<   2013年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

響士郎君に会ってきました。

d0161928_17333777.jpg






響士郎君です。

甥の息子なので私は大叔母?

二月半で6キロ近く。

大きいですね。。


赤やんは平和を運んできますね。


いい時代が来てほしいですね。


彼らのみらいのために








**********************************

by kiyara888 | 2013-04-30 17:24 | 日常 | Comments(0)

俳句の会  着物教室 参加希望の方が昨日もありました。

又お一人俳句の会に入会されます。

これで会員は現在6名。

4月1日に発足しました時は私を入れて二人。

これでは句会をすることはできないのですが、

取り敢えず初句会は4月28日と決めました。


取り敢えず、第一歩を踏み出すことにしました。

そうすれば道は大きく開いてくれるというのが持論です。


そして句会当日は会員は五名になっていました。


句は25句です。

この中から自分がいいと思う句を五句を選ぶわけです。

「自分の句を選んじゃいけないんですか?」

「いけませんよー」  (笑)


ただ、先生がお選びになる句と人気句が同じとは限らないというのが

面白いところです。


先生の添削が届くのが楽しみになります。


まあ 兎に角初句会は楽しかったですね。


で、昨日その話題から一名入会希望を出されました。

これで6名。


4月1日に一歩を踏み出して正解でしたでしょう?



足踏みをしながら考え続けるというより、取り敢えず一歩を踏み出してみる

というのが私の生き方ですね。


何かを始める前に、見事に出来ない理由を並べ立てる人がいますが、

それでは絶対に出来ないです。


マイナスな条件、絶対に無理と思われるようなことでも、

一歩を踏み出せば奇跡が起きる場合があると思うんですね。


それでも無理だったら?

その時は諦めますけれど、一歩も踏み出さないなんてことは出来ないですね。



このブログ大勢の方に読んでいただいているようですが、

好意的でない読み方をされているかたもいらっしゃるようです。

その方には呪いがかかるようになっています。



なんて嘘ですよ。

そういう読み方でも何でも結構です。



着物教室もまた福山から岡山教室に一名ご入会。


遠いところからありがとうございます。

頑張ります。






























足踏みしていても始まらない。

そう思います。

by kiyara888 | 2013-04-30 08:50 | Comments(0)

佐佐木六戈先生  今月号の 『角川短歌』に作品が掲載されています。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*




今月号の『角川短歌』に佐々木六戈先生の作品が掲載されています。

「草藏」の主宰である佐佐木六戈先生は歌人でもあります。

今回は歌人として「角川短歌」に作品が掲載されています。





*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*












by kiyara888 | 2013-04-30 01:14 | 日常 | Comments(0)

句歌詩帖  草藏 博多の会 初句会

d0161928_745565.jpg




会員は私達四人に来月からお二人増えます。

まあ、初対面とは思えないほど、句会のあとの懇親会も盛り上がりました。


早く先生にご紹介したいですね。

立ち上げ会には全国から集まってくださいますが、博多吟行を予定しております。

金印の志賀島?


六戈先生と日程を調整中です。













まあ、それまでに会員が増えるといいですね。

今は六名です。

by kiyara888 | 2013-04-29 07:28 | 日常 | Comments(0)

博多で俳句の会を立ち上げました

d0161928_836838.jpg



博多にて立ち上げました博多「草蔵」の会。

今日が初の句会になります。

「草蔵」は佐々木六戈先生の元、俳句・短歌・詩を作り学んでおります。


この俳句の会は六戈先生不在で行いますが、東京在住の先生のもとに作品を

送り、添削が戻ってきます。

この添削がまあ、面白い、勉強になる、楽しい。


2000年に角川短歌賞を受賞なさいました歌人でもいらっしゃいます。

角川短歌  角川俳句で時々先生の作品が掲載されています。


受賞なさった時の審査委員長は岡井隆氏。


六戈先生につきましては、また後日お話いたします。



教室はホテルオークラの前に位置します祇園居酒屋「うまか遊び庵」

4時から始まります。ご見学大歓迎でございます。


今日は若き弁護士君も四国から参加です。会員です。

まだ会員は私を入れて二人という状態で立ち上げました。

まあ句会までにはなんとかなるわと思っていましたら、やっぱりなるものですね。

もう会員5名  来月新しい方が入られますので、6名。


会場がない、まあなんとかなるわ。   立派な会場をお貸しいただけます。

お茶もあるよ   ビールもあるよ と持ち主の庵ずっさん。

まあ、早く先生をお呼びしないと。

年に二回ほど先生をご招待できればと考えております。



さて博多へと出発です。

明日は



月曜日はお能の会の準備に入ります。

打ち合わせなどを。


まずはチラシ作りに情熱を注ぎます。

by kiyara888 | 2013-04-28 08:43 | 日常 | Comments(0)

着物のメール




毎日生徒さんからメールが届きます。中味はいろいろですが、お写真が送られてきます。

着物のお写真で、どこが悪いか指摘してほしいとのこと。

何しろ、月に一回ですから、不安もおありでしょうね。


こうやってチェックさせていただきますと、こちらも安心。

でもこういうのうれしいですね。

by kiyara888 | 2013-04-26 18:51 | 日常 | Comments(0)

