<   2013年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧

猿之助さん    仁左衛門さん




d0161928_21214783.jpg











d0161928_21224329.jpg



猿之助さんファンで全国をおっかけされています、南部さんのfacebookからお写真を

お借りしました。


猿之助さんのすぐそばで撮られたそうです。

金毘羅さんでの寺田氏 服部氏の展示会のお手伝いに四日間行っていましたが、

たまたまおうどんやさんでお隣のテーブルになりお友達になりました。


その後の博多公演では私の歌舞伎の会と彼女の日が偶然同じで

生徒さん方とご一緒にお弁当をいただきました。


それからずっとお友達です。といいましても、たぶん親子ほど離れていますね。



こんなに近くから猿之助さんを拝見することはないですね。

お見事です。

by kiyara888 | 2013-12-31 21:27 | 日常 | Comments(0)

紅白歌合戦が始まりました




紅白が始まりました。

どんどん若い出演者が増えてきまして、あまり興味を持てなくはなって

いましたが、それでも何故か観ています。


大人数だったときも、お節料理を作りながらもかけっぱなしで。

やっぱりあまちゃんがオープニングの曲になりました。


女性トップの浜崎あゆみさんは凄いですね。

地位がゆるぎない



あれれ、凄いですね。愛之助さんが審査委員の席に。

さて、取りあえずは今夜はゆっくりしまして、明日はお正月ですが、

原稿を書きます。

お掃除も。

年賀状も。


暮れからお正月のお休みにしたいことがいっぱいあったのですが、

もうあっという間に終わりそうですね。


12月は本当に色々なことがありまして、時間が足りなかったです。


走り続けた月でした。


着物の美しさがどこかへ違った方向へ行っているような。


う~ん、そのお衿でいいのでしょうかしらね。


う~ん。頭が痛い。



さて、久しぶりのあまちゃんファミリーのご登場。

ホントに面白かったですね。なぜか出演者の人々が懐かしい。

どこかで自分もその中にいたような気にさせるドラマでしたですね。

by kiyara888 | 2013-12-31 20:17 | 日常 | Comments(0)

今年も終わりに近づきました




いよいよ2013年も終わろうとしています。

もう12月?もう年の瀬と言っている間に2014年になるのですね。


今年は昨年に比べましたら、かなり忙しい年になりました。

きものの本といいますか、16頁の冊子を刊行したことは、大変有意義だったと

思いますが、二か月に一回の刊行となりますよ、かなり時間に追われることに

なりました。


ですが、これは元気なうちにやっておきたかったことであり、やはりこの本を

出したことで人生が変わった気がします。


数人の方々のお蔭で実現したわけですが、お陰様で思ったよりは反響がありました。


書かれていますことは、この着物生活の40年間と言う間に学んだこと、

そして研究したこと。


自分自身が着物を着続けてきてこの40年間経験したこと、そして指導の

研究といいますか、これもかなり勉強してきました。



お陰様で私の生徒さん方は衿元が奇麗だとおっしゃる方が多いですね。

一番研究してきたことがこの衿元でしょうか。


今年は遠くから教室に通ってくださる方が増えました。

本当に講師冥利に尽きます。


皆さん新幹線に乗って教室に来てくださっています。

岡山まで広島から  福山から  大阪から  そして米子から。

博多は熊本からお二人。


新幹線代を惜しいとは思わないというその姿勢には頭が下がります。


ドンドン年を取っていっていまして、本当に無理がきかなくなってきています。

どこまでこの状態を維持できるのか心配ですが、、とにかくこの本を書きつづける

ことにします。

生徒さんがたのテキストとしても。

by kiyara888 | 2013-12-31 19:17 | 日常 | Comments(0)

衿元の合わせは難しい?




