高橋大輔君

アスリートの努力というものはそれは並大抵のものではないということは

誰にでも理解できること

それはどのアスリートにも言えることだと思います

高橋大輔君が好きなのは

彼の持つ彼だけの世界を演出できるという彼の才能だけではなく

彼のいつもの態度です

優勝した時は多少の失敗があっても笑顔

優勝しなかった時も表彰台に上がれば笑顔

彼には悔しさも反省もあると思います

でも表彰台に上がった時にはいつもの笑顔

応援してくださった方々への彼の精いっぱいのお礼なのでしょう

そして後輩に優勝を取られた時も悔しさと反省で胸はいっぱいだったでしょう

でも台に立つとやっぱり笑顔で羽生君をたたえる

そして羽生くんは「高橋さんは今でも雲の上の人」

と謙虚に言う

そして高橋君は時代が変わったのかも、でも頑張りますと言う

ホントに気持ちがいいです

優勝してもぶすっとされるとファンはおいてけぼりになる

自分が優勝するだけのことを思っているとしか思えないのです

応援している私は高橋君の笑顔で救われます

そして一緒に表彰台に立つ人にも笑顔を向ける高橋君が好きです

スポーツって戦争ではないのですものね

特にオリンピックはプロとは違います



オリンピックに政治を持ち込む人は厳しく処罰すべきだと思います

だってそんなことを許せばもうオリンピックの精神から外れるではないですか

そこには戦争も政治も介在させたはいけないと思います

私は世界は一つだと思っています

せめてオリンピックだけでもそうあってほしい

自分の成績だけを追ってはオリンピックの精神から離れていくと

思います

勝ち負けだけではないと思うのですよね

戦って負けたら高橋君のように笑って相手を賞賛したらいいと思うのですが

それが戦争の敵国の人であっても

オリンピックってそういうものだと思うのですよね

スポーツ精神てそういうものではないのでしょうか


高橋君のように努力をし頑張ってそして優勝したら笑ってファンと一緒に喜んで

そして負けたも勝った人と握手をし

そして台から降りて悔し涙を流しまた次を頑張ればいい

と私は思うのです


高橋君  あなたは素晴らしい いつでも余裕があり素晴らしい

あなたの余裕は素晴らしい

倉敷から来年は去りますけれど私はいつも応援していますよ

頑張って!

貴方は本当のスポーツマンだと思いますよ
[PR]

by kiyara888 | 2012-12-24 21:37 | Comments(0)