明日もまた三分で付け下げを着まして二重太鼓を結びます

d0161928_09395311.jpeg




昨日は久しぶりのデモンストレーションでしたが、ご見学の生徒さん方は

感動してくださったようです。

このデモンストレーションは教室での指導そのものですから、皆様方には

私が後ろへ回る間におはしょりをあげたり、裾すぼみにしたりするのは

良く見えましたとのことでした。



これは生徒さんでないとわかりにくいんです。


後に回って前を向いたときにはすでにすべて終了していますので。


この技もなかなか面白いもので、おはしょりの始末などはどちらかと

いいますと型がありまして、それをリズムに乗せて始末するといった感じです。


要するにお茶のお点前のように手の使い方が決まっているのですね。

覚えていただきますとそれは型を流れのようになっていくんです。

何も考えずに手が動いていくという形になります。


練習もなしでぶっつけ本番ですが、ですが、毎日着物を着ていますので、

まあそれをちょっと気取ってやっているといった感じでしょうか(笑)。


私の着方には型がありますが、その型には流れやリズムがありますので、

こういったショー的には向いているのですね。

その型はスッキリしているだけでなく、時間の無駄を取り除けますし、

汗をかく暇もない。


ということで明日もまた3時からございます。


木耶ラの教室の内容をご覧いただけます。






by kiyara888 | 2018-06-14 09:49 | きもののはなし | Comments(0)