「万作の会」米寿のお祝い



d0161928_00060796.jpeg




福岡の大濠能楽堂で催されました万作の会。

万作氏の米寿のお祝いの会です。


親子三代 万作氏 萬斎さん 祐基さん、そして 萬斎さんの姪御さん。


万作さんは米寿とは思えないほどの動きもお声も若々しい。

言葉もはっきりと聞き取れますし、飛んだり跳ねたりもお年寄りには見えません。

指の先まで気が届いている感じです。


萬斎さんは今更いうまでもないこと、オーラーで包まれていましてやはり特別な

才能をお持ちの方ですね。


祐基さんも幼い姪御さんも流石野村家という感じでした。



お祝いの会に着ていく着物ってやっぱり考えますね。

私は私なりのアドバイスを生徒さんがたにしております。


ありがたい事にこういう世界の方、又つながりのある方、要するに家族の方との

交流がありますので、お聞きしながらという事も出来ますし、自分なりに

理論的に考える事もあります。


大体同じ意見ですが。



生徒さんがたにはその説明やアドバイスをさせていただきますので、ある意味

頼りにしていただいていると思います。


会場によって、演目によってと色々と私も真剣に考えています。



まあ無難な着物というのもありますけれどね。


間違いのない着物っていいますか。



一式揃えておけば、あとは楽ですね。お洋服みたいに流行があるわけでは

ありませんから。


変化が欲しければ、帯を変えたり、小物を変えたり。



着物は帯によって主役にもなり得る、脇役にもなり得るという着物が便利ですね。


又そういう組み合わせを写真でお知らせできたらいいですね。




by kiyara888 | 2019-01-13 00:21 | きもののはなし | Comments(0)