<   2016年 04月 ( 61 )   > この月の画像一覧

木耶ラのお衿合わせ




d0161928_13452.jpg



着付けは木耶ラです。






着物をお召しの方にお会いするとやはりお衿元を見てしまいます。

このお衿がとても大切なポイントになっています。


先に目に入りますのがお衿。

これが大変難しいのですね。

素人の目では判断がつかないのです。


これでいいのかどうかが。


木耶ラの魔法の親指講習会でまず最初にご自分で長襦袢を着ていただきまして、

それから木耶ラの魔法の親指でのお衿合わせをします。


そうしますとあっという間に、たった一回で見事に変身します。


そして必ずお聞きするのが、あれれ、今までこれでもいいと思っていました。

全然違いますねと。


私の生徒さん方はその目を肥やしています。


木耶ラのお衿が一番いいとは思っていません。

勿論、着こなしがおできの方のお衿は様々です。


着こなしがお出来の方はどんなお衿でも素敵なのです。


法則はありません。


ですが、あまりにひどいお衿はやはり取りあえずは着こなしてご自分のものに

なさる前にプロの目から見ても素敵なお衿と思っていただけることが大切かと。



私の生徒さん方はお衿のほんのちょっとした変化で見事に雰囲気が変わるということを

ご存じです。


沢山の方々にそのお話をしていきたいと思います。




博多の方でも教室、マンツーマンの特訓の日などを増やしていく予定です。

今日曜日に行っていますが、平日でもご指導ができるようになると思います。



日程は決まり次第にこのブログで告知させていただきます。

by kiyara888 | 2016-04-30 13:14 | きもののはなし | Comments(0)

熊本城は堂々と建っていたそうです。

d0161928_1953033.jpg











やっと自宅の戻りましたという熊本の生徒さんからのお電話がありました。



自宅はもう手が付けられないほどの荒れようでしたが、友人が手伝ってくれて

何とか昨日から寝ることができます。

多少の揺れには大分慣れました。


お店はもう皆さん開いています。

私もオープンの支度をします。

先生、熊本城はしっかりと建っていますよ。

堂々としています。

その姿に励まされています。


とのことでした。


瓦は地震の時には落ちるように設計されていたとか。

瓦の重さで倒壊するのを避けるためだそうです。


堂々としていますよ。


嬉しかった。

彼女の言葉にほっとしました。


熊本城は熊本県民のみならず、全国にファンは多いはず。

私もそうです。


六月熊本城の姿を見ることになりますが、お電話があるまでは、

本当に見るに忍びないと暗い気持ちでした。



くよくよしないで立ち上がりますよとのことでした。


教室も再開しますよとのこと。


家自体は本当に住めるかどうかの検査はまだ終わってないそうです。


他の生徒さん方の近況もお聞きできました。



再会できる日をお待ちしています。



★熊本城再建のための募金を募っています。熊本城のホームページ参照







by kiyara888 | 2016-04-29 19:00 | Comments(0)

生徒さんご紹介    三毛子さん


d0161928_11544688.jpg





016.gif三毛子さんというお名前は俳号になります。

佐々木六戈先生が主催されます「草藏」の俳句の会、博多の会員です。

そして私の博多教室の生徒さんです。


お茶のお稽古から私へとつながるのですが、最初は妹さんのご紹介で着物教室に入られました。

妹さんはお仕事が忙しくなり、そしてご結婚で遠くなり、今はお休み中です。


お二人ご一緒の時には双子かと思うほど良く似ていらっしゃいました。

着物がお似合いのお顔だなあと初対面でそう思いましたが、この様に、お洋服も素敵で

着物も素敵ですが、やはりそれぞれの魅力がありますね。


お洋服では出せない別な魅力も現れます053.gif



着物のお稽古ではすぐに上達される方とゆっくりとマイペースで上達される方と色々ですが、

到着点は一緒ですね。


ある一点の線からは同じです。


そこから又その方の作る魅力になっていきます。


そしてその生き方なども反映されますね。面白いものですね。

着物の良さといいますか。



三毛子さんは、とてもまじめな方で兎に角この教室を優先して頑張ってお休みなく

通ってくださっています。

最初の頃は帯がゆがんだりしていましたが、絶対に綺麗に着れるようになりますよねと

お尋ねでしたので、「木耶ラを信じてついて来たら絶対に大丈夫よ」とお話しますと、

とても元気に「はい」と返事なさっていました。


そしてこの姿で通りの向こうを歩いて来られました時、驚きました。


私の知らない三毛ちゃんがそこに現れたのですから。


本当に素直な方で058.gifす。   独身です。 恋人はいません。


あれれ、生徒さん紹介でしたですね(笑)