さつきさま




以前に話題にでておりました、繰越し八分でももとに戻る方がいるというのはちょっと

理解できないですね。


私の生徒では八分にしてから、もとに戻るということはなくなりました。

今ではまったくと言っていいほど、着崩れはなくなりました。

まだ初心者では無理ですが。会得するとそれは解消されます。


会得といいますのは、木耶ラの親指を使用しての衿の合わせ方です。


これでしたら、着崩れがなくなります。


有り難いことにこの襟が今注目されています。

また東京でも講座を開きたいと思っております。

by kiyara888 | 2013-04-26 18:42 | 日常 | Comments(0)

           能に親しむ会     

              d0161928_9163377.jpg





d0161928_9115788.jpg




観世会館で毎年行われます 「能に親しむ会」

今回は6月16日日曜日 午後1時半より


今回は伸吾先生のご長男 峻佑さんが初めて初シテに挑戦なさいます。

これは記念すべき初シテお披露目記念日ですから、もう今からワクワクしております。


まだ小学三年生におなりになったところですが、本当にプロ根性がおありになります。

1時間以上の正座も「平気だったよ」とおっしゃいますし、新しい能の出演が決まりますと

「やったあ」と叫ばれるそうです。


今年はほかの先生がたからんの出演依頼があり、ひっぱりだこでいらっしゃいます。

お父様と離れてお一人でお出かけになるんですよ。

お顔もかわいらしくイケメンで、お声はしっかりしていて、もうすっかり大ファンです。




今回も出演者は豪華ですね。

峻佑さんは「岩船」 伸吾先生は「屋島」の「弓流」 

そして

人間国宝お二人   片山幽雪先生     山本東次郎先生

 片山九朗右衛門先生    観世銕之丞先生   

銕之丞先生は井上八千代氏のご主人様ですね。


チラシは明日先生よりお渡しいただけると思います。

by kiyara888 | 2013-04-26 09:16 | Comments(0)

やっと届いた本




心待ちにしていました本が二冊届きました。

これが古本?っていうくらい綺麗です。二つとも。

もう新刊では手に入らないかもと思いましたが、こんなにきれいとは。



吉本隆明の「ほんとうの考え・うその考え」 賢治・ヴィヨン・ヨブをめぐって という副題が。

そしてもう一冊は「ヨブ記」


この本を待っていました。


たぶん死ぬまで何度も読むことになるであろう本です。

by kiyara888 | 2013-04-25 21:11 | 日常 | Comments(0)

おはようございます

忙しくってすみません。色んなことを忘れています。

本当に65になると(まだですが)、朝起きて今日するべきことを忘れてしまいます。

お芝居の時間を忘れた役者さんがいましたが、そういうことはないですが。

まあ、依然からさざえさんではありますが、だんだんひどくなります。

記憶力をなくしかけている母よりひどいかもしれません。

母の方はデイサービスでかなり良くなっています。良くなることはないのでしょうけれど、

会話がありますし、得意のピアノや韓国語学を係りの方に教えているようで、それが

生きがいになっています。毎日楽しい楽しいと過ごしてくれていますので、ほっとしています。


やはり人との関わりは大切なんですね。


私も今年は足が動くようになりまして行動がまた多くなったせいか、新しい出会いが沢山あります。

面白いほどに。

それに着物で歩いていますと、お声をかけてくださる方が増えました。

昨年までも観光地ではよくお声をかけていただきましたが、今年は様々な場所で

そういうことがあります。

信号待ちをしているとき、喫茶店で一人お茶を飲んでいましたら、お会計を済ませられた方が

ご主人をおいて一人で近づいていらしたり、エレベーターで、デパートの化粧室で、

金毘羅さんでもお声をかけていただきました。

階段の途中だったりです。

ほんと、馬子にも衣装ですね。

寺田氏の着物をずっと着ておりましたが、素敵ですねとかなりお褒め頂きました。


ホント馬子にも衣装です。

お洋服姿でお声をかけていただくことはまずないですね。


年と取るとともにお声をかけていただく回数が増えるとは、やはり着物ならではでしょうね。

楽しい老後が待っています。(笑)


歌舞伎に行きましても本当に素敵なお年寄りの方がいらっしゃいますね。

見とれてしまいます。


素敵な帯を結んでいらっしゃる方の後ろを少し追ったりしますね。

京都駅なんかでありますね。



私も東京のデパートの地下でずっと後をついていらっしゃる方がいらして、

気になっていましたが、お菓子やさんで買い物をしていましたら、

定員さんにその方が「この方のお召し物、素敵でしょう?私見とれてずっと

ついてきたんですよ」とお話になり、びっくりしていましました。

着物につられて私の後をやっぱりずっと追ってらしたんだと。


私は無頓着ですから、見られているという意識をあまり持っていません。

注意もしていませんが、着物を着ているときだけは意識した方がいいのかもしれませんね。


仕舞をしておりますから、歩き方少しは変わったでしょうかしらね。

まだ実は足は思うようには動いていません。歩くのは差し支えないのですが、

仕舞の練習では足はまだ棒状態で、うまく回れません。

リハビリをしていますが、自分で。


一年間歩かなかったですから、筋肉もなくなっているようですね。

さて今日も忙しくなりそうです。

日月は博多です。


博多のみなさん、それでは参りますよ。

by kiyara888 | 2013-04-25 09:52 | 日常 | Comments(2)