<   2016年 03月 ( 60 )   > この月の画像一覧

いよいよ猿之助「四の切」が歌舞伎座に登場



d0161928_22124010.jpg





歌舞伎座にやっと猿之助さんの「四の切」が上演されるそうです。

歌舞伎座にまで来るには随分と時間がかかったものです。


猿之助さんの四の切から急激に猿之助ファンが増えました。


それはそれは見事な「四の切」でしたから。


襲名披露で全国を回られました折り、生徒さん方と拝見しました。。

私の周りで猿之助かあなんて言っていた人も、テレビで上演されたものを

観た後に急に興味を持たれたようです。


凄いというのが皆さんの感想でしたが。

是非観たいという方がが増えてきました。


あの動きの軽さ、演技力の確かさ。

早変わりの見事さ。

いまちょうどいいお年なんですよね。体力が最大限に達しているお年です。



勿論年を嵩めるごとに増していくものも多いのですが。


ある方がお話されていましたが、これ以上の人がいるだろうかということを。

四の切を猿之助さん以上に演じる役者がいるのだろうかと。


まだご覧になっていらっしゃらない方は、是非おでかけくださいませ。


なんと三部になっています。

一部    二部   三部。



四の切は三部で6時15分からです。



ワンピースは四月から博多座で上演されます。

生徒さん方はもう楽しみにされています。

熊本の生徒さん方はもうすぐですね。




ワンピースは猿之助さんもおっしゃっていますが、

ルフィが大切なメッセージを伝えています。


子供たちには伝わったかもしれませんですね。

by kiyara888 | 2016-03-31 22:40 | 日常 | Comments(0)

お衿の研究

d0161928_21233690.jpg



今日は日程がなかなか合わなかった生徒さんがたが久し振りにご参上。

でもなかなか上手にお衿が決まっていました。


木耶ラのゆとりあるお衿。首が長く見えるお衿です。


写真を撮ろうといつも思うのですが、指導に夢中でいつもうっかり忘れてしまいます。


ギャラリーのオーナーが入ってこられて、こんなに綺麗に着れるなんてどのくらいの

回数?って聞いておられましたが、まだそんなに経っていませんですね。



10回に満たないでしょうか。6回?

なにせ月に一回ですから。


倉敷はこれから月に二回にわけていきます。


また改めてご案内致します。




今日は着あがった姿でちょっと気になるところを皆さんで確かめるという内容でした。

どこを直せばいいのかを皆さんで考えるという内容です。


私からすればはっきりと見えるのですが、やはりそこをなかなか発見できません。

ご本人も。


で答えを。


答えは勿論理論的にしっかりとご説明します。


それが授業ですから。


こうやって皆さん方で考えて発見し、納得していただきます。



今日はご質問もありました。

何故こうなるのか、どうすればいいのか。

を理論的にしっかりとご説明をします。


納得する生徒さんがたの顔がほころぶ。


この瞬間 なかなか楽しいものです。



生徒さん方の質問が私を講師として育ててくださっているわけです。


何故あんなになるのか、どうすればいいのか。といつも考えております。


湯船に浸かっていても、寝床にもぐりこんで暗い天井を見つめながらも。

バスに揺られている時も。



そうそう今日彼らのお仲間が皆さん、教室に入りたいというご希望を持っていらっしゃるとか。

お待ちしております。

カテゴリに各教室のご案内を告知しております。


是非是非今の内にいらしてくださいませ。

今のところ元気ですが。先はだれもわからない(笑)







今日は日程がなかなか合わなかった生徒さんがたが久し振りにご参上。

でもなかなか上手にお衿が決まっていました。


木耶ラのゆとりあるお衿。首が長く見えるお衿です。


写真を撮ろうといつも思うのですが、指導に夢中でいつもうっかり忘れてしまいます。


ギャラリーのオーナーが入ってこられて、こんなに綺麗に着れるなんてどのくらいの

回数?って聞いておられましたが、まだそんなに経っていませんですね。



10回に満たないでしょうか。6回?

