大河ドラマ 武田勝頼役‥‥‥奥野瑛太

d0161928_18314434.jpeg






大河ドラマを今観ていますが、あらら、又凄い俳優を見つけました。


この武田勝頼役の奥野瑛太さん。

この気迫は何?


ほんの一瞬でしたが、この勝頼の姿で現れた彼には気が。

驚きました。


今ほかの写真を見ましたが、どの顔も気迫が。


これから彼は表にもっと現れるでしょう。



今の若いトレンド俳優には見当たらない気迫がみなぎっています。

何者なのか。


ある映画で監督と主役という立場で壮絶な戦いをされた様子。

しかし今では和解されているとか。


お二人のお顔からしてなんとなく彼のほうが言い分が正しいのではと

思った次第です。

私の偏見でもありますが。



これから注目するといたしましょう。









# by kiyara888 | 2017-10-15 18:36 | 日常 | Comments(0)

笑顔




今日は朝から荷物の発送で時間を取ってしまいました。

いつも仕度に時間がかかります。

これは作家さんがたも同じみたいですね。



一旦始まってしまいますと反対にゆっくりできます。

今日はなるべく早く仕事を終えまして母の見舞いに。



明朝の出発ですので、今日中に全てのことをしておきませんと。


今日でここの担当は終わります、色々とありがとうございました。と

ヤマトの方がご丁寧にご挨拶されました。


暫くは師匠がきますとのこと。その方もいつも戸を開けますとニコッと

なさる方ですが、この方もいつも笑顔で丁寧です。


師匠がそういうことも教えていらっしゃるのでしょうか。

師匠といいましてもまだ若い男性です。

流石に気持ちのいいかたです。


倉敷でいつもお世話になっていた方が福山に転勤になったのですが、

福山でイベントをしました時に、奥さんと一緒に来てくださいました。

そして今はFacebookともです。


担当だった大和の方です(笑)。


皆さんと仲良くとはいきませんが、この方は良く働く人でしたね。

しんどうそうな顔は一度も見たことがなかったですね。


今の師匠という方もそうです。

いつも扉を開けるとニコッとされていてしんどうそうにはみえません。

笑顔がちょうど高橋一生のような感じです。

あの笑顔。


なかなかできない笑顔ですよね。高橋一生さんの笑顔は。


笑顔ですね。はい。やっぱり笑顔ですね。



今日の門之助さんのブログで浅野和之さんと門之助さんが

一緒の写真撮影があったそうですが、もっと笑えば良かったと

おっしゃってたそうです。



舞台であれだけ人を笑わせているのだから、大丈夫ですよと

優しい門之助さんがおっしゃっていました。‘


皆さん仲良しで猿之助さん不在のワンピースを頑張っておられるようです。’



# by kiyara888 | 2017-10-15 12:59 | 日常 | Comments(0)

京都での思い出 キャリアの重み

d0161928_22364669.jpeg








私に取りましての京都は故郷でもあり、青春の思い出であり、

未来への道しるべでありました。



住んでホッとするのは博多の方ですが、この京都が今の私をかなりな

部分で影響を与えたと思います。



着物がまだ繁栄していました時に京都にいましたので、大変

楽しい思い出が残っています。



三日間の着物祭典意外にも毎年、着物がにあう女優を選びまして、

ホテルの大広間で大パーティーが開かれました。



これも染織組合、多分、大手の呉服屋さん、そして大手の着物学院の

主要メンバーが集いましての大イベント。




藤純子さん、岩下志麻さん、その頃はまだきもの姿が美しい和泉雅子さん

なんて言いましたら、失礼でしょうか。


(生き方としては素敵だと思いますが。)


