<   2018年 08月 ( 100 )   > この月の画像一覧

長襦袢が大切

d0161928_23275295.jpeg





十月には家庭画報、きものSalonのセブンアカデミーにておえりの講習会に

東京へ参ります。



一度企画していただいたのですが、又同じ内容でこの秋にも行います。


着物姿で一番目につくのはやはりお衿ですね。

お衿が美しければあとはあまり気にならないものです。



兎に角長襦袢のお衿が大切なのですが、聞くところによりますと、長襦袢の

着方の時間が少ない、又自分で好きに着てくださいという内容のところも

あるとか。


私はこの長襦袢の着方、要するに木耶ラの魔法の親指を使っての

ご指導を各教室で行なっています。




長い間京都にいまして、学院で指導をしてまいりましたが、このお衿には

もう本当に指導に苦労しました。



大変難しいのです。


ですが、独立しまして色々と研究するうちにあっと思いついたのですが、

これを生徒さんで試していただきましたら、大成功でした。


何年のかかるというこのお衿合わせの難しさ。

たった1時間ではなく、それが一回の指導であっという間にお衿が

見違えるのです。



それは初心者の方でも同じでした。



有りえないことですが、初心者の方でもあっという間にお衿が

何年もお稽古したように美しいお衿になるのです。



この指導は木耶ラしかできませんので、なるべく多くの方にご指導して

まいりたいと思います。






[PR]

by kiyara888 | 2018-08-31 23:45 | きもののはなし | Comments(0)

にっぽんの芸能‥沖縄スペシャル

d0161928_23095087.jpeg






d0161928_23135367.jpeg






今日のにっぽんの芸能は沖縄の歌と踊りを紹介しています。


独特な音色に心がゆったりと致しますね。


独特な衣装も興味あるものです。



沖縄には仕事で割と行きました。


太陽が近いというのが最初の印象です。


旅行でも一回訪れています。



今鬼女と僧侶の戦いの踊りの真っ最中ですが、ふと黒塚を思い出しました。







[PR]

by kiyara888 | 2018-08-31 23:26 | 日常 | Comments(0)

猿之助さんの公演を終えて

d0161928_17262899.jpeg




猿之助さんがやっと博多へ来ました。

生徒さん方と鑑賞しに行きましたが、この暑さで体調をこわされた方も数名。


それにしましても、満員でした。


猿之助さんファンがお能を鑑賞できるのかと思っていましたが、その危惧は

払拭されました。


博多座でしたので、舞台の作りも現代風で、幕が開いたりしまったりしますので、

拍手のタイミングはお能と随分違っていました。



子方が登場しました時に拍手かっさい。

お能ではありえません。


ですが、幕が降りるのでしたら、すぐに拍手をしませんと間に合いません。



まあ猿之助さんの舞は見事でした。

表情豊かで踊っているというより演じているという感じです。


狐になる部分ではその愛らしさに皆さん笑ったり拍手したり。

決まった部分でもの拍手も多く、まるで歌舞伎の舞台ですね。


流石に子供はいませんでした。



兎に角後の方も熱烈猿之助さんファン。

追っかけをされているようです。



狂言師の山本東次郎氏は博多で公演なさったり、能の公演でお見かけしたり

していますが、80歳とは思えませんですね。


動きも機敏でそしてお声がしっかりと通りますので、わかりやすい。

狂言は初めてという生徒さんも笑ってらしたので、一安心でした。



東次郎氏の狂言で笑わなかったことは無かったですね。

とにかくこの方も表現力がおありになり、1時間という長い時間も

苦にならないといいましょうか。



はじめての生徒さん方も大いに楽しまれていました。


このお年ですばらしいですね。



今日は踊りのお社中さんも多かったのか着物姿が多く、それも訪問着が

多く、芸者さんもいらしていましたし、大変華やかでした。



やっぱりこういう光景はいいですね。

賑わいます。


まだ夏の着物をお持ちでない方は私の着物で。

よくお似合いでした。差し上げてもいいのですが、次にお貸しする方も

これからいらっしゃるでしょうから、一応保管しておきます。


若い時のものですが地味好みでしたので、十分に70歳でもお召しいただけます。

私よりお若いですが、私より似合ってらっしゃいました(笑)。

綺麗に着ていただけました。


帯も私のものですが、これもよくお似合いでした。


40分間もずっと舞っていらっしゃる猿之助さんをずっと拝見できるなんて

本当に幸せでした。


目力がある方ですから、気持ちよかったです。


才能ある方ですね。本当に。



後ろのお席の方がお話しされていたのが耳に入って来ましたが、

猿之助さんはまだ2回目のワンピースをまだ博多に持っていらしてないので、

絶対に来年博多で公演されますよとのこと。



思うところは同じなんだと生徒さんと笑いました。






d0161928_17260852.jpeg

山本東次郎氏。




d0161928_17255749.jpeg






[PR]

by kiyara888 | 2018-08-30 23:10 | 日常 | Comments(0)

