<   2013年 05月 ( 61 )   > この月の画像一覧

いよいよ六月






d0161928_23182581.jpg


                        ひょうたんのはな  




今日は一日更新しなかったですね。毎回何回もブログを開いてくださっている方々、

お待たせいたしました。

ちょっとやっておかなければならない仕事がありまして、遅くなってしまいました。


今クーラーが入っているかと思うほどの涼しさです。


心地よい温度でしょうか。

毎日これでしたら助かります。


ちょっと蒸し暑いですと、やはり疲れますですね。


あっという間にもうすぐ六月です


六月は完全なる単衣の時期。

当然みなさん今はお単衣をお召しでしょう。

6月はお単衣の着物に夏帯などを締める方もいらっしゃいますね。

その場合には長襦袢は絽 お衿も絽など    帯揚げも 帯締めも夏物に変えます。


季節の先取りはおしゃれとされていますが、特に小物などが早いですね。


お単衣をお召しの方、絽のお着物をお召しのかたと、この季節になりますと、

それぞれですね。




夏に着物を着ますのはなかなか楽しいものです。

by kiyara888 | 2013-05-31 23:29 | 日常 | Comments(0)

入会希望更新中





d0161928_7403161.jpg






六月の着物教室への入会希望者は4名。

果たして暑い夏の7月はどうでしょうか?


大分のお友達もご紹介しますとおっしゃってくださったので、この方が参加なされば

7月も更新可能?



4人の希望者の内一名は岡山教室ですが、岡山は去った生徒さんがいませんから増え続けていることになります。


転勤だった人はお一人戻ってこられました。


京都へ転勤された方は引き続き京都の教室へいまいらしています。編入っていうところでしょうか。

東京へ転勤されました方は日本橋での展示会に毎年家族全員(ご主人 娘さんにお孫さん)で

来てくださっています。

このブログも読んでくださっていらして、こちらのニュースを懐かしがってくださっています。


今年も10月には日本橋の丸善さんに一週間滞在しますので、お目にかかれると思います。


前回は芝雀さんの奥様のバッグをお求めでしたが、とても素敵ですとお電話でお話

されていました。



で、やめた方はいませんので、どんどん膨らんできています。

土曜日にもう一教室をつくりましょうよという話もでています。



この岡山の教室は会社を経営している生徒さんが会社の中に作ってくださった教室なのですが、


福岡に戻らないといけないという話をしましたら、突然呼び出されまして、社長室に。


「先生、私の一生はどうしてくれるのよ。岡山を見捨てないでください。私も」と

机をたたかんばかりに言われまして噴き出してしまいました。


彼女の未来の設計に私がいるそうです。


彼女の強い希望がこうやって人を集めているのでしょうか。


あなたの念力なのかなあって言いましたら、喜んでいらっしゃいました。



博多の生徒さんからは早く戻ってきてくださいと言っていただいていますし、

本当に講師冥利に尽きます。



暑くなりますが、頑張ります。

by kiyara888 | 2013-05-30 08:01 | 日常 | Comments(0)

お見事なるファン

舟乗り込みの写真の掲載の許可をくださったこの女性は、猿之助ファンですが、それが

見事なるファン。

三重県から車で金毘羅さんまで三回もお越しになったとか。

私がお目にかかったのは、初日の公演の後。

それからファンの会、そしてもう一度公演の鑑賞。


京都 大阪の朗読劇  そして博多の襲名披露公演 舟乗り込み


私は仕事で四日ほど滞在していましたが、その間におうどん屋さんでお目にかかりました。

お隣通しでそこの奥さんを交えて猿之助さんの話で盛り上がりました。


それからお互いにメール交換をし、お付き合いが続いております。



今回も三重県から車で大阪空港までいらしたのか、朝3時出発とfacebookに書かれていまして

驚きました。私よりはだいぶお若いのでお元気なのはわかりますが、でも凄い。


こういう人生もあるんだなあと感心しています。


昨日脳の老化現象の前に感情の老化現象が先に始まるとテレビで話していました。


感情の老化現象といいますのは、愛するという感情もそうですし、怒りもそうだそうです。

年を取ってお父さん丸くなってきましたね  という話を聞きますがそういうことなんでしょうね。


で思い当たることがあり、ちょっとドキッ!


