ネオリアリズモ・イタリア映画

d0161928_20215058.jpeg








アメリカで活躍をしたイタリア人のマーティン、スコセッシ監督の


イタリア映画を紹介するDVDを観ていました。


イタリア映画はある意味問題になったネオリアリズモの形をとったものが

多く、暗すぎるということとで最後の作品「鉄道員」からネオリアリモは否定され変化

していったようです。



私が知るイタリア映画は確かに全てがネオリアリズモの作品であり、

だからこそいつまでも名作として忘れることができません。



今度のカンヌ映画祭でグランプリを取った「万引き家族」もまさしく

ネオリアリズ。


私は終戦直後に生まれましたから、当然のことながらアメリカに憧れを

持っていました。

そして映画では大好きだった西武劇で白人はいい人、インディアンは怖い、恐ろしい、

野蛮というふうにインプットされていました。


ですが、同時にこのリアリズモのイタリア映画にも大変興味を持っていました。



このスコセッシ監督もそう思ったそうです。



ただ暗すぎるもっと笑いがある楽しい映画をということで、この鉄道員で

このリアリズムモの世界は終わりを告げたそうです。


この二枚のDVDを観ながら改めてイタリア映画の奥の深さを

知りました。


いまでは「道」と言いましても誰も知らない。

「鉄道員」さえも知らない。



又知ったところでそれに興味を持つかどうかもわかりません。


ですが「万引き家族」がグランプリを取った。


この映画が表がされた。


彼はあるイタリアの映画監督のファンではないかと思いました。

淡々と現実を描く監督の作品の底に流れるものに似ている。


今日は一日テレビをかけずにいようと思います。




# by kiyara888 | 2018-07-17 20:17 | 日常 | Comments(0)

ブログを着物の内容で充実させたい希望



d0161928_09071315.jpeg
涸沢の今





おはようございます。


朝型人間ですから、朝は元気です。

そこから徐々に萎んんで行きます。


夜のお電話は覚えてないこともありますので、お気をつけください。

意識朦朧としていまして、ぼーっとテレビを目で追っていると

いった感じでしょうか。


うたた寝ののちのBSに興味ある番組が割と多く、そこから遅くなって

しまうこともあり、夜型に。


うたた寝をしなければ朝型には間違いないのですが。



最近、Facebookを読んでいるうちに目が痛くなり、最後まで読まないうちに

又次がということで途中でやめています。


最近特にそうですね。目が疲れているようです。

本はそうでもないですから、この光に影響されているのでしょうか。



年を取るとそういうことになるのでしょうか。

神経が疲れてくるからでしょうか。



元々あまりアップもしていませんが。



それよりもブログでアップしたいことがいっぱいありまして、

それには写真が必要になりますので、その準備をまず。




きもののはなしのカテゴリをちょっと充実させていきたいと

思っています。


普段感じていましても、生徒さんにはお伝えしているのですが、

ブログでは今までは扱ってなかったことです。

技術はこちらでは記載できませんが、気になる箇所などはアップしていこうと

思っています。


着物がお好きな方でしたら、興味あることかもしれませんので。


記事のランキンでも本日はやっぱり着物に関してのことばかりが入っていますね。

私の記事の中でですが、10位の内今日はほとんど着物に関してのアドバイスの

ようなものでした。


このブログはやはり着物に関心のある方が多くご覧いただいているようですね。



お陰様でご覧いただいている方が増えています。


まだお目にかかってない方もお読みくださっていて過去に沖縄からも

ご連絡が入ったことがありますね。



そうなりますと、やっぱり着物についてのお話をもっとアップしていきたいと

思います。

写真が必要なので、ちょっと準備が必要になりますが、ご期待ください。





# by kiyara888 | 2018-07-17 09:47 | 日常 | Comments(0)

チロリン村とくるみの木、黒柳徹子さん

d0161928_02192088.jpeg





d0161928_02192957.jpeg






d0161928_02193973.jpeg





