カテゴリ:きもののはなし( 783 )

皺が全くない半衿の付け方





今日も着物で出かけていましたが、鏡に写った私の長襦袢の半衿の

後の裏は皺一つなく、あれ、綺麗と自分で思いましたですね(笑)。


写真に撮りたくても取りずらい場所ですし、人に頼むのも変ですので、

なにもせずに戻ってきました。



明日は出かけますが夕方ちょっとだけ人に会いますので、撮っていただくと

しましょうか。



半衿は洗える正絹。


やや薄てです。


指の感覚で待ち針を止めていくのですが、うまくいきますと全くシワができないのですね。



7月は暑いですから、半衿付けのお稽古の場合もあります。

まだご指導していないところはそうなりますね。



夏になれば絽や麻を。






by kiyara888 | 2018-04-20 00:14 | きもののはなし | Comments(0)

来週は世界文化社へ


d0161928_14203310.jpeg





いよいよ世界文化社での講習会が来週になりました。

航空券はすでに予約済み。

ホテルも予約済み。


後は荷物を送り、出かけるののみです。


ですが、教室での指導を見ていまして、一時間半で二重太鼓をマスターするのは

ちょっとかなり難しいでしょうか。


実際にはたった一回のお稽古で歌舞伎へ結んで来られた方は数人おいでです。


まあ目的があったからということもあるでしょうが、できないことは無いようです、


何が違うのかといいますと、その日に復讐をしたかどうかでしょうね。

ほかのお稽古でそう感じました。その日に復讐をしますと80パーセントは

覚えています。


次に日は60パーセント、次の日は30パーセント、4日目はほとんどゼロ状態。


急激に忘れていきます。



ですが、講習生の数からいきましても、もっと効率的にご指導しないと

かなり難しい。


今頭の中でぐるぐるとアイデアが回っています。


私にしてみればそんなに難しくはないですし、歌舞伎や能にご一緒する

博多や熊本の生徒さんがたはもう簡単に二重太鼓を結んできます。



最近入られたかたもかなり結ばれている方も。

その方は毎日とりあえずお稽古されているそうです。

まあそうでしょうね。


まあその方でもまだまだ先はありまして、パターンが違う方法もありますので、

それで終わりだということでもないです。



完全にすべてのパターンをご理解いただけますと応用が効きまして、どんな

種類のものであっても結べるということになります。

一緒の宝物です。


二重太鼓を2分で結べるなんて一生の宝物ですよ。



私はお金持ちでも無いですし、ものも持っていませんが、身体にいっぱいの

宝物を持っています。腕にも指にも親指にも。


万歳❗️




で、あと時間がないですね。

どうやってもっと簡単に覚えていただけるか。


それが問題だ‥‥‥シャークスピアか。


まあ、ちょっと思いついたこともありまして。


兎に角、講習生の方々に先にお話しておきたいのは、

横から横槍をいれないでいただきたいということですね。


こちらの話を黙って聞いていただきたいです。

途中の横槍や質問はとりあえず終了してからに。


静かに静かに私の指導を聞いていただきたいです。


横槍はかなり疲れますし、ほかの講習生の方々も疲れます。


静かにしっかりと集中して聞いていただきたいです。

カメラも無し。ビデオも無し。


カメラはここでというところで。

ビデオは禁止です。


録音も禁止です。


それをアップするのも禁止です。


集中なさってください。


後で聞いても結局はわからないんです。


集中して静かに聞かれていた方が理解できます。



私自身も疲れません。ほかの生徒さんも疲れません。


宝物を自分のものにしますにはそれしかないですね。

後で録音聞けばいいわと思っているといつまでたってもわからない。


静かに集中して私の指導に聞き入ってください。


一生の宝物を自分のものにするために。



習ったけど覚えられないという方はこの集中がないことと、忘れたという方は

その日に復讐してないからです。



この二つをしっかりお守りになったらわすれません。

そこまで難しいものではないですから。


これが難しければ手結びはもっと難しいですから、永久に宝物は

手に入りません。


では皆様頑張りましょう。


お楽しみに。


だいぶ指導の仕方を考えましたから。


部長さんが授業をするところを一回見てみたいですとおっしゃってました。

笑いがおきる教室も珍しいからと。


帯だけですから、ご見学は可能です。


さあ、気合を入れて❗️

私のことです。




by kiyara888 | 2018-04-18 23:01 | きもののはなし | Comments(0)

