六月の着物の装いに合わせ方


d0161928_14151712.jpeg



六月の初め頃は私は勿論単衣を着ます。

六月一日はいよいよお単衣の正式な衣替えになります。

ですが、五月の暑い日には、ここ博多ではもう最初の方から

お単衣を着る方が出てきます。



ただ今年の連休は結構寒かったですから、まだ袷を着ておりました。



五月の中旬にはもう単衣を着る方が増えて着ます。

この頃に重宝しますのが、綴れの名古屋帯ですね。


昔の人も大体はお持ちですね。

ただ昔の方がお高かった気がします。


勿論文様、織り方によって幅広い価格が設定されていますが。


そして芯が入っていない八寸名古屋帯などを。

九寸名古屋でも素材に寄ってはお単衣に合わせることができますね。

長襦袢もお単衣になりますが、お衿は塩瀬で帯揚げも帯締めも袷のお着物と

同じです。



六月に入りますと、お単衣の着物に夏物の帯を合わせることもあります。

六月に入ってからの行事でお単衣の付け下げを着ますが、帯は夏の袋帯

紗袋帯を合わせます。



帯などの小物が着物よりも季節を早どりしますから。

長襦袢に半襟は絽のものを。

帯締めも帯揚げも夏物を合わせています。



同じお単衣でも五月と六月では組み合わせが違いますので、

なかなか楽しいですね。



例えば五月であればお単衣の付下げに綴れの名古屋帯を締めますが、

六月に入りますと夏の帯、紗袋を合わせます。


そうしますとお単衣をいく通りも合わせられるということになりますね。



六月も十日を過ぎますと絽の着物などを着る人が増えてきます。

六月の後半の歌舞伎鑑賞会は全く夏物、絽の付け下げに紗袋、もしくは

絽綴れ名古屋帯、などを合わせていますね。


ですが、六月中はお単衣で間違いはないのですから、お単衣でも構わないわけです。



半衿は地模様のあるものでも少し涼しけなものにします。


あまりボリュウム感がないものを。

それかすっきりと無地の塩瀬もいいものです。



六月の岡山での展示会では色々な合わせができますね。




[PR]

by kiyara888 | 2018-05-18 01:55 | きもののはなし | Comments(0)