今日子供の頃に流行っていた人形劇は?という話を若い生徒さんとしていましたが、


要するにテレビ人形劇ですが、何が好きだったかで大体時代がわかりますね。


私の場合は「チロリン村とくるみのき」



多分これが最初の人形劇だと思います


まだ全部の家庭にテレビがあるわけではない時代から始まりましたので。

ご存じない方の方が圧倒的に多いと思いますが、この三人の仲良しグループ

の声担当に黒柳徹子さんがおいでです。



とっても可愛いお声ですよ。


一番かわいいかもしれません。皆さん可愛いですが。


YouTubeで歌が出てきました、懐かしかったですね。


お人形さん達も。




# by kiyara888 | 2018-07-17 02:31 | 日常 | Comments(0)

面白いことを思いつきました。着物のアドバイスですが。


d0161928_01474526.jpeg



ちょっと面白いことを思いつきました。

やってみたいことです。

勿論着物講師としての話です。


今テレビを観ていまして、はっと思いつきました。


ええ!これ面白い。

さてやってみますがどこで発表しますか。

インスタ?

ブログ?

Facebook?


まあ全部やってしまいますか。


遊び感覚での着物のアドバイスです。

成る程と思っていただければ成功。


遊びではないですね。ちゃんとしたアドバイスです。



こういうのをやってみたかったかな。




# by kiyara888 | 2018-07-17 02:01 | きもののはなし | Comments(0)

古典へのリスペクト



お稽古の後少しずつでも成果が見える方はいいですね。

疲れも心地よいです。




特に初心者の方ですとか、若い方で時間がかかる方でもああ、ここまで

できるようになられたという時間がかかっても成果が現れてくると

嬉しいものです。



この暑い中お互いに大変ですが、それでもステキになることを夢見ておられるのでした

らやりがいはありますね。


これから具体的に写真を使いましてアドバイスをさせていただければと。



猿之助さんの新しいものへの挑戦には古典へのリスペクトがあるという話が

ありましたが、本当にそうですね。‘



ワンピースの中にも歌舞伎の型はたくさん出てきていますし、この六法でも

歌舞伎役者以外の人がやってもそれは六法ではないと言われていました。


基本ができていないということは本当にそうで、新しいものに変化させるには

まず伝統の基本をしっかり学ぶ必要がありますね。



黒塚、四の切り、女殺し油地獄などの素晴らしい演技、そして踊り。

それは素晴らしい。私は他の方の演じるものではもう観たくないと思えるほどの

完成度。



そこからのワンピースなんですね。


着物もそうですが、突然奇抜な着方をされる人がいますが、それはこの世界に

長くいますとすぐに基礎がわかってないというのはわかります。


着物の基礎ができている方のモダンな発想というのは又違いますね。


それはすぐにわかるものなんですね。


古典へのリスペクトの上の挑戦。



猿之助さんを批判する人が果たして彼以上に四の切りを演じることができるのか。

黒塚を演じることができるのか。

お吉を演じることができるのか。


新しいものへの挑戦の元に古典へのリスペクトがあるという意味が良く

理解できます。



着物の世界でもすぐに見抜けますね。



抽象画を観ている方の子供への言葉、これってあんたでも描けるわ。

そういう人と同じなんですね。



簡単に着物を変化してしまうのは。

何もわからない人の世界ですがプロには見えるのですね。これが。


私は歌舞伎座でも南座でもそして能楽堂でも堂々と行けるとう着方を

ご指導したいですね。


一流料亭の女将が見ても納得のいく着物の着方をご指導したいものです。

本物の着付けを。



そのための研究と勉強をずっと続けています。

生徒さんがたが恥をかかない着方と知識を。


46年間。


70歳になりましたが、寺田氏から着物講師としていい年になったと

言われています。

さまざまな経験がお役に立てるのではないかと私もそう思います。


止まらないところが木耶ラさんのいいところだと言ってもらっています。

ずっと歩み続けているところがと。




# by kiyara888 | 2018-07-16 23:25 | きもののはなし | Comments(0)