056.gifお茶 お花  俳句  着物  のお稽古にお仕事。


歌舞伎にお能に明日は落語の会に積極的に日本伝統芸能へのご参加。


このように素敵にエンジョイなさっています。




いつも荷物を持ってくださってありがとう。

これからもお稽古続けてくださいね。

なにせ奥が深くて終わりがないですから。



三毛子は大好きな猫ちゃんのお名前だそうです。

by kiyara888 | 2016-04-29 12:11 | 生徒さん紹介 | Comments(0)

お単衣の季節 に合わせる帯   





d0161928_893168.jpg





さて、いよいよ五月に入りますと、初夏の訪れになります。

装いが変わってきますが、五月の中ごろから徐々に着物はお単衣の季節に入ってきます。

ですが、五月いっぱいは袷を着てもおかしくないですね。

六月からは袷は着ることができません。



この時期になりますと、このお単衣に合わせる帯のご質問を良くお受けします。

私は付け下げでのお出かけには綴れの帯をこの時期は合わせています。

袷の時期の袋帯でもいいとこのところはそういうお話もありますが、素材にも

よるような気がします。


せっかっくお単衣で軽く涼しげになりましたのに、重厚感のある袋帯でしたら、

半減するような。

お単衣でもすっきりとする袋帯でしたら結びますが。


綴れは袷、お単衣の時期どちらにも結べますので、重宝しています。

帯の文様によりますが、大島にも小紋にも付け下げにも結べるという帯です。

7月月には絽綴れという夏用の綴れがありますが、

それ以外の季節ではこの綴れ帯を合わせることができます。


大変重宝する帯ですね。


綴れといいましても、爪掻き本綴れ、機械織りなど、色々とありまして、

結構素人の方には難しい帯です。


信頼できる方のアドバイスが必要でしょうね。


硬くて結びにくいですとか、いろいろですね。

この綴れ帯の文様ではどこまでの範囲着れるのかということも。



六月に入りますと、お単衣の付け下げ、訪問着には紗袋を合わせることもあります。

綴れでも紗袋でも。


紗袋は夏の袋帯ですね。

小物が季節の先取りをしますので、そういうことができます。


五月にはお単衣に綴れ、

六月には綴れもしくは紗袋を合わせています。


七月  八月は   紗袋 もしくは 絽綴れ。


ちょっと難しい時期に入ってきますので、信頼できる方のアドバイスを。

人によって多少違いますが。


ものすごく違う人もいますので、お気を付けくださいませ。

by kiyara888 | 2016-04-29 08:39 | きもののはなし | Comments(0)

着物が着れる     永遠の宝物です



d0161928_00373596.jpeg



書道家中村文美氏


大変ご活躍で、お若いですがもう沢山の孫弟子さんが、いらっしゃいます。


私の俳句お仲間であり、生徒さんでもありました。

お弟子さんの着物のご指導をお願いされまして、ご期待に添えますように


頑張っております。




私にとっては自慢の生徒さんで、自分の着物のスタイルを確立

なさっています。


ご自分のものになさっているんですね。


お衿はまさしく木耶ラのお衿なんです。



どんなにご立派になられても、いつも木耶ラさんのお陰ですと

謙虚に言ってくださいまして、お弟子さんをご紹介してくださっています。

新年会には、着物姿の生徒さんを増やしたいと楽しみになさっています。


昨日はお弟子さん方とご一緒に久し振りにご参加になりました。



昨日入られました方もご一緒に。

あっという間にお衿が変化しまして、とても喜んでくださいました。


他の方も今着物も二重太鼓も着れるようになっていらっしゃいます。




着物が着れるということは、一生の宝物になります。


木耶ラに出会えて良かったという方が数人いらしただけでも

講師冥利につきます。




ですが、もっともっとそう思っていただけるように頑張りたいですね。




ブログの編集ができるようになりましたら、文美先生の着姿を

ご活躍と一緒にご紹介させていただきます。

お楽しみに。










by kiyara888 | 2016-04-27 23:54 | きもののはなし | Comments(0)

姉さん被りに割烹着





d0161928_02114418.jpeg



一度ここでお話ししたことがありますが、

やはり白い割烹着はいいですね。

このドラマではやや、短めですが、昔はどうだったのでしょう?