仕事などが面白く、嫉妬などの感情を持つのも面倒なので、恋はもういいなんて言っている人は

恋をしている人よりも早や死にだそうです。


おやおや。

感情が穏やかになるというのも、恋をしないのも老化現象だとは。


まあ、面白いと思うだけで、気になると言うことはありませんが。



トマトに愛情掛けてどうするんですかと生徒さんに言われましたが、このように

猿之助さんを追いかけるということも情熱がなせるわざですから、彼女は

大丈夫でしょうね。



恋人ではなくても夢中になれるものがあるということはいいことですね。

彼女の存在はもう猿之助さんもご存じでしょうから、彼女の顔が見えただけで

猿之助さんもほっとなさるかもしれないですね。


ああ、今回も来てくださっているという思いはお持ちでしょうね。


時間とお金がある人はいいわよと簡単にいう人も多いですが、

ですが、すべてをこれにかけていらっしゃるのかもしれませんですし、

一概にそうは言えないんですよね。

お金ではなく、やはり情熱の問題なのですから。




何にしろ、情熱をもって生きるということがやっぱり寿命が延びる伸びないにかかわらず

とても素敵な生き方だなあって思いますですね。


さて、私は・・・・生徒さんにかける情熱でいっぱいでしょうかしらね。

by kiyara888 | 2013-05-30 07:10 | 日常 | Comments(0)

博多座六月大歌舞伎  舟乗り込み




金毘羅歌舞伎の最中に金毘羅さんでのお仕事の最中におうどん屋さんで
知り合いになりました南部さんという方のお写真です。
今日、この舟乗り込み をご覧にお越しになったようです。
写真を沢山アップしてくださいましたので、許可を頂きまして掲載しております。



d0161928_21274262.jpg

                                       舟乗り込み






d0161928_21275944.jpg

                                      猿之助さん                                     







d0161928_21284017.jpg

                           
                                       中車さん






d0161928_21311429.jpg

                                     口上








d0161928_21323849.jpg

                                    笑三郎さん

by kiyara888 | 2013-05-29 21:29 | 日常 | Comments(0)

雨に関する季語

d0161928_7252235.jpg





                         最新俳句歳時記 夏 より



虎が雨

   曽我兄弟が討たれた陰暦五月二十八日には雨が降るという俗説があり、祐成と契った

   大磯の虎午前の涙であると言っている。

   奥州南部地方では、この日三粒でも雨が降ると、曽我の雨と言って、

   曽我五郎が苗代を歩いて踏み荒らすと言い、それを防ぐために苗じるしの竹を

   立てる。

           この季語で俳句を作るのは少々難しいです




青時雨

   青葉のころ、木々に降りたまった雨が、木の下を通りかかるとばさりと落ちることをいう

             綺麗な季語です   結構使われています



夕立    ゆだち  よだち  白雨  夕立雲  夕立風   夕立後  夕立晴  夕立つ


             夕立でもこれだけの季語があります。動詞もありますですね。



雷   

        いかづち   はたたがみ   鳴神   雷鼓(らいこ)


             雷は夏の季語です   


走り梅雨      迎え梅雨    前梅雨

  五月の末ごろに、一時、梅雨らしい現象がおこる。
  梅雨の前触ぶれと言い、東日本に多い。




五月盡 ごがつじん


  五月の終わりの日。
  もっとも快適なシーズンも終わり、梅雨から盛夏を迎える時期である


          ちょうど今ですね。





俳句を初めて10年。早いものです。

ちっとも上達をしていませんが、季語を沢山知りました。

こんなに美しい言葉がこんなに沢山あるなんて、俳句をしなければ

こんなに沢山の言葉を知ることがなかったかもしれませんですね。


やめないで続けていますと何かいいこともあるような。


句会は楽しいですよ。博多の会は初心者が今のところ3人。

楽しい!ってみなさんおっしゃっていました。


先生不在ですが、先生からの添削がいい勉強の道しるべになります。


添削の返信をラブレターのごとく待ちわびるようになりますですよ。


お世話係の私の句がねえ・・・・・・・・・・・・・

問題です




先生からの連絡がありませんので、たぶんご旅行?

でしたら、このブログはご覧になっていらっしゃらないでしょうから、大丈夫ですね。



実は私は俳句より短歌の方が好きなんです。



ですから短歌のクラスも発足と思っています。

この草蔵では俳句は必ず作りますが、そのほかに短歌 詩も発表します。

俳句だけの方も多いのですが、すべてを発表されている方も。


今回新しく入った方からも短歌はしないのですか?と聞かれましたので、

いずれ短歌もと思っています。

六戈先生は角川短歌賞をお取りになった歌人でもありますので、ご指導を受けないと

勿体ないですね。


以前にも書きましたが、作品主義の方です。

ですから前回のように初心者が私を軽く追い越すということもありますが、

なぜか嫉妬、妬みなどはないですね。これは不思議にほかの方もないです。


私などは先生から戻ってきました添削の結果を見まして、嫉妬どころか

笑ってしまいました。

こうなるぞと少し覚悟はしていましたですし。




嫉妬 妬みなどこんな不必要なものに人生振り回されるのはまっぴらごめんだと

思っています。人生の無駄。


嫉妬する前に自分を磨くことが先でしょうね。

努力をしないで努力する人を嫉妬するのは100パーセント間違い。

そんな小さな嫌な人間にだけはなりたくないですね。

私は昔から嫉妬 妬みという感情は少ないですね。

それよりは努力をしますでしょうね。



それにしましてもやはり新人の方々の俳句は新鮮でいいですね。

努力だけでは得られないものがありますですね。


努力だけでは得られないものもあるんですね。



う~ん 人生は複雑

だから、楽しい。


























      

by kiyara888 | 2013-05-29 08:07 | 日常 | Comments(0)