「木耶ラのきもののはなし」 第5号には体型補正の胸の補正についても

おはなししたい思っていますが、次に掲載しています写真はとても可憐で

素敵です。

ですが、なぜか雑誌のモデルさんの胸の補正が気になっています。

フットボールの選手のような胸になっているような。


補正は入れすぎると本来の着物の良さがなくなるような。


次に掲載います古い写真は胸のあたりも自然です。



本来の着物の美しさの写真ですね。


さてお正月

振袖姿のスターたちが登場です。


先日テレビに登場しました振袖姿の女優さんを見まして、ちょっとがっかりしました。

喉のくぼみの下で長襦袢の衿を合わせていましたから、若々しさが足りないんですね。

30代以上くらいから(人に寄りますが)は衿の合わせは喉の窪みの下ですが、

若い女性、ましてや振袖には喉の窪みを隠さないと、若々しさ、かわいさ

がでません。だらしなく見えてしまいます。


ここまで頑張ってきた若い女優さんが気の毒いと思ってしまいます。

今年もでしたら、振袖の衿合わせでジェジェジェと思ってしまうものが多かったですね。

生徒さん方にもそれがわかっているようで、お正月開けましたらその話でもちきりでした。


あるグループの長襦袢のお衿が左右出方が違っていました。

ほとんど全員。


これはベルトを使用していて、それが同じ位置にとまっていませんから、

着つけたときは同じになっていましても、動くとベルトが元の位置に

戻ろうとしますので、ひっぱられてしまったわけだろうと思います。


こうやって来年も色々と気づいたことをお話していきたいと思います。


来年の2月に博多で開かれます絞り作家の寺田氏の展示会のお手伝いを

しますが、その時には、色々とご相談をお受けさせていただきます。


お着物姿でしたら、どこをどうすればいいのかをご説明できると思います。


なぜそうなるのかは、お姿を拝見しただけで、わかりますので。

何が原因なのか。どうすれば直るのか。


その場でアドバイスさせていただきます。

by kiyara888 | 2013-12-31 09:22 | 日常 | Comments(0)

うつくしい着物姿    









d0161928_8231698.jpg



ワアア!美しい。お顔もですが、お衿が美しい!

本当に素敵な写真です。

胸がときめく着物姿です

facebook  「日本伝統を継承する会」から

by kiyara888 | 2013-12-31 08:26 | 日常 | Comments(0)

一歩を踏み出す



今年は昨年に比べますとかなりいい年になったようです。

昨年まで数年間、大殺界の真っ最中でしたが、本当にその通りになって

しまいました。

この大変な時期を乗り越えまして、今年は前進の年になりました。


来年は大殺界から抜け出すそうです。


やっと希望に満ちた人生が始まるのでしょうか。

いやいやそれはわからないですね。


本当に何がおきても不思議ではない。


ですが、それまでをしっかり楽しむことにしています。

つかの間の幸せな時間があるのなら精いっぱいたのしみます。

その後に何がおきても幸せだった時があれば受け入れることも

できそうです。



さて今日は母より少しお若いお仲間から手紙が届きました。

「木耶ラさん    いよいよ年の果迄来てしまいましたね。あなたとは

日一日と親交が深くなりうれしく思っています。

常に前向きに歩いて行かれるエネルギーは側で拝見して心地よいものです。

少々無理かなと思うことも気分次第です。老いたれば尚のこと気力が

必要です。来年もよろしくお願いします。


彼女は私が教えました福岡の気性 いえ九州の気性でしょうか

これがすっかりお気に召したようです

「なんやかんやいいんしゃんな   そげなことどうでもよかばい」

ちょっと九州弁違うかもしれませんが、

そんな小さなこと言ってどうするの、どうでもいいじゃない  まあ飲みましょうよ

楽しみましょうよ  という気質があります。


彼女が何かに落ち込みそうになるといつも「そげなことどうでもよかたい」と

言うことにしています。

そうしますとまるで魔法のことばのように彼女は元気になり

「そうたい そうたい  どげでもよかたい」と返してきます。


魔法のことばです。




博多で希望者と二人で始めた俳句の支部?