イタリア人の女性の着物の着付けとふくら雀

d0161928_01532021.jpeg



明日の振袖の着付けはある方がイタリア人の女性の為にご自分のお若い頃の

訪問着、振袖を寄付なさったものです。

今日拝見しましたら、帯揚げと帯締めは無いとのこと。

伊達襟は無くても良しとしまして、とりあえず、時間がありませんので、

私の持っているものの中から、使えそうなものをピックアップしました。



髪飾りは生花でと思っていますので、明日、お花屋さんに。

もう少し準備の期間がありましたら、もっと揃えられたとは思いますが、

まあとりあえずはなんとかなるでしょう。


時間があまり私にありませんが、お二人なので、とりあえずは帯は簡単に

2分で結べるふくら雀を。


袋帯はかなりしっかりしていまして重いですが、これもなんとかなるでしょう。


あり合わせになりますが、来月もお一人かお二人を着付けますので、

それまでには色々と揃えられそうです。


ほかの仕事もありますので、着付けだけに時間をたくさんは割けませんので、

来月からはもっとスムーズにできるように工夫することにいたしましょう。


イタリア人の若い子もとても楽しみにしています。

男性も羽織袴を調達しまして着付けて差し上げたいですね。


さて、では寝ることにいたしましょう。

又二時になってしまいました。




by kiyara888 | 2018-04-16 01:56 | きもののはなし | Comments(0)

着物姿でしたら、長時間背筋を伸ばせます。

d0161928_01233559.jpeg






今日お会いしてお話をしていた方から、姿勢がくずれませんねって

仰って頂きました。



姿勢がいつもいいですねとも仰ったのですが、実はそんなには良くないのです。

洋装になることはありませんが、この姿で観劇は姿勢を保つことが

できません。


やはり着物は帯が背筋をまっすぐにしてくれていると思います。

支えてくれているわけですね。


そして私が簡単な二重太鼓に使用しています、枠のついた枕は

ギブスの役目もしていまして、姿勢が保たれる訳です。


支えてくれますので、常に胸を張った姿勢でいられる訳です。



お能でも歌舞伎でも背筋をまっすぐに伸ばしてそしてその姿勢を

長時間保つことができます。




そういう意味でも着物は私を助けてくれたと感謝です。


着物に出会えなかったら、姿勢も悪いままでしょうから。






by kiyara888 | 2018-04-12 00:53 | きもののはなし | Comments(0)

一日中着物を着ていても平気です

d0161928_01233559.jpeg



1日着物を着ていて、途中で脱ぎたいという気持ちにはならないのかと

尋ねられますが、そうですね、途中では脱ぎたいとは思わないですね。

そのままが当たり前になっていまして、別に着ているということも意識しては

いないかもですね。



それと言いますのは、紐をかなり緩く締めているといるからということも。

裾を決めてからの腰に締める紐だけはしっかりと締めております。

胸紐はかなり緩いですから、苦しくないのでしょうか。


ただこの紐のゆるさ加減をうっかり間違えますと、動きがある場合には

ちょっと崩れる原因にもなりかねませんが。



そこのところの調節が微妙に必要でしょうか。



お部屋に戻り、脱ぎました時はそれなりにホッとしますが。



夏は暑いですが、服でも暑いですしね。


どちらにしろ、暑いですから。

冷房から腰から下を守ってくれますので、ありがたいと思っています。






by kiyara888 | 2018-04-11 01:24 | きもののはなし | Comments(0)

2分でふくら雀担当二名が決まりました。




4年後の50周年のパーティーの帯結び参加者は出揃いました。

ふくら雀の結び手、二重太鼓の結び手、名古屋帯の結び手。



2分で結んでご覧入れます。


勿論、今の状態では不可能ですが、それを可能にしていく段階が

私にとってはもう無常の楽しみ。



今はできないかもしれませんが、ですが、必ず出来るんです。


出来るようになるはずです。




by kiyara888 | 2018-04-09 15:33 | きもののはなし | Comments(0)