なにせ月に一回ですから。


倉敷はこれから月に二回にわけていきます。


また改めてご案内致します。




今日は着あがった姿でちょっと気になるところを皆さんで確かめるという内容でした。

どこを直せばいいのかを皆さんで考えるという内容です。


私からすればはっきりと見えるのですが、やはりそこをなかなか発見できません。

ご本人も。


で答えを。


答えは勿論理論的にしっかりとご説明します。


それが授業ですから。


こうやって皆さん方で考えて発見し、納得していただきます。



今日はご質問もありました。

何故こうなるのか、どうすればいいのか。

を理論的にしっかりとご説明をします。


納得する生徒さんがたの顔がほころぶ。


この瞬間 なかなか楽しいものです。



生徒さん方の質問が私を講師として育ててくださっているわけです。


何故あんなになるのか、どうすればいいのか。といつも考えております。


湯船に浸かっていても、寝床にもぐりこんで暗い天井を見つめながらも。

バスに揺られている時も。



そうそう今日彼らのお仲間が皆さん、教室に入りたいというご希望を持っていらっしゃるとか。

お待ちしております。

カテゴリに各教室のご案内を告知しております。


是非是非今の内にいらしてくださいませ。

今のところ元気ですが。先はだれもわからない(笑)

by kiyara888 | 2016-03-31 21:21 | きもののはなし | Comments(0)

あさがくるが終わりますね。今朝の着物姿




d0161928_8463963.jpg



「あさがくる」がもうあと少しで終了しますね。

銀行の成りたち、保険会社の成りたち、初の女子大の成りたちなど

本当に面白い内容でした。


実際のあささんの人生は少しドラマとは違っていまして、ドラマ以上にドラマがあり、

これを朝ドラで紹介することが難しかったようでかなりはしょっていました。


実際はもっともっとふところの大きな方で驚いてしまいます。

考えられないふところの大きさです。


夫との関係は複雑でしたが、仲良しだったのは事実のようです。



そして今日のあささんの着物姿はお年を召した方のゆったりとした着付けでしたですね。

衿元がゆったりで角度も少なく、後ろはあまり抜かず、そして胸の補正もしていません。

年を想定した着付けだと思います。


二人、もしくは数人の方々が担当されていたようですが、今日のきつけは安心して

拝見できました。


朝ドラはこういう時代もので着物姿が出てくるのが好みですが、

次回も着物姿がでてきそうですね。


楽しみです。



でもドラマで毎回ちゃんと観ていますのはこのあさがくると今は終了していますが、相棒だけですので

どちらも観ることができなくなり淋しいですね(笑)

by kiyara888 | 2016-03-31 08:59 | 日常 | Comments(0)

道中着と道行の話



道中着と道行

コートの形はだいたい基本的にこの二つの形になりますが、

先日今は道行を着る人がいなくなったので、差し上げるのもなんですが、

良かったら着てくださいといただいたのが先ほどの紗のコートなのですが、

確かに最近の雨コートも道中着が多いですね。

今は軽くて便利ですので、携帯には正絹のものは持ち歩きませんが、

昔は皆さん正絹で道行の形で作ったものです。



確かに私は雨コート以外は40年前からコートはすべて道中着でした。

その当時から長めのに作っていました。

ですが、珍しかったですね、まだ。



最近まで道行の方が格が上という方もいましたが、私は生地によって格が

決まるもので、あまり道中着だからとは思っていませんでした。

訪問着に羽織ることができる生地で作ったものもありますから。



道中着党だった訳です。


ですが、最近道行に興味が湧いています。

昔の奥方は道行ですよね。


長い間着なかった道行が魅力的にだんだん思えてきています。


まあ両方欲しいのですが。

訪問着には道行で紬には道中着なんていうのもいいなあと考えています。

勿論私は少し長い目がいいのですが。



まあこれからの季節、コートはもう羽織りませんが。



桜が散る頃にはコートはしまいます。

これからはショールや紗のコート、に替えていきます。


今でも単衣のコートに替えています。


今は少し肌寒いですから袷の羽織でもいいですね。



どちらにしましても間もなく帯び付きで歩くことになりますので、

帯が目立ってしまいます。


では今日と明日のお稽古頑張ってくださいませ。

by kiyara888 | 2016-03-30 06:24 | きもののはなし | Comments(0)

紗のコートを手直しました。紗の雨コートも



d0161928_15564355.jpg





いただいた黒の紗のコートの地紋がとても素敵なのですが、袖が一寸短い。

裄も短い。


で、お袖は1尺3寸に直しました。

裄も直しました。


袖はもう縫い代がほとんどなく四苦八苦でしたが、取りあえず3寸にはなりました。

裄は問題なく出来上がりました。

直した後がありませんので、上手に仕上がりました.