宮川選手、頑れ!・

おはようございます。


昨日は宮川選手の健気さに涙が出ましたが、今朝のなぜあんな嘘をというセリフには

驚きましたね。



宮川選手が嘘つきなんて、誰も思いませんよ。



みんな信じてますよ。




[PR]

by kiyara888 | 2018-08-30 09:53 | 日常 | Comments(0)

秋単衣に合わせる帯


d0161928_19554071.jpeg





いよいよあと二日で九月。


取り敢えずはまだ私は夏の着物をしばらく着ますが、あと二週間で

涼しくなるそうです。



そうしますとやはり単衣の着物を着ることになりますね。


以前にお話しましたように、小物の先取りからしましても、もう夏はおさらば


しますので、夏物を合わせることはないですね。




では帯は何を合わせたらいいのか。



私は単衣の小紋、街着普段着の場合は八寸の帯を合わせています。


八寸は九寸と違いましてスリーシーズン結ぶことができます。

九寸はボリュウムが出ますので、裏がついていない単衣の着物には

やはり八寸が合いやすいですね。




ただ木村孝先生がテレビでお話されていましたが、九月の着物に合わせる

帯はなかなか難しいので、もう袷の時期に結ぶ帯でもいいのでは

ないでしょうかと仰っていました。



確かにそうですね。九寸でも今は単衣にも結べるという素材のものが

でています。


袋帯もしかりですね。

素材が重く無ければそれもありかと。



そのように作られたものもありますし、今では。



ただ単衣の着物はやはり袷と違いまして、軽くて涼しげですから、

それに重々しい九寸の帯ですとか袋帯ではあいにくいかと。



せっかく単衣で涼しく着ていますので、帯もあまり暑苦しい重いものでは

せっかくの単衣の雰囲気がなくなりますでしょうか。



私は付け下げには綴れの名古屋帯を合わせています。

それか八寸の格調高い紋様の名古屋帯。


もしくは素材が重くない袋帯。





綴れの名古屋帯は格が高く、勿論文様にもよりますが、これは付け下げでも

又文様によっては訪問着でも結べるものです。


街着にでも合いますし、スリーシーズン結ぶことができます。


まあこの帯があればとにかく単衣の時期はなんとかなりますか。


そして素材が軽い帯でも合わせることができます。


九寸でありましても、袋帯でありましても。



とにかくまだ暑い時期でもありますから暑苦しくしなければいいわけですね。


せっかくの単衣なのですから。




では次は秋単衣はどこからどこまで着れるのかをお話いたします。


九月に入りましてから。


取り敢えずは九月一日から単衣の時期になりますので、そこからは着ることが

できますね。


私はしばらくは夏物で参ります。





[PR]

by kiyara888 | 2018-08-29 19:55 | きもののはなし | Comments(0)

猿之助さんが博多へやって来る

d0161928_17255749.jpeg



d0161928_17254807.jpeg





d0161928_17262899.jpeg





歌舞伎座での公演が27日に千秋楽を迎え、そして30日一日限りですが、

博多へとやって来られます。


2年前までは歌舞伎座には出てられませんでしたので、博多へは毎年、そして

九州はあちこちと良く来られました。


今東京、大阪で引っ張りだこ状態で博多へは本当に久しぶりです。



生徒さんと参りますが、日曜日ではないということで、行けない方も多いですね



そしてこの残暑厳しい折、チケットはお持ちでもキャンセルもありますね。やはり。

そして猿之助さんファンでもお能はわからないという方もいらっしゃいますから、

参加者はあまり多くありませんでした。日曜日でしたら、もっとおられたのですが。



ただ、お能がわからないという方も夜の部のお能は漫画から来ているみたいですよ。

ガラスの仮面という漫画だそうです。


かなり長い連続ものらしいですね。



漫画が歌舞伎になったワンピースは大成功でしたが、果たして能では?


ということは明日は猿之助さんファン、藤間勘十郎さんの社中さん、狂言、お能の

ファン、そしてガラスの仮面のファンと今までとは違った種類のファンが

集まることになるのでしょうか。







[PR]

by kiyara888 | 2018-08-29 17:44 | 日常 | Comments(0)

ご遠慮なくご質問を




部屋の中にいましたら暑さがわかりませんので、外出するために気温を

確かめましたら、なんと今日も35度?


