業は進みますが、上達はなさっていますね。

要するに垢抜けたセンスある着方ですね。



お襟付け面倒、こんなんでいいんじゃないという着方はやっぱり限界があります。


こだわりの着方は絶対に違いがでます。

お襟付けが面倒な人って着物好きではいないと思いますね。

私はこの襟付けの研究に一ヶ月か二ヶ月間、毎日お襟付けをしました。


毎日です。毎日。

でシワのないお衿をつけることができるようになりました。

それを本といいますか、薄いですが、写真付きで書いております。



簡単にお衿をつける方法を選ぶ講師と私とどっちがいいかは皆さんが

お好きな方をお選びになればいいわけですね。

ただ、こだわりとこだわらない人の先は絶対に違うと思います。


お衿をつけるのが下手でしたら、私のように毎日つければいいのでは?


上達しますよ。間違いなく。


私もただ今反省していることがあります。


作った時の着物のサイズよりどんどん大きくなっています。

そうなってはだめですよね。そのサイズに戻しませんと。

弛んでます。身体より心が。


着物講師であるならばサイズからはみ出すなんてとんでもない。


と反省しております。


猿之助さんの動きがあんなに機敏だなんてと思っておりましたら、


やっぱり。


何方かがインスタにアップされていましたほとんど裸の写真を見て

納得しました。

お腹が割れています。見事に。

華奢な感じがしますが、一度ばったりエレベーターでお会いして後姿を

拝見しておりましたが、肩ががっちりされていました。


一緒にいた人とあれえ、がっちりされていると驚いたものです。

もちろん最初は細くていらしたので、どこからか身体を作っていらしたのですね。


着物サイズからはみ出した私は💦。

弛んでます。



そうそう東京での展示会ではご希望が多いですので、本は持参いたします。



昨夜はバタンキュウでしたが、今朝は疲れも取れました。

やはり自分の部屋はいいですね。疲れが取れます。


ホテルではなかなかそういうわけには行かないですね。


やっぱり疲れが溜まりますね。


さて、出かける準備を。



こだわりの教室を開きます。イタリア会館で。



[PR]

by kiyara888 | 2018-10-30 08:10 | きもののはなし | Comments(0)

長襦袢が大切です。



d0161928_00424566.jpeg



さて、松屋さんでは営業妨害になるからと話しませんでしたが、

出来上がりの長襦袢は木耶ラの指導には全くありえないものです。

長襦袢が大切と歌っていますが、まさしく長襦袢が大切なので、

出来合いのものがいいとは決して思えません。



長襦袢の寸法が自分に合っていましたら、着ていても楽なのですね。

そして着崩れませんし、後の紐通しも必要ありません。



私に取りましてはここが一番肝心なのです。




またゆっくりお話をいたしますが、長襦袢が大切ということの中には



既製品であってはいけない、自分の身体に合わせる

そうしますと、後の紐通しは必要ない、着崩れない。




取り換えの半襟ではなく、自分で半衿を縫う

なんか取り換えの人はお衿が浮いているような。

着物好きな人は半衿が面倒だとは思わなでしょうね。



衿芯に関しましても思いがありますが、明日が早いですから、ここらへんで。




じつは半襟のつけ方も研究しておりまして、本に詳しくつけ方を掲載

しております。プロの方に褒めていただいたものです。


この本は11月の日本橋丸善では本を置かせていただきます。


木耶ラの伊達締めもです。


衿芯につきましては明日おはなしさせていただきます。



[PR]

by kiyara888 | 2018-10-30 00:48 | Comments(0)

絢子様の袿の赤の美しいこと

d0161928_23215263.jpeg





絢子様のごご結婚、おめでとうございます。


この写真より映像で拝見しました小袿の赤の色がとても美しい。

そして長袴といういで立ち。



[PR]

by kiyara888 | 2018-10-29 23:29 | きもののはなし | Comments(0)

教室とプラベートレッスンの違い



先日トークショーにおいでくださって、このブログを開けてくださっている

方々がおいでだと思いますが、東京の方が私の指導を熱心にリクエストして

くださって嬉しく思いますが、お受けすることが出来ずに申し訳無く

思っています。



とりあえずは長襦袢のお衿が大切なのですが、これは2月にセブンアカデミーにおき

ましてご指導させていただきます。



教室と特訓の仕組みは違いまして、特訓は2時間が限度でしょうか。

一対一になりますので、両方がかなり疲れますので。



教室の場合は博多などは午前中に2時間、午後に2時間と分けておりますが、

初心者の方は暫くは午前中だけ、お越しいただいています。


やはりある程度は着物が着れるようになっていただいてからになります。


1回目はやはり着物に集中していただくことに。



私の授業で一番大切なのは長襦袢で、次に着物で、これにかなり時間を

かけます。


これがきちんとできないうちは帯には移らないことにしております。


帯はさほど難しくはありませんので。


木耶ラの価値はやはり長襦袢と着物でしょうか。


いずれ博多から動かないということにはなるかと思います。




[PR]

by kiyara888 | 2018-10-29 21:44 | きもののはなし | Comments(0)

イタリア人との時代劇ごっこ



今日はイタリア会館のサロンの日です。今日の予定はイタリア人男性の着物で

遊ぼうということで、まあ面白かったです。


正式な羽織袴姿は5日の日に撮ります。

女性は訪問着を着てカップルとして。

本物のカップルではありませんが。



色々と面白いですね。


明日今日の分はイラリア後の説明も入れてアップいたしますが、

ちょっと一部を。



d0161928_19444089.jpeg





坂本龍馬暗殺場面なんですが、ちょっと違いますか(笑)。



雰囲気だけを楽しみました。



遊びです。遊びです。


今日は日本大好きで漢字を3、000個覚えたヤコプにご登場

いただきました。




かなり沢山の着物を持っていまして、それを全部出してひろげたものですから、

準備と片付けで結構1日かかりました。

ちょっとドタバタもありまして(笑)。




クタクタですが、楽しかったです。


着物の楽しさを知っていただくためにも日本でも思い出を作って

いただくためにも続けていきたいものです。


あと、四人の着付けが残っています。皆さん楽しいにされていますから、

空いている日になんとか頑張ります。


世界へ発信するための。








夜の番組で観なくてはと思っていたのもありますが、もう眠いです。


明日は教室ですから、今日は早めに寝ることにしましょうか。


明日のために体力をととのえまして。


寝ます。






[PR]

by kiyara888 | 2018-10-29 19:51 | きもののはなし | Comments(0)