観世寿夫氏の井筒から一日が

d0161928_09522285.jpeg




今朝は音楽では無く、能を鑑賞して一日の始まりを。

朝はなるべく心を豊かにしたいと思っていますので、テレビの報道番組は

見ないようにしています。


能が好きといいましても、なかなか観に行くということは出来ませんので、

DVDで楽しんでいますが、この観世寿夫氏は天才と呼ばれた方だそうですが、

54歳くらいでお亡くなりになっていますからDVDもあまり残されていないそうです。


この「井筒」がお好きだったということで、ほかの方にお伺いしましても

やはりこの井筒が代表作だろうと。

お聞きしましたのは専門家の方で古典芸能の大学の先生です。



「俊寛」「猩猩」も何度も観ています。


この方の俊寛はもう何度も観ましたので、なかなか歌舞伎の俊寛には入って

行きにくいのですが、博多座での仁左衛門さんの瞬間は品のいい作りになって

いました。


仁左衛門さんらしい演出だったと感じましたが。



歌舞伎ファン、能ファンというのは私の場合は当たってないかもしれないですね。

そんなに頻繁には行っていませんし、だいたい歌舞伎は猿之助さんしか

ほとんど観ていませんので、歌舞伎ファンというよりは猿之助さんファン?

一時期、二年前までは猿之助さんは九州での公演が多かったのですね。


博多、熊本、小倉、長崎と。



お能もそうでしょうか。まあお能はDVDが残されていますので、DVDで観ることは

出来ますが。




大変な時、苦しい時、不安な時、悲しい時は朝を気分良く迎えるべきだと

思っていまして、憂鬱なまま朝を過ごしますと、体力にも健康にも関わるような。


とりあえずは朝は好きな曲を聴く、気分が高まるような元気な曲を聴く。

好きな人の写真を見る、猿之助さんの写真を飾っていますが、これも元気になるためです。


大変な事故には会われましたが、死ぬか生きるかという時でも猿之助さんの

表情は思わず笑ってしまうものがありますね。


大変な写真と映像をアップされていましたが、もう身体が震えるような、ファンに

とってはもうぞっとするものですが、何故まあこんな写真があるのかと

思って、そしてそれを掲載するということの彼のやんちゃさに思わず

吹き出しました。



おおらかな方ですわ。ほんまに。




話は能の話でしたですね。

朝早くから観世寿夫氏の能を観るとはいい一日になりそうです。

能は心が落ち着きます。



DVDは字幕がありますので、わかりやすいです。

言葉の美しさにも惹かれます。




[PR]

by kiyara888 | 2018-10-11 10:18 | 日常 | Comments(0)