梅雨入りしました






d0161928_6422795.jpg




梅雨に入りました

ちょっと早いような気もしますが


雨の日でも着物で出かけますが、雨コートに傘があれば問題はありません。

大雨の場合でも着物ですが、足袋の替えは必ず持参します。


少し大きめのバッグには雨コート、傘、クリップ(大雨の場合は着物の裾を折り上げ、

クリップで帯に止めておきます。

腰紐でしたら、皴が寄りますので。


それから訪問着用などのお草履などは道中には履きません。

雨用のお草履を履き、会場で履き替えます

お天気でも新幹線などを利用します場合には道中は訪問着など用のお草履は

履かないです。やはり途中で履き替えます。


それからタオル。雨をハンカチで拭いましても追いつきませんので。

今からの出張には必ずこういったものを必ず入れておきます。お天気だとしましても、

行っている間にお天気が変わるということがありますから。


雨コートもまた昔とは違っていますね。素敵な色柄が沢山あり、昔作ったものが

色あせてみえます。  


一回作りますとなかなかあとは作りませんが、新しいものを見ていますと

やはりおしゃれで欲しくなりますですね。


雨の日に素敵な雨コートをお召しの方に出会うことがありますが(最近はめったにないですね)

やはり振り返ってしまいます。


私はなぜかモスグリーンで作っていますが、雨の日はやはり明るいお色目の方が

いいような。

傘も合わせて・・・・・・・。

こうなりますと雨の日も楽しくなりますですね。

by kiyara888 | 2013-05-29 07:12 | 日常 | Comments(0)

袷に夏帯?








先ほど、電話である方と様々な話に盛り上がっていました。

女性で着物関係の方。


京都の方ですが、「今日な、木耶ラさん おかしな人を見かけたわ、遠目に素敵な方なんだけれど、

近づいたらなんと絞りのお着物、それも袷、そして帯は夏帯。

どこから見てもある程度のお年で着物も見るからに高級品。


どないなってるんかなあ。というお話。

袷の絞り、この時期には暑すぎますね。それに飛んで夏の帯とは。

袷に夏帯を合わせることはできませんですよ。

by kiyara888 | 2013-05-28 21:22 | 日常 | Comments(0)

更新中






d0161928_1453640.jpg



生徒さん、またお一人入ってみえるかもしれません。


今日また歩いていましてお声をかけていただきました。

娘さんに着物を指導してほしいというご相談を受けました。


結局着物を着て歩いていますから、これが一番の宣伝になっているようです。


衿がいいですねと言っていただけます。

そうなんです。襟の研究と着崩れがしない研究をしています。


入ってきたばかりの方々はまだしっかりとは理解されていませんから、上達までには

時間がかかりますが、ですが、近い将来絶対にあっと驚く着物姿に変貌します。


それまでのご辛抱です。


そこから先は楽ですね。

取りあえず自信を持って着れるようになりますと、あとは着物と帯の合わせ方など

衣替えなど尽きることがない奥の深い世界へと導かれます。


未知の世界へと

by kiyara888 | 2013-05-28 15:38 | 日常 | Comments(0)

真夜中のつぶやき




d0161928_0181755.jpg

                                         ギリシャのfacebookより



今日も一日終わりました。

昨日は4時半起きで博多へと。

午前 午後の授業を終え、句会会場へと。

句会を終えホテルへ。


と一日休みなく動いていましたが、

さすがに今朝からちょっとダウンしていました。


私は早寝早起きタイプですので、朝早く起きるのはほかの方よりは大丈夫なのですが、

このところ夜ぼんやりと意味なく起きていることが多く、早寝とは無関係になっています。

ですが、早起きは相変わらずですので、就寝時間歓喜なく朝目が覚めてしまいます。


で結局いつも寝不足状態です。


いつもは朝はばっちりと目が覚めていまして頭も冴えていますが、この頃は

ぼんやりと眠たい午前中を迎えてしいます。


60超えた人の最低必要睡眠時間って何時間なんでしょうかしら?

5時間でしょうか?


次回の句会は6月23日の日曜日の夕方です。

by kiyara888 | 2013-05-28 00:32 | 日常 | Comments(0)

博多の句会第二回目

楽しかったあ!今日も新人がご登場。

初心者だけの句会。

まあおもしろい。私のつまらない俳句がかすんでしまいます。

句会後はビールで乾杯。


早く会員10名にして先生に来ていただこうと、皆さん張り切っています。

まだ今日入ったばかりの人を交え、立ち上げ会の吟行の場所、

お料理などの話で盛り上がりました。

大体は決まったのですが。


「で、木耶ラさん、まだ4名足りないんだけど」

そうでした、そうでした。

じゃあ、皆で目標達成しようとあらためて乾杯しました。

by kiyara888 | 2013-05-26 20:56 | 日常 | Comments(0)