イタリア人の女性への着付けの日




今日はイタリア人女の子二人の着付けですが、ギャラリーが予約が

入っていたとかで、教室に変更になり、時間も変更になりました。


東京への準備があるのですが、ここでキャンセルにしますと、彼女たちは

もう間も無く日本を去りますので、どうしても今日以外にはありません。


すごく楽しみにしていますし、今日はきっと髪もお化粧も力をいれて

綺麗にしてきてるでしょうから、急ぎ支度をしています。



日本の思い出を作って差し上げたい。

わたしがイタリアで一年間楽しく過ごせたのも、大変だった仕事がなんとか

いったのも、みんなイタリア人の方々がわたしを助けてくださったからで、

そうでなければ、異国でその当時はイタリア語は話せませんでしたので、

もっと大変だったとおもいますね。



又イタリアへ行きたいと思わせてくれたイタリア人の親切。


そのお返しの意味もあります。


日本の着物の素晴らしさを味わって欲しいという思いも。

そして日本大好きで日本語を話し、そして勉強しているというこの若い

イタリア人でしたらなおさらです。





といいながらよく文章書いている時間あるねとお思いでしょうが、

話す速さでキーを打っていますので、時間はかかりません。


キーボードを取り付けていますので、パソコンとおなじです。

両手でものすごい速さで打っています。



木耶ラさんのブログって、自慢が多いよねと昨日言われました(笑)。



誤解なきよう。


二つほどしか自慢できるものがなく、あとはもう生きてるのも大変というほどの

欠点だらけですから、せめて二つはしっかりと自慢しとかなきゃとんでもない

老婆に思われます(笑)。




ではではまだ仕事が残ってま〜す。


明るそうに見えますが、物凄く大変な人生です。


下のエスカレーターを駆け上がっていますので。

暗い海を泳いでいますので。





by kiyara888 | 2018-11-08 11:14 | 日常 | Comments(0)