まず着丈を決めて確かめて




あまり得意でない事務的な仕事には疲れが生じますね。

やっぱり一番楽しいのは着物指導の時ですね。そのときが一番生き生きと

しています。


それ以外はなんだかぼーっとしていますが。

着物も体調が悪い時にはなかなか決まらないですね。

やっぱり元気な方がいいでしょうか。

まあ一番は気力でしょうか。



先日の教室ですが、床に新聞紙をひきまして、お草履を置き、着丈を決めまして、

お草履を履いていただきますと、皆さん一様に驚かれます。


十分に長いと思っておられましても、前が短いのですね。

勿論、お草履の高さにもよりますし、着物の種類にもよりますので、その都度

とりあえずは履いて着丈を確かめて次の段階に行くという工程がいいでしょうか。



訪問着などは優雅に仕上げますから、長い目に、そして紬などは訪問着よりは

短めですが、足の甲にはかかるように合わせています。



お草履の高さにもよりますので、やはりお草履を履いてから着丈を決めるのが


一番でしょうか。着あげてからよりはずっといいですね。




by kiyara888 | 2019-01-09 16:48 | きもののはなし | Comments(0)