丈は長コートでしたので、私が羽織りますと普通の長めのコートになりました。


紗の雨コートは又別な方のですから裄は大丈夫です。

丈は一寸足りないくらいですね。

直すのはそれくらいです。

これもなかなか地紋が素敵なんですね。

凝った織になっています。

雨コートの丈は実際に着物を着て、二重太鼓を結んでから羽織りまして、

決めたいと思います。

今日の生徒さんにマチバリを留めるお手伝いをお頼みするとしましょうか。



ですが、けっこうくける箇所が多くて夜黒の生地に黒の糸で四苦八苦しました。

見えないんですよね。勘を頼りに(笑)


25歳くらいに和裁のお稽古をしていましたのが、役に立っています。


さて次は何を手直ししましょうか。

by kiyara888 | 2016-03-29 15:56 | きもののはなし | Comments(0)

新渓園




d0161928_5574366.jpg






昨日はブログが更新できずにやっと夜更新できましたが、

やっぱり良かったです。間に合いました。


ブログをご覧になって教室の参加申し込みされたも。


五月まで今までの会場 新渓園は使用できません。


サミットの流れの会議が五月に開かれますので、今修復されています。


まあ、町全体すべて工事が始まっています。

五月の中ごろまでは使用が難しくなっています。


明治26年に倉敷紡績の初代社長大原孝四郎氏の別荘として建てられたものですが、

お部屋から眺めるお庭は見事です。


本来はこの時期は桜から躑躅の満開を鑑賞できるのですが。


気持のいい空間です。


ですが、今の会場ギャラリーも観光地の中にありますので、大変便利です。





で新渓園は6月からになりますね。

by kiyara888 | 2016-03-29 15:37 | 各教室の次回の日程 | Comments(0)

三月の倉敷の教室の日程ご案内








d0161928_121194.jpg







3月30日と31日    どちらも2時からになります。

本町のギャラリー十露の二階のお部屋になります。


どちらにご参加いただいても結構です。



今までの会場 新渓園は暫く工事をしていまして使用できませんので、

こちらをお借りすることにしました。




一応ご連絡はしていますが、他のクラスの方のご参加も可能です。

又木耶ラの魔法の親指の指導もありますので、初めての方でも結構です。

by kiyara888 | 2016-03-29 01:20 | 各教室の次回の日程 | Comments(0)

ブログは私の相棒



今日はなかなか更新できなくてイライラしてしまいました。

Ipad が上手く動かず、サポートセンターに行ったのですが、ここでも

よくわからずじまいでした。

パソコンもちょっと動いていませんでしたが、やっと更新できるようになりました。


アイフォンも写真がぼやけていたのですが、それも聞いてみましたら、何と

不良品で回収機種でした。

取り換えになります。

まあ新しいのを頂けるようですのでそれはそれで良しとしましょう。


このブログは私の相棒ですので、本当に稼働しなくなりますと困ったものです。

生徒さん方OBの方々、友人、着物にご興味のある方、そしてまだお会いしたことがない

方々。


有り難いことにこのランキングでは21位 24位あたりに位置していますので、

かなりな方にお読みいただいていると思います。


楽しみに待っていてくださっているこのブログのファンの方々と繋がっている

唯一の手立てですから。


兎に角、私の相棒です。



更新がやっとできまして良かったです。

by kiyara888 | 2016-03-29 01:14 | 日常 | Comments(0)

立褄の線が緩んでいます

「立褄」即ち 「衿下」


この線がたらんとしていては美しくありません。


この線が緩んでいましたら、ピシッとしません。


手が慣れないうちはこの線が緩みがちです。

お稽古が必要ですね。





by kiyara888 | 2016-03-27 19:18 | きもののはなし | Comments(0)

お衿合わせは人それぞれに


d0161928_00101358.jpeg


時々お着物姿の方々のグループのお写真を拝見していましたら、

お衿が一緒。

そして中年の方なのにお衿が詰まりすぎている。

ゆとりがない。

かといって お衿がグサグサでは。

着こなしができてる方で細い方、お年の方でしたら、詰まっていても素敵なんですね。

ですが、一般的には、初心者の方には無理でしょうか。


野暮ったくなります。


生徒さん全員同じお衿っていう教室にはしたくないなあ。



お衿特集号を早く出したいですね。






ゆとりある品のいい合わせ。あるんですね。






ちょっと許可を頂きまして掲載させていただきましょうかしら。







by kiyara888 | 2016-03-27 00:03 | きもののはなし | Comments(0)