マイングで和菓子のイベントが

d0161928_23391494.jpeg





d0161928_23395449.jpeg





d0161928_23404674.jpeg






博多駅のマイングで和菓子のイベントが企画されました。


25日の日は午前は教室と午後は特別講習会がありますので、その帰りに

生徒さん方と参加してまいります。


参加者はきもの姿で参ります。




# by kiyara888 | 2018-08-18 23:45 | 日常 | Comments(0)

秋らしい1日になってきましたが。



今日は朝から電話があったり、かけたりでちょっと忙しくいしていまして、

今日もこれからも時間が無く、9月の着物の合わにつきましては

ゆっくりお話ししている時間がありません。

夜は頭がはっきりしていませんので、明日の午前中にお話をしようと

思います。



まだ9月までは時間がありますので。


外は風が吹いていまして涼しくなってきました。

また暑さの戻りがあるようですが。




それでももう夏があと少しとなりますと、9月には着るには透け過ぎているものは

なかなか着にくくなりますね。

それを思いますとまだ一回しか着ていない着物はなるべく着ませんと又

着ることができなくなります。


お盆が過ぎたら着ませんという着物もあったのですが、まあそれを守られている

方もいらっしゃいますが、ですが、この暑さ、気温、そして住んでいる場所

などを加味してみますとその区別は私自身はもうしないでしょうね。



それにそこまで分けて着物を作りますにはやはり時代が違ってきたような。

私が学院に在籍していました時はそういう細かいことも学びましたが。

全然無視するというわけでもなく、先程申しましたように、気温、行く場所に

寄りますか。まだ真夏の沖縄に雪がふる北の国、同じ日本なのすが、こうも

気温が違いますと、それぞれの場所での合わせ方があるかと。


博多は南の方に位置していますが、今年は不思議でした。

気温は岡山より2度ほど低い。


九州の中でも2度ほど低かったですね。

京都や岡山、熊本が38度の時でも36度だったりですとか。



ただ、着物を沢山お持ちの方々、そしてお仕事で着物を着ておられるかたは

別ですが。


季節を大切にするというのはやはり日本の良いところではあります。





出番のない着物や帯がありますが、

ほとんど着ない着物や帯は又生徒さんとのお出かけにお貸しする場合を

考えまして処分せずにおいて置くとこにしましょう。



若い帯などは若い方に差し上げましたが、なるべく負担なくご一緒に

観劇などに参加できたらと思います。


お貸しできる着物や帯はありますので、ご遠慮なく。










# by kiyara888 | 2018-08-18 13:55 | きもののはなし | Comments(0)

尾畑さんのように頑張って









今日は晴天、秋の空でしょうか。


夜が25度くらいになりますので、クーラー無しで寝ていますが、

目覚めはやはりこの方がいいですね。



夜だけでも涼しくなりますと体調はやはり戻りますね。

今周りの方々、特に70過ぎた方の体調はあまり良くない方が多く、

こちらも心配になります。


やはりこの熱中症はあっという間に人の命を持ち去りますので。

油断をしただけで人生が終わるなんてなんとも怖い話です。



それにしましても尾畑さんのことを考えますと、70歳になったので、もう駄目

なんて言っているのも恥ずかしくなりますね。


80歳に手が届きそうな方ですが、毎日8キロ歩く努力をしないでもう駄目だと

言っている自分がなんだか怠け者に見えてきます。


この暑さの中ボランティアに又行かれるのですよね。

あのお年になった時、自分だったら出来ないとほとんどの方が思われると思うのですが

生き方を見つけた方の強さでしょうか。


使命感を感じての生き方?


