不器用でも頑張る人が勝ち





ある生徒さんからメールが入りました。

先日のきものSalon企画の寺田氏の指導で京絞りの帯揚げを作ろう会に

参加されたのですが、最後まで完成できずにあとはお任せだったのですが、

不器用でちゃんとは作れなくても素敵な帯揚げが届き、とても嬉しいです。

参加して良かったなあと思います。大切にします。


とのこと。

このお若い生徒さんはなかなか上達できないといつも悩んでいましたが、

こういう気持ちで続けて来られましたから、今では見違えるほどに素敵に

なられています。


兎に角、自分で不器用だと思いましても、熱心に素直に努力すれば必ず

未来は開けると思いますね。


ちゃんとは作れなかったけれど、楽しかった。参加して良かったという

気持ちが大切なんだなあと思いました。


ですからこちらも手取り足取りでご指導させて頂きましたが、

大変身をされました。



宝物を手に入れられたわけです。

努力の賜物です。



以前に他で習っていらした方で、そちらに慣れているからと、教室では

木耶ラの小物ですが、実際にはお帰りになる時に着直される時には

なんとまったく違う小物を。


要するに木耶ラは一番普通の腰紐と伊達締めなのですが。


そういう方は上達は難しいでしょうね。

46年間、色々なものを見続けてきました後、これだと思ったやり方でご指導

しているのですが。





[PR]

by kiyara888 | 2018-07-12 13:39 | きもののはなし | Comments(0)