二人で句会できないけれど・・・・・・・・・。


何とかなる  何とかなる  と一歩を踏み出しました。     そして今   八名。  


先ほどのご年配のお仲間はすっかり博多の草蔵の会がお気に召したようです。

准会員のなりました。



仕舞 謡の教室も立ち上がりましたが、


無理と周りで言われましたが、やってみないとわからない

取りあえず 一歩を踏み出さないとという思いでした。


一歩を踏み出した後で駄目だったら諦めますが、一歩も踏み出さない内に

諦めるなんてできません。


そして思いがけない展開になってきています。



お正月お見舞いに行くはずだった叔母が急に亡くなりました。

90近くまで元気に生きました。


電話での最期の言葉も「私は大丈夫よ。あんたは大丈夫?」次の日亡くなりました。

私は大丈夫なんて・・・・・・ もう大丈夫じゃなかったじゃない。叔母さん。


転移する癌 でも最後まで明るく元気だった叔母。

又 癌なのよ  アハハハ  という電話をしてきました。


ぐずぐずしている暇はありません。

あと何年生きられるのか65を過ぎたらもう80歳も一緒です。

何が起こるかわからない。

だとすれば、明るく元気に生きていきたいものです。


何とかなる  何とかなる   そげなことどうでもよかたい


取りあえずは第4号を発行することにしましょう。


今日は一気に半分書き上げました。

あと半分は4日までに仕上げます。


誰も書かなかったことを書いています。


取りあえず一歩を踏み出しましょう

by kiyara888 | 2013-12-30 20:27 | 日常 | Comments(0)

今年もあと少しで終わりですね。



今年がもう少しで終わります。

この年は私にとっては大変な年になりました。

ですが、まあエネルギーいっぱいの年になりました。



昨年はひどい年で、それ以前から何かと心配ごとの多い年が

数年続きました。


身体の具合も悪く、歩くことが難しいほどの大変な経験もしました。

それも昨年の12月の28日に急に治り、この一年は歩けることの感謝で

頑張ってきたような気がします。



今日母と電話で話をしましたが、驚きました。

この一年、母の話はまったく同じ話題を2分ごとに繰り返すというものでしたが、

今日は次から次へと話題が変わり、まったく普通の会話です。


母は蘇ったようです。

デイサービスの方々の親切が母を蘇らせたようです。

とても楽しいと母は最期の人生に満足しています。


死にたい、誰も話をしてくれない、と色々愚痴を言っていましたが、

他人のプロの方々が母の人生を変えました。


実の娘が変えることができませんでしたのに。


博多に戻ると宣言しましたが、母の心配がなくなってきていたのと、

なぜか岡山 倉敷に遠くから通う方が増えていっていまして、

動きが取れなくなってきたのも博多へ戻るきっかけを失っていたのかもしれませんですね。



ここで休憩します。パソコンが動かなくなってきました。

by kiyara888 | 2013-12-30 17:53 | 日常 | Comments(0)

第4号  二重太鼓が結びやすい帯とは?




昨日は疲れで原稿がなかなか進みませんでしたが、

今日は疲れもかなり取れたようでして、朝早くから原稿を書いています。

第4号は帯について、特に袋帯の二重太鼓の結び方の問題点について

お話をしていこうと思っています。


これは長い間の経験からわかったことですが、なぜ二重太鼓が難しいか、

なぜもっと楽に結べないかということを考えましたら、やはり原点に問題が

あったわけです。これに気づきました。


このことについてかなり長くお話したいと思っております。

それを今朝一気に書き上げました。

前に書いたものをやり直しています。


これはどちらかといいますと生徒さん方へまた初心者の方々へというより

帯をお作りになっている方々へのお願いになりますでしょうか。


結び安い帯をお作りいただけたら二重太鼓はずっと楽になるわけです。

着崩れない帯としましても。


是非お読みいただけましたらありがたいです。

そして今度は読者の方へ。

少々胴回りが大きめの方は是非この第4号をお読みくださいませね。

帯を購入します時に、とてもお役にたてると思います。

この帯でいいのかどうかがあっという間にわかるといったことを

おはなしします。


そしてどこまでを半分に折ってもいいのかということも。

生徒さん方の中にはここまで半分にしてはいけませんというところまで

銅に巻く部分とお太鼓を作る部分の境目がおわかりにならないようで、

折ってありますですね。


それもここまでということをはっきりとお伝えします。

帯を一気にまとめています。特に今回は二重太鼓についてですから

袋帯が登場します。

勿論第4号ではいいつくせませんから、また続きでおはなしをしていきたいと思います。


いずれは着物の着方 帯の結び方の本も執筆したいと思っています。

なぜ一分半でゆっくりと着ることができるのかも書いてまいります。

12号まで一気に刊行しますが、12号で一回お休みをします。


あまりにも忙しすぎまして・・・・・・・・。


少しお休みをしまして充電期間を設けます。

数か月ゆっくりします。

執筆するにあたってはやはり中味に間違いがないように研究も必要ですから。

来年は英語版ができそうです。

まあ来年のことはわかりませんが。



第3号もう一度校正しないといけませんが、


中味はお役にたてるのではと思っております。

特に裾の着崩れには大いにお役にたてるとおもっております。


これは私のアイデアではありませんが、伝達していきたい内容です。


さて来年も続けて書いてまいります。


ご愛読ありがとうございます。

by kiyara888 | 2013-12-30 07:54 | 日常 | Comments(0)

