<   2015年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ニュー シネマ パラダイス 

d0161928_2132136.jpg


転寝から覚めましたら、ちょうどイタリア映画(ニューシネマ パラダイス」が

始まるところでした。

今夜寝るときにかけています曲はこのニューパラダイスのテーマ曲か

同じくイタリア映画 「イル ポスティーノ」のテーマ曲


どちらともいい映画です。

ニューシネマパラダイス

監督はジュゼッペ  トルナトーレ

そして名優 フィリップ ノワレが出ています。

準主役といいますか、主役が二人といいますか。


かれは実は「郵便配達人」にも出演しています。

これも準主役ですが、同じくいい味を出しています。



この二つの映画は勿論内容はまったく違いますが、テーマになっている

底に流れる友情  確かな友情は同じです。


フィリップ ノワレはフランス人です。

何故か イタリア映画に数多く出演しています。

あまり日本では知られていない映画でもとても彼なりのいい味を出していて

名優だなあと感心しています。


何故か主役が大人になった役を演じていますジャック ペランも実は

フランス人。

彼はどこかれみてもフランス人ですね。

甘い顔をしています。



この映画は実は二つありまして、DVDでも完全版というものがあります。

今日放映されたのは完全版ではありません。

ですが、この物語はこれで完成してもすっきりしていいのかなと

思います。


完全版は面白い人が、興味ある人が出ています。

別れ別れになってしまった若き頃の恋人と再会するのですが、

演じているのは「禁じられた遊び」のあの女の子です。

この時、もう40過ぎくらいでしょうか、不思議に面影が残っていました。

ブリジット フォッセーです。

ただ、違う女優が演じているものもあります。

どちらにしても、この二つの映画はお勧めいたします。



さて、寝るとしましょうか。今夜はどちらの曲をかけましょうか。

やっぱりニューシネマパラダイスでしょうか。


そうそう舞台はシチリアです。

by kiyara888 | 2015-01-31 02:21 | Comments(0)

木耶ラのきものサロンの展示会

d0161928_1042581.jpg





皆様

おはようございます。昨日楽しいイベントを思いつきまして

頭の中を様々なことが飛び交っています。

で、実現可能なことばかりですので、ここでご紹介いたしたく思います。



今有り難いことに、お陰様で素晴らしい作家さんがたとのお付き合いがありまして、

その方々の作品を一堂にご紹介できる展示会を開きたいと思います。


着物   綿のお単衣   浴衣    袋帯  名古屋帯(絞り  綴れ帯  紅型  型染め)

ショール   帯締め  帯揚げ  その他小物等



皆さん 家庭画報  きものSaron   美しいキモノ にご登場されている方々ばかりです。


今から企画とご相談とが始まります。





            会期は1015年 4月  15日   17日   18日

       土日が入っていませんので、  15日   16日は8時まで開いております

       15日は   13時から8時まで

       16日は   11時から8時まで

       17日は   11時から5時まで


                  会場は   倉敷  新渓園の大広間です

     季節がいいですから、戸を開け放ちお庭も鑑賞していただきます


そして     

056.gifデモンストレーションとミニ講演     毎日16時から30分

1分半で着る着物     1分半で結ぶ二重太鼓

ミニ講演      着崩れをなくすには    長襦袢が大切

無料です

058.gif木耶ラの魔法の親指講習会      16日か17日の10時から一時間

         
たった一日でお衿が美しく変貌します

有料です



024.gif069.gif持ち寄りパーティー     15日か16日のどちらかの夕方6時から8時


会場は飲食可ですので、お花見は終わっていますが、大広間の美しい庭園を見ながら

楽しく歓談をしたいと思います。

参加費は何か一品ご持参いただければそれで大丈夫です

手作りでもなんでも結構です

お茶 ジュース ワインなどを御用しておきます。

大皿   取り皿  コップなどはこちらでご用意いたします。


お着物でもお洋服でも結構ですよ。



本気で作品に取り組んでいる作家さん方を応援するのも私の生き甲斐です。

そして古典芸能なども。


016.gif三日間    お能と歌舞伎の映像を流します(DVDプレーヤー)