夜遅く歩きに出ましても、暑いとすぐにUターンしているようではダメなんでしょうね。
ですが、暑さで倒れるよりいいかとつい思ってしまいますね。



やっと今からでしたら朝早くでしたら歩けるかもしれません。



自分の意思で強くならないとダメなんだなあって思いました。


尾畑さんに皆さん考えさせらることが多いでしょうね。


それにしましても理稀君の生命力の強さにも驚かされました。

三日間の状況を思いますと、本当に可哀想ですが、理稀君にも会ってみたいと

思う方も多いでしょうね。


ですが、これで静かにふつうに戻って欲しいですね。

尾畑さんは追いかけて下さっていいですが、理稀君はそっとしておいてくださいね。

マスコミの方へのお願いです。






# by kiyara888 | 2018-08-18 09:26 | 日常 | Comments(0)

真央ちゃんが寺田氏の着物を❗️

d0161928_14185735.jpeg










d0161928_23254097.jpeg






d0161928_23052642.jpeg





わあ、びっくりです。

20日に発売予定のきものSalonに寺田氏の桶絞りの着物を

纏われました真央ちゃんが登場されているそうです。



きものSalonのFacebookにアップされていました。



Facebookでもシェアしていますが、ブログでのご紹介も編集長の

許可を得ましたので、アップしています。



真央ちゃんの写真はきものSalonではもっと綺麗でしょうから、

是非是非ご覧ください。




このお着物私と色違いなんですが、ほぼ同じ。

ピンクではなく、私は紫の濃淡です。



10月の大きなイベントで着る予定なのですが、困った。



あの着物だとおわかりになるでしょうから。



家庭画報、きものSalonのに関係していますから、一目瞭然ですね。



うーん、困った。


真央ちゃん、どないしましょう。



真央ちゃん、ピンクが可愛い。





# by kiyara888 | 2018-08-17 15:23 | きもののはなし | Comments(0)

1. 九月に着る着物は?


d0161928_01574408.jpeg




いよいよ九月に近づいて来ましたが、ここで又着物の衣替えが

始まります。




九月は単衣の時期になりますが、その単衣の着物や合わせる帯、長襦袢、半衿の

話をするまえに一年の衣替えについてお話をしたいと思います。





七月、八月は割と簡単でした、要するに夏物しか着れませんので、

問題はないですね。

袷もお単衣も着ることができないわけです。




長襦袢、そして着物には帯もそうですが、袷、単衣、夏物と別れています。


ただ、帯に関しましては又にお話をしたいと思います。


袷の時期と言いますのは10月から5月いっぱい。

この時期は暑くても着ることができます。



単衣は衣替えとしまして九月そして六月、この間は気候に関係なく

着ることができるわけです。


夏物は七月、八月になります。


ですが、五月に単衣、六月に夏物を着る場合があります。

これは早取りはおしゃれとされているものが着物にも通用するからですね。



五月は袷の時期ですが、単衣をそろそろ着る方も出て参ります。

何しろ暑いですから、今の五月は。

これは許される範囲なのですね。



そしてそれは六月にも言えます。

六月にはもう夏のものを着る人も出てきます。


季節の早取りとしてのお洒落でもあり、住んでいる地域によりましては

すでに夏のところもありますので暑くてという意味でも。





9月の1日から衣替えになり、単衣の時期に入りますが、まだ残暑が厳しい頃、

やはり10日頃までは私は夏物を着ています。


かなり透けているもの、紗などはもう着ませんが。

絽などは着ております。




9月2日に付け下げで出かけますが、絽の着物に紗袋などを合わせまして。

紗袋は大丈夫です。


勿論単衣の時期ですから、単衣をお召しになるのも結構なのです。





東京で仕事を終了後に新橋演舞場で歌舞伎を観に行ったことがありますが、

これはお仕事仲間と行ったのですが、演舞場の前の喫茶店で打ち合わせを

していましたら、歌舞伎役者の奥様方、三名が別々にですが、入って

来られました。



錚々たる方々の奥様方でしたが、お召しになっているものはやはりそれぞれでした。

単衣の方も絽の方も。


ただ、絽の着物には夏と同じで絽の長襦袢に絽の半衿、帯締め帯揚げも夏物で。



では九月の単衣の場合は長襦袢は?半衿は?



これも長くなりますので、又続きでお話を致します。

これがお話をしたい内容なのですが、そこまでに行くまでにお話したいことを

先に書いております。




この記述に関しましては木耶ラの考えです。


立場に寄っては又違った考えがおありだと思います。


まあものすごく離れたものではないとは思いますが。


九月の合わせは私なりの理論でお話をしたいと思います。





# by kiyara888 | 2018-08-17 11:34 | きもののはなし | Comments(0)