木耶ラ流半襟の付け方

d0161928_06123024.jpg






今日のプライベートレッスンは半襟の付け方を子希望です。

長く来られている生徒さんですが、先日素敵な長襦袢をイベントでお借りしたものですから、

その時に長襦袢の半衿を付けさせていただいたんですが、それが自分とあまりに違うと

いうことで特訓をご希望。


後ろの内側のお衿にあまり皴ができないんですね。

ドラマでも皴皺だったり、がたがただったりが時々ありますが、

それが無いんです。

そして上手につけれましたら、まったく皺が無いと言う状態になります。


一応皆さんにはs指導しているのですが。


テキストもございます。今度熊本のイベントへは持参します。

お買い求めいただけます。


これは和裁の専門家の方からもお褒め頂けます。


この半襟の付け方もかなり研究をしました。

まだ若い頃ですが、毎日毎日半襟をつけていました。

要するに練習です。研究と言いましょうか。

そして会得したものです。



これも気合ですね。気を通します。

※ 変な宗教ではありませんので(笑)  一切変なものは売っていませんので(笑)。

といいますか、指の感覚を使います。

ですからやはり気は必要でしょうか。


新しい方はも期待ください。

半衿の付け方もご指導いたします。






by kiyara888 | 2017-04-23 05:25 | きもののはなし | Comments(0)