相変わらず暑いようです。


出たくないと思いながらも色々と用事もあり思い切って出るとしましょうか。

夏があと少しですが、夏の着物と別れるのはつらいといいましても

しばらくはまだ夏ものを着る事に。



そうそう単衣の着物に合わせる帯についてお話ししようと思っています。

取り敢えずは用事を済ませまして。



ここら辺はなかなか難しいのですが、生徒さん方はご遠慮なくお出かけにこれでいいの

かどうかをご質問ください。メールで。

8時過ぎますと意識朦朧としていますので、それまでに。


実際に体験しますと理解しやすいですね。




結婚式に参加する着物はというご質問はまず、いつなのか、格式があり

ご両親、ご親戚の方が黒留袖を着ていらっしゃるのかどうか、会場は?

どういうお立場なのかということもお書きいただきますとアドバイスがしやすく

なります。



iPadの方でしたら、仕事のために12、9インチを使用していますので、

かなり大きく映りますので、こちらの方に。


lineでも結構です。



ただ、生徒さんに限らせていただきます。ご友人は勿論ですが。





[PR]

by kiyara888 | 2018-08-29 14:07 | 日常 | Comments(0)

能「わたつみ」

d0161928_07252229.jpeg







d0161928_07253352.jpeg








年に一度の京都観世会館で観世能楽師片山伸吾氏が主宰します

能を親しむ会も近くなって参りました。



今年は去年博多の大濠能楽堂で発表されました復曲能

「わたつみ」が上演されます。



福岡の志賀島に位置します志賀海神社に安土桃山時代から

伝わります社伝謡曲を能として復曲されたものです。

壮大な能に圧倒されました。




出演者の豪華さにまず驚かされます。


そして最後に中学二年生の能楽師片山峻佑さんが半能「石橋」の

シテを演じられます。



d0161928_07263070.jpeg





d0161928_07261504.jpeg




ご自宅の能舞台でお稽古中の峻佑さん。


お能が大好きな中学生です。



小学1年生から拝見していますが、嫌々ながらではなく

好きなんだなあとすぐに感じられる舞ですね。


演目が決まると「やったあ〜」とおっしゃるほどです。



お稽古中のお写真を拝見しまして、びっくりしました。


ちょっとお会いしないうちにこんなに大きくなられて。


以前はまだまだママの後に隠れるシャイな少年でしたが、ママの身長を

追い越されているのでは?



真剣に取り組むこの少年の舞は必見です。


錚々たる出演者のトリを飾るのですから普通は緊張するでしょうが、

峻佑さんは大丈夫でしょう。




d0161928_07535206.jpeg



これはまだ小学生の時のお写真ですね。

この目力をご覧ください💓





[PR]

by kiyara888 | 2018-08-29 07:56 | 日常 | Comments(0)

二人静の絽の付け下げ





このところ二人静色の蛍絞りの絽縮緬が活躍しております。


帯を三本取り替えまして着る事に。



この二人静色の蛍絞りの着物は大変便利ですね。


小紋に近い付け下げ風ですから、名古屋帯を合わせましたり、紗袋を

合わせましたり。


紗袋は二種類。 六通の帯で同型にまとめまして


秋草の飛び柄の袋帯で合わせましたり。



軽くも重くも


元々蛍絞りが好きですから、又他のお色で染めたいものです。







伝統色のいろはより抜粋



d0161928_16273525.jpeg





d0161928_16274642.jpeg






[PR]

by kiyara888 | 2018-08-28 16:32 | きもののはなし | Comments(0)

あらあ、森山良子さん、お若い70歳

d0161928_12300507.jpeg




今徹子の部屋に出ていらしたんですが、最後の方でちょっと拝見しましたが、

今70歳なんだそうですね。

信じられない若さです。


そして空手をされていて、今英会話にも挑戦されているそうです。


徹子さんがそのお年でその声をキープしていらっしゃるなんて驚きですが、

お酒なんかもお飲みにならないのと質問されましたら、いいえ、大好きです。


とのことでした。



大勢の方をインタビューされている徹子さんが驚かれているのですから、

本当に変わられてないのでしょうね。


確かに歌声は相変わらず透き通っています。



汚れのない声と徹子さんが表現されたら、中身は汚れていますと笑って

らしたんですが、相変わらず気取りのない明るい方です。



背伸びしない、自然にそして気取りなく明るく人生を送られているからこんなに

お若いのだろうかとも。


年齢不詳ですね。




歩けない、疲れる、なんて言っているのは怠慢からくるものだろうかと

思ってしまいました。




空手を習う気力はないですが、運動を開始しませんと。

暑くて歩くのは嫌だと思ってしまいます。


語学は頭の体操にいいそうですね。



それにしましてもお若くてびっくりです。同い年だから尚更感じますね。



[PR]

by kiyara888 | 2018-08-28 12:44 | 日常 | Comments(0)