人気ブログランキング |

雨の日の着物姿の対策




ご連絡がないと言うことは飛行機は飛んだ様ですね。


昨日も大雨の中、生徒さんも道中大変だったようです。


今年も大雨が続くということですが、着物しか持ってない私には

大変なことで、特に強風にはもうヘキヘキします。

裾が舞い上がるんですね。


雨コートは下の方にも紐がついていますので、まだ少しはましですね。

強風の日には着物の裾を上に折りあげています。

雨コートは着物よりも長くしていますので、さほど、長襦袢は見えませんので。


着物の裾を守るべくそうしていますね。

小雨で風がなければ長いですから大丈夫ですが、折り上げるに越したことは

ありません。


オンラインサロンでは又映像付きで詳細にご説明致します。


勿論教室では実演しています。



さて出かけませんと。




# by kiyara888 | 2019-05-21 09:38 | きもののはなし | Comments(0)

飛行機が飛ぶかどうか。東京からの生徒さんをお待ちして。



この博多は晴天ですのに、東京は大雨。

昨日のこちらの大雨が行ったのでしょうか。


東京の生徒さんが今日の日を楽しみにされていますのに、大丈夫でしょうか。

飛行機が飛びますかどうか。


昨夜、なんとしてでも行きます。遅れてもというメールが入って来ました。

今までは一度もお天気で欠席ということは無かったのですが、やっぱり

こういう事もあるのですね。



先ほどから天気予報を見ていますが、ほんとうにまあ。


こんな日でもなんとしてでも行きますとおっしゃってくださるなんて

指導者としては本当に嬉しいですね。


今日は一日ですので、お昼からでもいらっしゃるといいのですが。

それでしたら、ずっと空港に缶詰状態ですね。

それもお気の毒です。



ですが、取り敢えずお待ちするとしましょう。


頑張ってください。お待ちしていますから。




今調べましたら、欠航にはなっていない様です。

ですが、空港までの交通がどうなるかが、問題ですね。



# by kiyara888 | 2019-05-21 07:45 | きもののはなし | Comments(0)

戦争孤児を育て上げた叔母の愛。







朝ドラのヒロインは戦争孤児。

この子が分け隔てなく育てられるということに、そんなことは無いだろう。

こんな時代にこんなに愛情深い人なんていない、やっぱりフィクションだと

思う方もいらっしゃるでしょうね。



この母親が愛情深く自分でないどこの子かもわからに子に同じように

愛情をかける。


そして他の子供達はそれを見守っている。


今の時代でもあり得ないと思う人もいるでしょうが、この時代は

自分が生きることだけでも精一杯の時代。


戦争孤児を分け隔てなく育てるなんてありえないと。




ですが、私はこの母親の愛を信じることができるんですね。

何故か。


私の叔母、血の繋がった叔母がそういう人だったからです。


叔母は0才の生まれたての戦争孤児を拾い、そして育てました。

この母親のように、分け隔てなく、愛情をかけて。



叔母は彼を拾った後、すぐに三人の子供に恵まれ、四人の母親になりました。


ですが、叔母は全く同じ愛情をかけたそうです。

間近で見ていた母が証言しています。



母が戦後すぐにお嫁に来た時に、叔母に会って驚いたそうです。

こんなに綺麗な人を始めてみたのよと言っていました。


綺麗なだけではなく、心の綺麗な人だったと。

小姑もあるのですが、この小姑さんはとても優しく、とてもよくしてくれたと。


この叔母は父のお姉さんですが、明るく自然体の人でした。


自分が美人ということは意識してなかったのではないかと思いますね。


ほとんど素顔でしたので。


その従兄弟は生い立ちを知ったからなのか、粗暴でした。


叔母はいつも学校に呼び出され、そして迷惑をかけた父兄に謝りに

行っていました。


苦労を見兼ねた兄弟たちが、施設に預けたらと提案したら、

あの美しい穏やかで優しいお姉さんが、鬼の様に目を釣り上げて、

「この子も私が産んだ子です!」と皆を睨んだのよと母が語っていました。




その従兄弟はそうやって育ちました。

このドラマの様に、兄弟たちも仲良く育ちました。


私が花火大会で泊まった時には丁度その従兄弟も家族を連れて里帰りしていました。


今でも目に焼き付いているのですが、台所に立っている叔母のエプロンを引っ張り

ながら、何か楽しそうに叔母に話していました。

叔母も笑いながら嬉しそうにうなづいていました。

もういい大人になって子供も小学生だったと思います。


そして次に会ったときは叔母のお葬式。

家族を連れて帰って来ていました。