        又謡 長唄などの曲も


             和一色の三日間です


春ですね    楽しい木耶ラのきものサロンでお会いしましょう


関東の方も関西の方も九州の方もお待ちしています


17日にお越しくだされば18日には倉敷をご案内できると思います。


会場は大原美術館の敷地内です




















お陰様で素晴らしい作家さんがたとのお付き合いがありまして、

その方々の作品を一堂にご紹介できる展示会を開きたいと思います。


着物   綿のお単衣   浴衣    袋帯  名古屋帯(絞り  綴れ帯  紅型  型染め)

ショール   帯締め  帯揚げ  その他小物等



皆さん 家庭画報  きものSaron   美しいキモノ にご登場されている方々ばかりです。


今から企画とご相談とが始まります。





            会期は1015年 4月  15日   17日   18日

       土日が入っていませんので、  15日   16日は8時まで開いております

       15日は   13時から8時まで

       16日は   11時から8時まで

       17日は   11時から5時まで


                  会場は   倉敷  新渓園の大広間です

     季節がいいですから、戸を開け放ちお庭も鑑賞していただきます


そして     

056.gifデモンストレーションとミニ講演     毎日16時から30分

1分半で着る着物     1分半で結ぶ二重太鼓

ミニ講演      着崩れをなくすには    長襦袢が大切

無料です

058.gif木耶ラの魔法の親指講習会      16日か17日の10時から一時間

         
たった一日でお衿が美しく変貌します

有料です



024.gif持ち寄りパーティー     15日か16日のどちらかの夕方6時から8時


会場は飲食可ですので、お花見は終わっていますが、大広間の美しい庭園を見ながら

楽しく歓談をしたいと思います。

参加費は何か一品ご持参いただければそれで大丈夫です

手作りでもなんでも結構です

お茶 ジュース ワインなどを御用しておきます。

大皿   取り皿  コップなどはこちらでご用意いたします。


お着物でもお洋服でも結構ですよ。



本気で作品に取り組んでいる作家さん方を応援するのも私の生き方です。

そして古典芸能なども。


三日間    お能と歌舞伎の映像を流します(DVDプレーヤー)

        又謡 長唄などの曲も


             和一色の三日間です


春ですね    楽しい木耶ラのきものサロンでお会いしましょう


関東の方も関西の方も九州の方もお待ちしています


17日にお越しくだされば18日には倉敷をご案内できると思います。


会場は大原美術館の敷地内です

by kiyara888 | 2015-01-30 10:14 | Comments(0)

海の正倉院    沖ノ島

d0161928_10473014.jpg





まあ、なんとも神秘的で魅惑的な島なのでしょう。

宗像神社には三人の女神が祀られていますが、おの沖ノ島には

沖津宮姫が祀られています。

女人禁止の島ですが、男性でも一般に人が入れるのは

5月27日に行われる現地大祭の時のみだそうです。

それも200名に限られますから抽選だそうです。


この島から出土した祭祀遺物八万点はすべて国宝に指定されています。

縄文時代 弥生時代のものも含まれています。


日本書紀にも登場するこの宗像大社はいつ頃創建されたのか不明だそうです。

脈々と今に伝わり存在する宗像大社  

沖ノ島のしきたり


う~ん、又訪れたいですね。

沖ノ島は無理ですが。




関連した本が沢山出版されていますから、興味のある方は又

お調べください。

いえいえ、取りあえずはお訪ね下さい。


神宝館にはその出土品が展示されています。



勉強するというよりは感じてきました。

海風に海鳥の声に感じながら眺めてきました。

この神秘的な島を

by kiyara888 | 2015-01-29 11:25 | 日常 | Comments(0)

海の正倉院    沖ノ島

d0161928_10473014.jpg





まあ、なんとも神秘的で魅惑的な島なのでしょう。

宗像神社には三人の女神が祀られていますが、おの沖ノ島には

沖津宮姫が祀られています。

女人禁止の島ですが、男性でも一般に人が入れるのは

by kiyara888 | 2015-01-29 11:24 | 日常 | Comments(0)

