衿の合わせ  切り抜きの授業




衿の打ち合わせの普遍的美というものを切り抜きを使用しまして、教室で説明しましたが、

なるほどという声が聞こえました。

振袖の衿袷でかわいく見える打ち合わせ、そうでない打ち合わせというものを口で

説明してもなかなか理解してもらえませんから、自分で写真を撮ってと思っていましたが、

それもモデルさんからお願しなくてはならいないということで時間がたっていましたが、

切り抜きを使えば簡単。

両方を見ていただくだけで、初心者の方でもだんだんわかるようになります。

紬の衿の打ち合わせもまた違ってきます。

それを細かく説明するのはなかなか難しい。


ですが、切り抜きで説明しますとすぐに理解していただけるようです。



博多もまた来月午前の教室では同じことをしますので、受講していない方でもご安心ください。

今月受講した生徒さん方へはまた別な切り抜きを持参します。


前回はどうして襟が浮いているのか、どうしてこうなっているのかの説明があまりできません

でしたので、そういう説明もしていきたいと思います。


今衿のことでまた研究していることがありますが、それはかなり専門的なことに

なりますので、教室では発表しませんが、ある方との間だけでこれを研究しています。

ある方とはいずれお目にかかることになるでしょう。

なかなか面白いことなのですが。
[PR]

by kiyara888 | 2013-01-22 21:58 | 日常 | Comments(0)