アップル社



このパソコンは購入しました時から調子があまり良くないのですが、

(使い方が悪いと言われそうですが、二つ前のは一度も修理にださなかったのですが、

かなり長い間使用できました)

買い替える時がきましたら、アップルにしようと思っています。

用紙を買いにデオデオに行きましたら、昔のイメージとは違っていまして

かなりお安く使い方も簡単になっていました。

いつの話と言われそうですが、お店でもあまり目につきませんでしたので、

人が持っている昔のアップルのイメージでした。

今は指で操作するようです。


実は用紙を買いに行きました時にアップル社の方が営業に来られていまして

かなり色々と教えてくださいました。


iパッドとの互換性もいいですし。

仕事にはかなり重宝しそうです。


あまり詳しくはないのですが、それでもこういうものは好きですね。

時間があれば教室に通いたいくらいです。

もっと使いこなせますように。

それにしましても伸吾先生は本当に色々と使いこなされています。

どうしても不思議なことがあるのですが、今度お聞きしてみましょう。


出張が多い人には強い味方です。

パソコンも辞書も必要ありません。

本は基本的に本の方がいいと思っていましたが、字が大きくなるんですよね。

これが便利です。大きな字で読めるというのがいいですね。

今は傍で謡を流してくれています。


CDを録音したものです。謡はまだネットではないようですから。

覚えたいところだけを録音しました。自分で買ったたCDを自分で聞くために

録音するのは犯罪になりますか?どうなんでしょうね。

by kiyara888 | 2013-12-30 05:55 | 日常 | Comments(0)

一応お休みに入りました。



昨日は一日自宅にいまして、しなくてはならないことが沢山あったのですが、

やはりお休みとなりますと急に溜まった疲れがでてきまして、仕事は

まったくはかどらず、一年に数回のお昼寝でもしてすっきりしようと

思いましたが、何となく考え事をしている間に夕方になってしまいました。


昨夜はEテレで26日に千秋楽を終えました南座の顔見世の演目二つを放映していました。

中車さん、猿之助さん出演。


猿之助さんは来年はもっとご活躍されそうですね。

スーパー歌舞伎第二弾なるものをご披露されるようです。

どこまでも果敢に挑戦なさって凄い!30代というのは振り返りましても

心身ともにエネルギッシュな時ですね。

20代より元気だった気がします。

60でかなり体力が落ちてきますし、人との競争心も薄らいでいくものです。

元気がない30代の方をみますと勿体ない気がしますですね。

今でしょう!といいたくなります。


どんどん元気なくなってきます。体力的だけですが。

気分はまあ大丈夫ですが、それでもやはり体力がないとなんともなりませんですね。



仕事がほんとにはかどりません。

ですが、今ぐっすり寝まして目が覚めたのですが、かなり元気を取り戻したようです。

昨日はまったくブログも原稿も書く気力がありませんでした。

かなり疲れていましたですね。


そうそう仕事で頑張っていました生徒さん。数日前は私のことも心配してくださって

いましたが、入院されたと連絡が入りました。

過労とストレスから大分お疲れでしたが。


私も少し家でゆっくりすることにします。


戻ってきたIパッド。

使えるようにと昨日いじっていましたが、アプリを大分取り込みました。

100円でしたアルバムが大変便利で、項目ごとに整理できまして、スライドショーも

できます。好きな音楽も入れることができますので、素敵なスライドショーになります。

これは作家さん方から送られました作品を作家さんごとに整理しましてスライドショーで

見ます時に役に立ちます。


音楽がついていますから素敵なんですよ。



あとは先日俳句の会で博多の立ち上げ吟行で撮りました写真のアルバムを作ります。

さてスライドショーのバックの曲は?

100円のアプリです

こんなに楽しめるとは。

by kiyara888 | 2013-12-30 05:17 | 日常 | Comments(0)