叔母のそばを離れなかった。

本当の母親としてずっと愛し続けてくれた叔母の側から離れなかったんですよね。


人の奥さんと駆け落ちした従兄弟。

どんだけ叔母に心配をかけたことやら。

ですが、驚いたことに、その人とも別れて又べつな奥さんと子供と

お葬式に来ていたのですが、元の奥さんも来て一緒に泊まりました。

彼女も献身的に亡くなった叔母の世話をしていました。


私たち従姉妹は驚きました。


叔母は誰彼も愛されていたのですね。


あの綺麗なお姉さんがね、鬼の様だったのよと言っていた母。

私が産んだ子ですと言ってたのよねと。


でもこの後は誰もこの子を差別することはなかったですね。

私たちも同じ従兄弟だと思っていました。

誰も彼を特別にとは思ってませんでした。



この朝ドラを観ていて、きっとこんなことはありえないと思っている人も

いるだろうなあと思いましたが、本当にいたんですよ。

この母親の様な人が。


戦争孤児を愛情深く育て上げた人が。


私たち従兄弟も叔父や叔母たちも誰も彼を特別に思うことはなかったですね。


彼は私達の従兄弟の一人でした。



この子は私よりは当然年上ですけれどね。


もういいおっさんです。違う。老人です(笑)。









# by kiyara888 | 2019-05-20 21:31 | 日常 | Comments(0)

充実した一日でした。動画作成




今日は一日フル回転でした。

朝の10時から夕方6時近くまで、休むことなく、ずっと動き続けていました。


お昼は持ちおりでしたが、結構なご馳走になりました。

それぞれの方がそれぞれの目的を持ってお稽古に励まれました。

今日はもう熱心に。

時間が迫っていますから。



最高の着物姿でと切望されて。


結局は帯びはやはり問題なく形良くなりました。


どこまでも追求していきますのはお衿ですね。



今日は長襦袢の着方の動画をあげましたが、アップにしたりが

できませんでしたのでiPhonでは肝心の指が見えなくいでしょうから、

写真で補っておきました。


ちょと長襦袢ということで、肌襦袢、裾除けなどの下着が見えないようにとの

配慮をしすぎて、あまり説明を沢山することができませんでしたので、

それも写真をアップしています。


カメラマンのレオナルド先生も私も初めての経験でしたので、

いずれ又アップするかもしれません。


何度も試行錯誤でやってみます。


着物のときはもうちょっとおしゃべりができると思います。




# by kiyara888 | 2019-05-19 23:54 | 日常 | Comments(0)

明日はいよいよ木耶ラの魔法の親指の動画作成


d0161928_12155508.jpeg






今日は朝から雨ですから、乾燥で喉がカラカラという状態が無くなり、

気分のいい日になっています。



明日の長襦袢の着方の動画作成の準備を今始めています。

長襦袢に半衿は付けました。



木耶ラの魔法の親指を動画にするなんて考えもしませんでしたが、

このオンライン教室のお陰でこうやって残すことができます。

このことを考えただけでもワクワクしますね。


まだサロンは25名ですが、きっと増えていくと思っていますので。


沢山の方がこの動画で美しいお衿に変身されることを思いますと、もうウキウキです。


生徒さん方もなかなか指の使い方、気の入れ方までをマスターされるのは

難しいようですね。

結構何度も何度も教室ではお話をしていますが、やはり気を抜かれますと

お忘れになる感じでもありますね。


手の使い方もこれでマスターして頂ければと思います。


生きているうちにこの動画を残せるとは。


本当に嬉しいですね。


私の手の動きをしっかり観察してくださいませ。


さて、今からお昼をとりまして、ヘアーセットに行って参ります。

そうなんですよ。


これは大切な動画になりますので、きっと海外へも行くと思いますので、

気合を入れています。


教室とは同じことをしていますので、大丈夫ですよ。


内容は同じです。



ただ、動画はオンライン教室以外では使用することはありません。

これだけを独立して使用することはないですね。


この動画を勝ってに使用されますとCAMPFAIREから会員を取り消されますので、

ご注意をお願い致します。


著作権は今かなり厳しくなっています。


私もYouTubeでの三分で着る着物の動画のバックミュージックは消しております。


昔と違いまして、かなり厳しいですね。






# by kiyara888 | 2019-05-18 12:13 | きもののはなし | Comments(0)