長襦袢の大切さ   衿のつけ方

着崩れはほとんどが長襦袢にかかっています。

長襦袢が最適であれば問題はすべて解決します

裾が落ちてくるという悩みは着物に関係していますからこれは別なのですが。

これから長襦袢の大切さについての講演をしてまいります。
そしてあなたのサイズをアドヴァイスさせていただきます。

それから衿のお話しとまた衿の付け方講座
衿に皺がありますとやはり襟元が美しくありません。皺は簡単に解決します。
半襟の付け方なのです

講演では衿芯についてのお話しもいたします。



講演と講習会は別々にいたしますが、遠方での講演 講習会はなるべく一日にまとめたいと思います。
近くの方は衿芯のつけ方は練習が暑くてしにくい7月などになるかもしれません。
着くずれしない長襦袢は4月くらいに。
遠方の方は4月5月6月の間に。

衿芯 半襟も美しい着物姿になりますには大切な要素。是非講習会 講演会におこしくださいませ。
木耶ラで開いていただきましたら、ほかのブログでも私の講習会の感想が載っております。

# by kiyara888 | 2012-02-24 12:17 | 日常 | Comments(0)

きものSalonnに寺田氏の着物が掲載中

d0161928_1124163.jpg


グラビアの6頁に掲載されています

先日売り出されました「きものSaron」春号に寺田氏の附下が登場しております。
モデルはすずきほなみさん  大河ドラマでお市の方を演じていらっしゃいました
春らしいおきものです。
残念ながらお色がきれいにでておりません。写真はとても綺麗な色目になっております。
ですが、現物を拝見しましたが、よりきれいです。

しかし反物で拝見しました時より着物に仕立て上げお召になりますと不思議に数倍素敵になります。
これは皆さんそうお感じになるようです。
高橋氏も寺田氏も出来上がりを想定しての柄付をなさっているそうです。





d0161928_1124378.jpg

# by kiyara888 | 2012-02-24 11:28 | 日常 | Comments(0)

長襦袢です   

今回の長襦袢はまたまた新しい柄が送られてきました。
これはすべて長襦袢です。
お着物のようですねとは皆様のご感想。
勿体ないですね。見えないのですからとおっしゃいますが、お相手の方からはよく見えます。
振りであったり、袖口であったり、結構ご自分では見えないのですが、外からは見えます。
長襦袢のおしゃれも必要ですね。




d0161928_22495766.jpg









d0161928_2250425.jpg









d0161928_22542311.jpg












d0161928_22544863.jpg












d0161928_22574752.jpg










d0161928_22581629.jpg

# by kiyara888 | 2012-02-23 22:51 | Comments(0)

中村雀右衛門さんがお亡くなりになりました

今パソコンを開きましてネットのニュースで知りました。
私たちは芝雀さんと懇意にさせていただいていましてお世話にもなっていますから、驚きました。
中村雀右衛門さんと言えば女形ではもうそれはとても有名な方でいらして、人間国宝でもあられました。
色々な方が雀右衛門さんから女形の奥伝を学ばれたようです。
亀治郎さんもそうおっしゃっています。

芝雀さんはとても温厚な方でいらして自然体でいらっしゃいまして気取りもなくお付き合いくださいますが、
芝雀さんの御悲しみを思いますと胸が痛みます。

三月の南座では歌舞伎の会を企画しておりますので、また皆さんとご一緒に参らせていただきますが、お元気なお姿を拝見できることを願っております。


中村雀右衛門さんのご冥福をお祈り申し上げます。

# by kiyara888 | 2012-02-23 21:44 | 日常 | Comments(0)

今日と明日二日間の展示会です

定期的に行っていこうと思っています物語館での展示会。
今回は会場の関係で二日ほどしかできませんので沢山の方のお目にかけることができず残念です。
今日本国中お雛様祭りが開催されているようです。各地でお雛様お披露目の行事があり、一年間眠っていますお雛様を玄関口に飾っています。
今回私も古い藏の中で展示会を開いていますので、家からお気に入りのお雛様を持参しまして飾ることにしました。
享保雛に興味があるのですが、私のは大正時代のものです。
享保雛を訪ねてまた旅をしていものです。


搬入の時は新しい着物や帯に出会えますから胸がドキドキします。
高橋先生の作品も今回はまた縞とは違ったものが到着しています。さすがに品がいいお色目です。
帯も到着しています。

長襦袢は高橋先生の場合はご注文いただくことになりますが、他からも届いております。
これが長襦袢ですか?とみなさんがお尋ねになりますが、そうなんです。長襦袢です。
写真をまたすぐに掲載いたしますのでおまちくださいませね。

今長襦袢の大切さを講演してまわっていますが、今年はより長儒場についての講演会 講習会を増やしていきたいと思っています。

着くずれしないためには自分にあった寸法の長襦袢が必要なのです。
それに袖口から見える長襦袢のお洒落も大切ですよね。
自分からは見えないのですが、お相手からは見えるのです。
今長襦袢に興味を持っております。

西村の帯は8寸仕立て。これは今から便利かつ必要になってきます。単衣と袷のお着物両方に使えます。
単衣の着物にはこの八寸が便利です。
西村の帯はお洒落にもまた付け下げなどにも合いそうなものが着ています。


たった二日間の展示会では勿体ないですね。確かに。
お雛様祭りがおこなわれていますから、遠くの方もお遊びがてらお越しくださいませ。
今日は中国の方や韓国の方も沢山見えているようです。

お雛様 そして着物の美しさを世界の方にもおすそ分けいたしましょう。
世界をあちこちと尋ねましたが、どのお国の方からも親切にしていただきました。
そのお礼も兼ねまして私も海外の観光客の方にはなるべくお役にたちたいと思っています。

# by kiyara888 | 2012-02-23 13:58 | Comments(0)