八月の終わりまでに薄物を着つくしてみよう



d0161928_02003708.jpeg


あともう半分ちょっとで八月が終わります。

一旦着た夏の着物は悉皆屋さんに出さないといけませんので、どうせなら

どんどん着てしまおうかと。


まだ2回しかない着ないうちに出してしまうのももったいない気がします。



絽の着物はまだ9月過ぎても着ますのでこれは別としまして。

とにかく一回でも汗はかきますね。


染みにならないように綺麗にしてなおしませんと。


この暑さですと9月になりましても当分まだかなり透けているもの以外は

着用しますでしょうね。



夏は戻りましたらクーラーのかかった部屋にしばらくかけておきます。

とりあえずは湿気をとりませんと。


帯も広げまして、早いうちに湿気をとってしまいます。

又来年の夏まで長い間のお別れがきます。



夏着物を着ている方とすれ違いますとついお互いに会釈をしています。

勿論全然面識のない方ですが。


これって不思議です。お洋服ではあり得ないことですね。

ブランドが同じでも挨拶はしないでしょうから。


なぜ着物でしたらつい会釈をしてしまうのでしょうか。

まあそれだけ数も少ないので珍しいという思いと、素敵ですよ、

やっぱり着物姿が一番ですね、とお互いに思っての会釈でしょうか。


この炎天下に日傘をさした着物姿が歩いていくのを見るのはいいものです。





by kiyara888 | 2018-08-12 02:08 | きもののはなし | Comments(0)