テーブルを回られてご挨拶されるのですが、岩下志麻さんはその頃

大変怖い凄みのあるお役をされていましたが、実物は小顔で

とても可愛らしいお顔でした。


わたし怖くないでしょう?って仰ったのを覚えています。

笑顔が可愛らしかったですね。





藤純子さんはとても記憶に残っています。

実は、その時のパーティーの一等賞をわたしがゲットしたのです。

その当時の新作帯でした。

若い人向きでしたから、ちょうど年齢にあっていたのですが、

地味好みのわたしはあまり締めませんでした。

今は若い生徒さんの手に渡っています。





藤純子さんから手渡されました。

くじ運が良くてよく訪問着ですとか、着物と帯一式ですとか帯揚げですとか

色々と当たりましたが、この場合は藤純子さんの笑顔と共に渡されましたので

特別です。



藤純子さんは大変気遣いのおありの方だと友人の歌舞伎役者の奥さん

から聞いております。

内外とも素敵な方ですね。


その帯のことが思い出されます。

この帯をいつか又写真を取ってアップしたいと思います。

もしかしたらその帯に関わった方が見てくださるかもしれませんし。





まだまだその当時の華やかな京都の思い出はあるのですよ。

これも又すごいお話です。

いずれ又お話することに致しましょう。




キャリアが長いということは歴史を背負うと言うことですから、

ほかの方には分からない経験をお話できますね。

自然とキャリアはついてきますが、これがわたしの仕事には

大変重要な役目をすることになります。



この仕事を選んでほんとうによかったです。

日々戦いではありますが。






# by kiyara888 | 2017-10-14 22:52 | きもののはなし | Comments(0)

荷物には時間差を




あらあ、月曜日は福岡は最高温度は20度で最低は18度。

これでも今日よりは又気温は下がっています。


ですが、東京はなんと最高気温は15度で最低気温は10度。

福岡の最低気温より最高気温が低いんですね。



私にとっては気温の低さは有難いことですが、急に冬が11月末がくるわけ

ですから、かなり慎重に動きませんと。



まあ、海外旅行だと思えばいいでしょうけれど。

こちらの温度がまだ高いですから、結局は袷のコートは送りました。

出発には紗のコートを着ることにします。



湯たんぽも送りましたし。

勿論温度調節はホテルでは問題ないのですが、脚は寒さに弱く

稼働が鈍くなるのですね。


それで湯たんぽが必要なんです。

これで何とかなります。

脚は。


まだ半分しか送っていませんので、明日また半分を。


何故一緒に送らないかと申しますと、万が一の事を考えまして。


万が一事故に巻き込まれまして、荷物が届かなかった場合、着る着物が

無くなり支障をきたしますので、半分に分け、送る日を変えたのです。


これで何とか支障なく仕事に入れます。


何とかなるわけですね。


万が一一つが届かなくても。


明日の発送の準備を致しませんと。


うたた寝をしていましたら、もうこんな時間。

夕食どきに観るDVDの映画ももう完結手前でした。

観ていません場面も想像できます。

白黒のかなり前の作品ですね。



こういう古い映画が好きで時々夕食どきに観ています。

ちょうどこの時間帯はテレビは面白い物がないですから。

私に取ってはですが。


さて、寝る準備をしませんと。




# by kiyara888 | 2017-10-14 22:26 | 日常 | Comments(0)

紗のコートか袷のコートか



いつもでしたら、この時期は紗のコートをまだ着ています。

特に飛行機で移動しますので、着物や帯のチリ除けとしまして。



ですが、東京の気温を週間天気予報で調べますとかなり低い。

11月の中旬並みでしたら、コートが必要ですね。


2年前でしたか、家庭画報の相澤さんが、暑くてもコートはチリよけとして

必要なのよとお話しされていまして、それが11月ですのにかなり暑い日でした。

紺の紗のコートを羽織っていらしたですね。

歌舞伎鑑賞の帰りだと仰っていました。



確かに訪問着で外をウロウロとします場合はコートを着用しますが、

今回は両方を持参することにしましょう。


悩むより早いですね。

月曜日はどうするか。博多は気温は低いにしましても、23度あたり。

東京は15度くらい?



東京に合わせるのがもちろんいいわけですから、お単衣か袷のコートで

参ります。




# by kiyara888 | 2017-10-14 10:10 | きもののはなし | Comments(0)