大変身された方のお喜びのメール


d0161928_00015810.jpeg





今朝はゆっくり睡眠を取りましたので、元気で目覚めました。


去年の夏バテからずっと忙しさと移動で体調を壊していましたが、

それをこのお正月で取り戻せたようです。

又今週末から一年間、着物講師として稼働していきます。



そして今日嬉しいことに、生徒さんからのメールが届きましたが、

お茶会で着物姿を皆さんから褒められたとのこと。

特に厳しい先輩方が皆さん褒めてくださったということで、よほど嬉しかったの

でしょう、楽しいメールが届きました。


まだお若いですし、最初はなかなか上手には着れなかったですし、年配の

お仲間からは少し上達は遅れていましたが、兎に角感心しましたが、

諦めずに、そしてお休みもなくずっと続けて来られたんですね。


そして素直な方ですから、まあそれが一番の強みだったんだろうなと思います。


着物を全く着れなかったというこういうお若い方々の指導はやはりお互いに

根気が必要になってきます。



生徒さんも諦めない。

指導者も諦めない。



全く霧で包まれた先。

本当に着れる日が来るのだろうかという不安を生徒さんはお持ちになる。


そしてお茶会でもおかしなところを直されたという話を聞いておやおやと

指導者としてはいたく残念。


ということを繰り返して、今は皆さんから絶賛されるほどの着方に大変身

されています。




一生の宝物です。


これからの人生が大きく変わります。



そして今又蛹から見事な蝶へと変わりつつある方が数名。


共通していますのは、熱心、諦めない、素直。


着物指導以外は欠点だらけの私ですが、指導者としてはついてきてくださる。



そういう意味では私も着物に人生助けられています。

指導能力が無ければ、まあとんでもないお婆さんですが。

頭の中がいつも混乱しています。


何から始めていいかわからずに、しばらくじっと座っている感じですね。


教室がある日だけが行けばいいわけですから、すぐに行動できますが。




まあ、兎に角、良く頑張りました。

後に続く方々の希望になって頂けるでしょう。


木耶ラはどこへ行っても着れなかったという方を美しい蝶へと大変身していただくと

いう自信と希望を持っています。



熱心にそして謙虚にアドバイスをしっかり守っていただくという姿勢が

おありになればどなたでも私は大変身させて頂きます。




by kiyara888 | 2019-01-14 12:47 | きもののはなし | Comments(0)