なんじゃこりゃという着付け


d0161928_00422829.jpeg



素晴らしい着物の先生がお亡くなりになったので、

これからの着物の世界はどうなるのだろうと危惧しています。


明日から着物の先生ですと言えば素人の人にはわかりませんので、

そうなんだということになるのでしょうね。


ところが基礎が全くできていない人も講師と名乗るのですから

これはもう困ったものです。



歌舞伎座に行けますか?‘

お能鑑賞に行けますか?


どうなんでしょうね。行けるといえばいけるでしょうか。

ですが、素敵ねと思われるか、なんなのあれ?って言われるかに分かれますよね。



行かないもんねと言われたらそれはそうですか。

本来の着物の美しさとは違うかなあとは思いますが。




うーん、着物にイヤリングなああ。


わからない。



そこまで変えなくてもいいかなと。


それだったら着物を着る必要はないかなと。



本来の着物の美をなにか取り違えているかと。



ところが外国の方で着物をファッションとして着てるかたの

美しさに驚きました。



これはもうプロの世界の美としか思えない。



本物の手にかかればこれも 美しい。



その道のプロの方、美意識が強い方の着物の捉え方は

またそれが奇抜であっても美しい。


要するにプロであるからでしょうね。


才能でしょうね。

努力も才能もない方のイージーな着物の捉え方は

そこが浅くてもう受け入れることができません。


美しいとは思えない。

なんだこりゃと言った感じです。




by kiyara888 | 2018-07-13 00:41 | きもののはなし | Comments(0)