似た者同士が集まりますね。

なるほど、年を取ると新しい出会いをどんどん作るというのではなく、

世間をある意味狭くしていくことになりそうです。

そうしますと、本当に気にいった人だけになっていきますと

面白いことに同じ価値観の人が残りますね。

根底に流れるものが同じであれば、自分を介して出会う人たちも

すぐに気が合う。


よく観察していますと、なるほど、苦手な人達はやはり一塊に

なています。


自分の道を追求している人はどの分野であれ、生きている内に

蕾のままで開花することなく終わる人もいるようです。

有名な画家をみていてもそうですね。


生きている内には生活は貧窮し、その中で人生は終わるのですが、

ですが、やはり本物は後世の人に認められれて数百年たって開花する。


そして、やはりストイックに自分の道をまっすぐに生きている人は

違います。どこか違いますね。


私はそういう人がまだ、有名でないにしてもその生き方に美しさを感じます。

そしてやはりその芸、作品が違いますね。

なにかキョロキョロしている人、それが異性であったり、又、自分が

進んでいる道とは関係のない道へと要するに脇道へ行く人。

作品が違いますね。

脇道で一生懸命になる人はまああまり大した人ではないですね。

全体において大したものではない。


知識だけを頭に詰め込んでそれをただただ言いたい人。

そして知らないのかと遣り込める人。

それで素敵な人だとは思わないです。


本物はそういうものではないのですね。


ただ、私の周りに本当に知識のある方がいます。

この方は豊富な知識で私たちを豊にしてくれますね。

色々と勉強になります。

ですが、ひけらかすことも遣り込めることもされません。


私は自分が着物がちゃんと着れないのに、着物の検定を受けていくという人が

よく理解できません。

かなり日本的ですよね。

何でも検定を持っていたらいいと思うとは。

私は独立した時に、沢山の認定書は押し込みの隅においたままで、

まったくそういう肩書きを使用しませんでした。


一講師としてスタートしました。

取りあえず着ることですね。



素直な人がいいですね。


まあ、ストイックに生きている人は魅力的な人が多いです。

脇道にそれてばかりの人はもうひとつ魅力を感じませんね。


まあどっちにしろ似た者同士が集まりますから、もし私の近くにいたとしても

それはいずれ淘汰されていきます。


似たもの同士に結局はなっていくのです。

by kiyara888 | 2015-01-29 01:47 | 日常 | Comments(0)

木耶ラの親指講習会 博多にて   3月






           木耶ラの魔法の親指講習会博多にて


 
    2015年3月13日(金)14日(土)15日(日)
 
                10時から11時

         長襦袢の着方になります。お衿がたった一回で美しくなります。



d0161928_21582691.jpg





このような浮いたお衿が、下のようなお衿にたった一回の講習で変わります。

d0161928_21592340.jpg




実技になりますので、ご一緒に着あげてまいります。


      実技は長襦袢の着方までですので、着物の着方は致しません。
      博多は午前中は長襦袢から着物の着方までを通して行っています。
      それだけを一回受講されることも可能です。
     
    

                                                  木耶ラ




         



          

by kiyara888 | 2015-01-28 20:39 | 木耶ラの魔法の親指講習会 | Comments(0)

校正しました

次のコメント  刺繍作家長艸氏の刺繍についてかなり書き直しています。

真夜中に書きましたので、今書き換えました。

すでにお読みいただいた方はすみません。もう一度お読みいただけたら有り難く思います。

by kiyara888 | 2015-01-22 08:42 | 日常 | Comments(0)

