浴衣のお衿合わせ





浴衣の季節になりました。

これからあちこちで浴衣姿を拝見できるでしょうか。

お若い男女の方の浴衣姿は本当に素敵です。


美容院で着付けと髪されたのか、去年京都で素敵な若い三人組と

すれ違いました。


お衿あわせも綺麗でしたからプロの方の着付けでしょうね。

全然着れない方はやはり自分で着るよりは着せ付けの上手な方に

お任せした方がいいでしょうね。

浴衣といえど、やはりぐさぐさでは美しさは遠のきます。


そして機会があれば指導をお受けになるほうが早道です。



但しいい先生をお選びになってくださいね。

あれれれれということになることも。



最近の浴衣のお衿に思うのですが、なんかお衿が詰まりすぎていて

涼しさがかんじされない方が増えています。


これはテレビのタレントさんでも時々見受けられますが、着付けはしてもらわれて

いると思うのですが。


d0161928_01392044.jpeg



大手の学院はきちんとご指導されていますが、わたしも学院の時に


基本を習いましたが、いまでもそれは生徒さんにご指導しています。








このように長襦袢の位置にお衿を合わせますと暑く感じます。

これ以上にお衿が詰まっている人もおおいですね。



お若い方でも長襦袢を着ていると思っての着物のお衿の位置


ここに浴衣のお衿を合わせますと涼しげに見えます。








d0161928_01461586.jpeg




ご年配の方でもお衿が詰まっているかたもいらっしゃいますが、やはり

本来の浴衣を考えますとゆったりとお衿を合わせた方が美しいかと。




今は外出着としての役目もありますが、本来は湯上りのもので

遡りますと湯帷子に。



私たちの子供時代には湯上りに素肌に着ている方も多かったですね。

その時にお衿を詰めて着るということはありませんでした。



そして時代がどんどん変わるにつれまして、お洒落な浴衣が出て着まして、

外出着に。


そうなりますと素肌には着れないですね。



わたしはお若い方でもやはり和装用ブラジャーをお勧めしています。

胸の膨らみがかなりわかります。


洋装用の柔らかいからとご使用されますとおっぱいが下の方になって

いましてこれもわかりますね。

美しいとはちょっと思えないのです。



肌襦袢と裾除けも必要です。

透けて見えますし、肌襦袢は汗を吸うということでも必要ですね。



家で着る場合でしたら素肌の方が勿論涼しくていいのですが。



わたしは浴衣でなにかの行事に参加します時は、年のこともありまして

麻の長襦袢に麻のお衿、そして羅の名古屋帯を合わせています。

麻の名古屋帯でも紗献上でも合わせます。

足袋も履きまして、お草履はパナマであったり、下駄であったり。

夏用のお草履でしたり。



着丈は裸足の場合には少し短めにすると涼しそうです。

若い子は可愛い。



わたしは紬の着物の長さにしています。

足袋を履きますし。



お若い方はとりあえずは教室で基礎をお勉強なさってくださいね。

その方が早道ですので。





[PR]

by kiyara888 | 2018-07-09 01:45 | きもののはなし | Comments(0)