絽綴れ名古屋帯




d0161928_02024663.jpeg

お単衣の時に重宝する綴れ帯と以前にも記述しましたが、7月と8月にだけは



使用できないわけです。


その季節の帯は絽綴れ名古屋帯です。



綴れ帯は単衣の時期には重宝する帯ですが、真夏だけは使用できません。


顧問から付け下げまでは締めることができますが、訪問着となりますと文様に

寄ります。



絽綴れは昔からのものがありますが、ちょっと汚れが気になります。


今から出してはちょっとおそすぎるかもしれませんが、まあとりあえずは

綺麗にしたいなと。



明日からの三日間のサローネでは単衣を着ますが、五月ということで綴れを

締めて参りましょうか。





by kiyara888 | 2018-05-20 01:58 | きもののはなし | Comments(0)