パリのオートクチュールデザイナーステファン ローランと 刺繍作家長艸敏明氏 能楽師片山伸吾氏

d0161928_1492630.jpg



d0161928_1494236.jpg




d0161928_1495777.jpg




d0161928_1501294.jpg




転寝から覚めましたら

お顔見しりの刺繍作家長艸さんのお顔がアップになっていました。

パリのオートクチュールデザイナー ステファン ローランが京都の刺繍作家

長艸敏明氏を訪れた時の映像が流れていました。

パリでのショーで使用する作品に是非長艸氏の刺繍を取り入れたいと言う

希望で訪れたそうです。

2002年のお話のようですが、三日前に片山伸吾先生の社中さんから

この番組を観ましたとお電話があったところです。

見逃してしまったと思っていましたが、夜中に再放送したようです。

そして観世流能楽師片山伸吾先生が長艸氏の刺繍を

施した能衣装で舞われた場面まで登場しました。

ご自宅の能舞台のようです。

長艸氏は先生のお社中さんです。


デザイナーステファン ローランさんはこの能面に大変興味を

持たれたようです。









d0161928_1502585.jpg






二つの作品が出来上がりました


d0161928_247750.jpg




d0161928_2472678.jpg




d0161928_2475221.jpg






d0161928_2481281.jpg






d0161928_2483762.jpg





d0161928_249119.jpg






d0161928_2493037.jpg




ショーは先日寺田氏が絞りの展示会をされましたパリのルーブル美術館の地下の

ギャラリーで行われました。



コメンテイターも同じことを言っていましたが、残念なのは幅広で長いベルトで

せっかくの刺繍が見えなかったことですね。


ちょっと驚きました。

あれだけの見事な刺繍が広く長いベルトに覆われていたんです。

着物の場合は纏いましても一幅の絵として鑑賞できるようにデザインが

施されています。


それが隠れてしまっていることに、ちょっと驚きがありました。

日本人としては勿体ないと思ってしまいますが、デザイン重視の外国では

そうなるのでしょうね。


取りあえずは好評だったようです。



今パリでは日本ブームだそうで、日本の伝統工芸もかなり興味を持たれて

いるようです。

このように本物が紹介されることを祈ります。


京絞り   そして 志村ふくみ氏などの作品が昨年の12月パリでお披露目

されましたが、こうやって本物が、素晴らしい作品が世界へと紹介されると

うれしいですね。

by kiyara888 | 2015-01-22 01:50 | きもののはなし | Comments(0)

上達が目に見えました。着物の着方




岡山の教室もそうですが、博多の教室も皆さん、急に技術アップしていました。

年が変わったとはいえ、時間的にはそんなに変わらないのですが、

不思議なものです。


お休みに練習されたのでしょうか。

特に衿元をしつこく指導していますので、綺麗にできあがりました。

あとは裾線ですが、これはなかなか時間がかかるものですから、

まだ少し練習が必要です。


これがマスターできれば着物は本当にどなたが見ても綺麗な着姿になります。

お衿は角度のちょっとの違いで変わりますので、皆さん驚かれます。

まず見る目が必要なのですが、それは撮りためた写真を提示して

ご説明しています。


テレビなどは素材が沢山集まりますから。

それを写しまして、皆さん方に見ていただくわけです。


そうしますと、徐々に違いが理解できるようになります。

古くからいる生徒さん方は、そういう目が出来上がっています。


まずそれが大事ですね。


知識を先に押し込むよりはそうやって徐々に理解していただく方が

私はいいのではと思っています。


知識が豊富だからいいとは思えないのですよね。

まず着ることですね。



知識は本物の方にお聞きする方が一番です。

そういう意味で「木耶ラのきもののほん」のコーナー

「ほんもののおはなし」を掲載しています。


その道の本物の方からお聞きする方が一番ですから。

間違いがないですから。

有り難いことに京絞り作家さんなど身近にいます。

そして織に関しましてはなにせ浅井エージェンシーの浅井氏がいますから。

織に関しましては日本一の目利きだと評判の方です。


その方から直接お勉強できます。

他の方から聞く必要がないですね。

耳を貸すことはないですね。



東京の方から昨日本のお申し込みをいただきました。

ブログでお知りになったそうです。

大変興味があるとおメッセージいただきました。


こんなブログですが、東北から沖縄までコメントを頂いております。

北海道の方からはまだですので、お待ちしています。(*^_^*)

by kiyara888 | 2015-01-20 10:11 | 日常 | Comments(0)

お正月に二羽の鳥がおしゃべりを、日向ぼっこを。

d0161928_8555277.jpg










d0161928_8553722.jpg





この写真は三日のお正月に撮ったものです。

近くの川に普段はいない私にとっては珍しい鳥がいました。


烏よりは少し大きめで首のあたりが白くペンギン風にも見えます。

どこにでもいる鳥なのでしょうか?


今は鴨50羽が訪れています。



この二羽、かわいいでしょう?

二羽で何を話しているのか。


羽を広げて見せていますが、威嚇しているようではありません。


自慢している?

指導している?



ずっとこの二羽でのんびりと日向ぼっこをしていました。???


いつもは鷺がいます

鷺は川面を見つめたまま微動だにせずに何時間もたたずんでいます。

魚を口に銜えているところを見たことがありません。

人生は厳しいといつも思わされます。

生きていくことの大変さを見せつけられています。




この黒い鳥は餌を捕るでもなく本当におしゃべりを楽しんでいるように

見えました。


まあ、お正月でもありましたが。

by kiyara888 | 2015-01-20 09:55 | 日常 | Comments(0)