長襦袢のお衿合わせいろいろ

d0161928_16213645.jpg





生徒さんから時々質問されますが、


お衿合わせはバストを包み込むようにするのでは?と

私はその合わせ方には反対です。

では何故か、何故反対なのかお話致しましょう。




お衿合わせは私は一番大切だと思っています。

帯が多少歪んでいましても、お衿の合わせが奇麗でしたら、そんなには気になりません。


帯が奇麗に結ばれていたとしてもお衿の合わせが素敵でないと、着こなしている方とは

思えません。



おっぱいの大きさ、長襦袢の抱き巾の広さで打ち合わせが変わります。

バストが大きい方で長襦袢の幅が狭いとしますね。


それでもおっぱいを包み込むように合わせますと、当然お衿は詰まってしまいます。

特に体格のいい方はこれでは暑ぐるしそうに見えます。

体格のいい方ほど、お衿合わせはゆとりがあったほうがいいと思います。



そして私が提案します、お年、体型、雰囲気などによってお衿の合わせを変えると

いうことができなくなります。



私は着る着物によってもお一人の方にはいくつかのお衿袷を提案しています。

ご指導しています。




このバストを包み込む場合と私の提案するお衿袷の写真をご用意して、もう一度

ここでこの件を取り上げさせていただきます。



熊本と博多の生徒さん方のご協力を得まして写真を撮らせていただきます。

お顔はお出し下さらなくても結構ですので。

最後この件について写真付きでご説明いたします。



ではなぜバストを包み込むようにと思っていらっしゃるのでしょうか?

私はこう思うのですね。


私達が着付けを勉強し始めましたころは着物ブームでした。

大勢の方が通っていました。

京都で勉強を始めましたが、まさしく京都は呉服業界は華やか真っ盛りでした。


この華やかな時代の生徒さんはほとんどがお嫁入り前の若い女性たちで、

その当時はお嫁いりの準備のための着物着つけの勉強でした。


20代前半の方が圧倒的に多かったのです。


今のように若い人が御嫁入に着物を持って行く人が少なくなりましたので、

若い方が教室に来なくなりました。

圧倒的に今は子育てを終えてご自分の楽しみ、着物への関心でいらっしゃる

ご年配の方が多くなりました。



若い方は喉の窪みを隠すように合わせますから、その時に、お衿をしっかりと

打ち合わせするように、胸を包み込むようにと指導されたのでしょう。


その当時講師もしていましたのですが、私たちの学院ではそのような指導では

なかったような気がしますが、たぶんそういう意味だったのでしょうか。



対象が変わったのに、指導内容が同じということでこういうことになったのではないでしょうか。


と私は思っています。


大手の学院は同じことを指導なさっていると思いますが、

若い方は喉の窪みを隠すように、ある程度お年がいった方は喉の窪みの下で

打ち合わせをする。


ということを当時からも言っていまして、胸を包み込むようにとは言っていなかったような。

若い人には今でもそれでもいいかもしれませんが、全体の人には合わないでしょうね。


お衿合わせはとても大切なんですね。


しっかり喉の窪みをみて、合わせてくださいませね。

せめて私の生徒さん方は。


そこにモスリンの紐を当てる。



さて、写真を準備しまして又詳細にご説明いたします。こちらに掲載致します。


もっと詳細にお衿合わせいついて書いておりますので、

それは「木耶ラのきものの本」でまとめて参ります。


時間がかかっておりますが、詳しくお書きいたします。










by kiyara888 | 2016-04-10 16:19 | きもののはなし | Comments(0)