無濾過のお酒に話が弾んで

d0161928_15420542.jpg




熊本の生徒さんと博多駅にお昼を食べに行きました。

お蕎麦で軽くと入ったお店が

KITTEの地下のお店の人。


屋台のようにお店がオープンになった食堂街は去年オープンしました。


それであまり来たことが ないのですが、面白そうと。

入ったお店は夜は居酒屋さんになるようで、お酒がビッシリと並んでいましたが、


生徒さんはあれれ、いいお酒が並んでる。あら 珍しい無濾過の日本酒がと、


大変気に入ったよう。


で勉強熱心でお酒が大好きだという店長さんと話が弾みました。



彼女は熊本で無濾過のお酒専門のお店をしています。

カウンターのみの小洒落なお店です。お店の名前は酔音 よいね。


手に入りにくいお酒の話で盛り上がっていました。


お二人ともかなりな酒通のようです。



ここは夜は鯖専門のお店になるそうです。鯖だけではないでしょうが、五島列島の新鮮な


鯖がメインだそうです。

又夜来たいですねと生徒さん。



「ぬる燗 ぞっこん 離れ」というお店です。


お酒の話に目がキラキラと輝く店長さんは宮山さん。

お二人の世界の話はついていけませんでした。



これもプロの世界ですね。






# by kiyara888 | 2017-06-20 16:56 | 日常 | Comments(0)

熊本の生徒さん方と一緒に






おはようございます。

昨日の歌舞伎鑑賞会は熊本の生徒さん方と。


お稽古の時よりは皆さん、お衿が決まりました。

数人の方は、後は裾の問題を直しまして完成でしょうか。



舞台からでも目立つでしょうか?ずらっと着物姿で並んで座るのですから。

それも木耶ラのお衿で.............。わあ!素敵。



菊之助さんの藤娘綺麗でした。


ご本人と歩道ですれ違ったことがありますので、実際の姿を

拝見したことがありますが、ここまで可愛く変身されるとは・・・・・。




中村芝翫さんの河内山はハマリ役ですね。

良かったです。


巡業には入っていないのが残念です。







# by kiyara888 | 2017-06-20 07:46 | 日常 | Comments(0)

受講生とのお出会い



熊本の生徒さんとに歌舞伎鑑賞会。


博多座での待ち合わせ。


入り口で待っていてくださった生徒さんに挨拶をしていましたら

お隣にいたお三方が私に向かって「先生」と仰ったんです。

五月の熊本県立伝統工芸館での木耶ラの魔法の親指体験会を

受講された方々でした。


お三方ともお着物姿でした。


歌舞伎の会場で受講生にお逢いするとは。



どんどん普及しましたら、あちこちで受講生とお逢いするのでしょうか。


わあ!楽しい!


頑張りましょう!





# by kiyara888 | 2017-06-19 21:15 | 日常 | Comments(0)

あれ?猿之助さん?

d0161928_23592660.jpg


d0161928_23585896.jpg





映画花いくさが猿之助さんと佐藤浩一さんの初共演だと


思ってたんですがこの三谷幸喜の喜劇の中に


一瞬猿之助が出てきます。





売れない俳優 の佐藤浩一は 昔弟分で可愛がった役者が



売れっ子になっているんですが、テレビ局の食堂で


再会するんです。



昔馴染みのよしみで「おい、カメ」と呼ぶのでですが、


逃げられます。

ただ、その一瞬の出場なんですよ。

カメ、カメと佐藤浩一さんが呼ぶんですが、

まさか亀治郎さんとは.......。


驚きました。


この映画中車さんも出てますね。






お腹を抱えて笑いました。


# by kiyara888 | 2017-06-19 00:41 | 日常 | Comments(0)

半衿にこだわる?


おやおやあっという間に夕方になりました。

ずっと家にいましたが、たいして仕事ははかどらず、今日も

一日勿体なく過ごしてしまいました。

教室や講習会がありませんと一日を無駄にしたような気がします。

教室のある日は一日を有意義にすごしたという充実感があるのですが。


まあ、仕事捗らずこのまま夕食?

何を作りましょうか。


明日の着物の準備だけはできましたが。


半衿について調べていましたが、T.P.Oの細かいこと。

絶対半衿屋さんだと思ったらそうでした(笑)


まあ真夏に塩瀬、縮緬と言うのはおかしいのですが、この6月はそこまで

区切らなくてもいいのではと思ってしまいます。

縮緬の半衿はは2月までと言うのはどうなんでしょうか。

別に5月まででもいいと思いますが。

しぼが細かいものもありますし。


絶対にと言いますと、麻の半衿を五月にと言うのは変ですが。

五月に絽の置物を着ている方を見たことがありますが、いくらなんでも早い?


そういう突拍子なこと以外はあまりこまかく区切りますと.....。


明日はもう絽のお着物でもいいのですが。

絽縮緬をもっていますので、それだと季節的にぴったりなんですが、

でも明日はわたしなりのこだわりがありまして、全体に完全お単衣の

合わせで行きます。


後半は絽縮緬になりますか。紗の袋帯を合わせまして。


こだわりは6月から9月までは絶対に白ですね。

といいますか、もう年中白ですが。




# by kiyara888 | 2017-06-18 18:09 | きもののはなし | Comments(0)