寒いですから、まだコートは大丈夫です。



今日は暑くもなく寒くもなく、いいお天気です。


すっとこの気候が続いていただけるといいのですが。

夏はもうすぐ。


来週くらはかなり暑くなるのでしょうか。

今日は寒いので普通のコートでも大丈夫でしょうかという生徒さんの

お問い合わせ。



寒いのに無理にショールだけでなくて結構です。

お洋服と一緒で又コートを出してこられる方もいらっしゃいます。

半袖だったかたも。




臨機応変に。








by kiyara888 | 2018-04-09 11:44 | きもののはなし | Comments(0)

木耶ラのお衿が決まった!

d0161928_23191139.jpeg







はい、木耶ラのお衿が決まりましたですね。


詰めすぎずにゆったりと、ですが、上品なゆったり加減です。


人によってはもっと開ける場合も。

私はもう少し下で角度も小さく合わせますね。紬の場合はですが。




白大島に紅型の帯。


お母様のお着物だそうです。


ご一緒の生徒さんがたのお持ちの帯を色々と合わせて遊びましたが、

随分と変わるものですねと、皆さん楽しまれていました。


着る目的がある場合は皆さんかなり気合がはいっておられます。


もう1日着られても着崩れされないそうです。


お出かけの時は髪も美容院でセットなさってから。



2分で結ぶ二重太鼓か名古屋帯結びに挑戦されるそうです。



4年後の50周年に。


無駄のない美しい帯結びの技術。


これは美しく見せるというだけではなく、この方法でしたら、効率がよく、

また手首を使いませんので、楽なんですね。


力が無くてもしっかりと結べるんです。


手首を使わなくても。


苦しいとおっしゃるくらいの。


嘘!っておっしゃる方は是非結ばせてくださいませ(笑)。






by kiyara888 | 2018-04-08 23:32 | きもののはなし | Comments(0)

名古屋帯のお稽古

d0161928_19522641.jpeg







今日のお昼の帯結びは名古屋帯を徹底して。



飛び柄名古屋帯の後の柄と胴回りの前の柄を的確にあっとう間に、

決める方法と結び方でした。


出したいお太鼓柄をしっかりと出す方法。



そして簡単に結ぶ方法。



そして出来上がりました。


皆さん、今日はお単衣用の帯をお持ちになりました。



5月と6月のイベントにご参加の方々ですので、その準備としての

お稽古でした。


まだ自信のない方とお休みの方の帯はアップしておりませんが、直ぐにお上手になられ

るでしょう。







by kiyara888 | 2018-04-08 20:05 | きもののはなし | Comments(0)

四年後のキャリア五十周年記念のデモンストレーション



感戻りで体調がおかしくなりそうです。


今日は博多の教室でしたが、教室は広くて室温のコントロールが効きますので、

快適に授業ができました。



このクラスは数人の方の着方が落ち着いてきています。



四年後の50周年記念パーティーのことも話題になりましたが、

帯結びのデモンストレーションに出ますと手を挙げていただきました。



次のステップアップを楽しみにされています。

で4人の方がご希望されました。

まだ四年後ですが、年に数回の特訓ですから、まあいい塩梅でしょうか。




2分で二重太鼓を、手結びですが、結ぶ。それもただ、結ぶのではなく、

手つきもみていただきたいです。


優雅に結びます。


袋帯が名古屋帯の軽さに感じるくらいに。


そして名古屋帯も、そしてふくら雀も2分で。



全員が優雅に結べるようになるまでの特訓と本人のお稽古が必要ですが。


四年後素晴らしい成果を皆様方にご披露致しましょう。


四年後?って結構早いですよね。

あっという間です。



今日は皆様方にお手本をご披露しましたが、わあ、やってみたいです。

本当にできるでしょうかともう、賑やかでした。



できます。できます。


毎週テレビに出て結んでいました時に、カメラにお尻を向けないように

結んでいたのですが、その時の賜物ですね。


私もご指導を受けてたのですが、自分のものになり、そしてそれを又


お伝えできるということが嬉しいですね。

元気で過ごすことにしましょう。




by kiyara888 | 2018-04-08 17:21 | きもののはなし | Comments(0)