個人的にはもう少し長めでも良いかと。

久し振りに姉さん被りを見ました。

母も姉さん被りで桟にハタキをかけたり、、、、。

懐かしい光景です。








by kiyara888 | 2016-04-27 02:33 | 日常 | Comments(0)

今月の倉敷教室     4月


d0161928_23452228.jpg







明後日とし明後日 要するに27日と28日は二日間とも

倉敷の教室です。

どちらにご参加くださっても結構です。



両日とも会場は新渓園ではなく、本町のギャラリー十露の二階になります。



今回はお衿それぞれという内容で切りぬきました写真を参考にお話しさせていただきます。


これはとても面白い授業になりますですよ。



準備万端です。



この内容をご理解いただけましたら、あとは楽しいですよ。







明後日とし明後日 要するに27日と28日は二日間とも

倉敷の教室です。

どちらにご参加くださっても結構です。



両日とも会場は新渓園ではなく、本町のギャラリー十露の二階になります。



今回はお衿それぞれという内容で切りぬきました写真を参考にお話しさせていただきます。


これはとても面白い授業になりますですよ。



準備万端です。



この内容をご理解いただけましたら、あとは楽しいですよ。

by kiyara888 | 2016-04-25 23:45 | 日常 | Comments(0)

宮古上布を語る




d0161928_00010451.jpeg






今日は浅井エージェンシーの浅井正次氏が語る「宮古上布」


宮古上布」とは上質の苧麻を手で紡ぎ、全てが綿密な手技で仕上げられた最高の織物で

ある。



一反がわずか400グラムと大変軽いものです。

苧麻は髪の太さよりも細く、繊細です


夏の暑い日、ひんやりと身体を包み込んでくれます。

見るからに涼しげな着物ですね。



貴重な資料を沢山 拝見させていただきました。







d0161928_00025865.jpeg






d0161928_03211920.jpeg





d0161928_03192861.jpeg










by kiyara888 | 2016-04-24 23:58 | 着物特別講習会 | Comments(0)

「濡れ衣」の由来は博多だそうです



d0161928_2342332.jpg





「濡れ衣塚」

濡れ衣という言葉の由来になった塚です。

福岡市の博多区の千代地区、国道3号線沿いにあります。

車がどんどん通りますから、ちらっと見えるくらいですが、結構立派な塚です。




幾つかのストーリーがあるのですが、一つは

佐野近世という国司が筑前に赴任してきます。彼には大変美しい娘がいまして

たいそうかわいがるものですから、継母が嫉妬をし、あるたくらみを企てます。


ある日、近世の元へ両氏が現れ、「釣り衣を春姫に盗まれた」と言います。

近世が春姫の部屋に入りましたら、濡れた漁師の衣を着て寝ている春姫を

見つけます。


この部分は他の説もあり、それには漁師と恋に落ち、漁師の濡れた衣も持っていたという

ことになっています。


怒った近世が怒りにまかせて春姫を斬って殺します。


その翌年、寝ている近世の夢に春姫が現れ、歌を詠みます。


   「ぬぎ着する そのたばかりの濡れ衣は 長きなき名のためしなりけり」

   「濡れ衣の 袖より伝う涙こそ 無き名を流すためしなりけり」


近世はそこで娘の無実を知り、継母の仕業だとわかります。



この故事から、無実の罪をかぶることを「濡れ衣」と呼ぶようになったそうです。



なるほど。

実は今までこのことを知りませんでした。



色々と散策したいものです。

長崎は母の故郷ですが、長崎も散策したいですね。


そして大好きな熊本も早い復興をお祈りしています。

by kiyara888 | 2016-04-24 00:01 | 日常 | Comments(0)

初心者の方も見事な着姿にして差し上げたい

d0161928_9291962.jpg





今夜9時からBSで朝ドラ「あさがくる」」の特別編があるそうです。

亀助さんが主役だそうですが、久しぶりで出演者が揃うようです。


新しいキャストも。

お着物姿で。



着物の雰囲気がちょっと違っています。


それぞれの出演者の着物姿が楽しみです。

亀助さんや大番頭さんが中心になっていますので、これも楽しみです。


大番頭さんに亀助さん、梅さんのやりとりの面白さは、熟練された演技の上で

成り立ったものですね。

アドリブがかなり入っていそうな。


着物姿についての感想を又。



そうだ、忘れていました。

朝ドラのスタッフの中にかなり近い方がいらっしゃいました。

最近それが発覚しまして、ええ!って驚きました。


狭いものですね。



昨日、特訓の日でしたが、アメリカで訪問着を着るという方なのですが、

ご自分では着れないということで、初心者ですが、何ともう完成してしまいました。

十分に着ていただけます。


あと二回特訓が残っていますので、余裕です。

夢の様ですと感激なさっている姿を拝見しまして、この道を歩いていて

良かったとこちらも感動しました。



やりがいのある仕事です。


この後も紬ですとか、浴衣ですとかのお勉強を続けていきますとおっしゃっていました。


どこへ行っても着れないという方もお引き受けしています。


そういうのってストレスになりませんか?って聞かれてことがありますが、

それはストレスにはならないですね(笑)


私にとっては挑戦ですから、力が入ります。


出来ないことの方が圧倒的に多いですから、唯一自慢できることですから、

こんな有り難いことはありません。


頼っていただけるなんて、この私が。

この歳で。


信じていただけるなんて。


絶対に魅力的な着物姿にして差し上げます。

by kiyara888 | 2016-04-23 09:45 | きもののはなし | Comments(0)