<   2013年 02月 ( 56 )   > この月の画像一覧

つれづれなるままに 夜中です


今日はなんだかバタバタした一日でした。

展示会で使用します作品の写真を撮り、そして作品をそれぞれの作家さんに

送り、それからブログにアップし荷造りにアップにで一日家で過ごしました。

気付いたらもう夕方。

暗くなった道を歩きながら夕食の材料を買いに。

この時間色々と安くなっていますね。


さていつもなら眠くなる時間ですが、今日はしっかり寝ましたので大丈夫そうです。

またまた斉藤和義の歌を聴いています。

ユーチューブで。


この素朴さがほっとさせるんですよね。



今日もまた久しぶりの電話あり。

ちょうどほっと一息つきました時に、あの方どうしていらっしゃるのかなあって思っていた矢先の

電話。彼もやっと一段落ついて木耶ラさんどうしてるかなあって思ってくれたそうです。

で、近々お茶をしようということになりました。


さて 音楽は尾崎豊に変わります。

彼が大好きなんですね。

辛いとき、悲しいとき 必ず尾崎の歌を聴いていました。

力を与えてくれるのですね。

彼の詩が私のこころを打ちますね。


この尾崎のDVDもいくつかもっていますが、これは仲良しの若い子から

いただきました。

尾崎が大好きな当時高校生。ですから彼女は生きている尾崎をしらない世代なのです。

ですが、彼女の心になにか感じることがあったのでしょうね。

すっかり尾崎ファンでした。

彼女といつも尾崎を聞いていました。

といいますが、観ていました。

DVDを彼女からもらっていましたので。


たぶん親子よりもっとずっと年が離れているイタリア人と日本人のハーフである

彼女。

二人で一緒に尾崎を聴き、そして立ち上がって踊りくるった日がありましたね。


彼女は私の親友でした。

賢くて美しいこのハーフの女の子。


自宅に遊びに行き食事をしてホテルに帰ったきたら、会社の宴会で間に合わなかった

彼女がホテルまで会いに来てくれました。


もう11時を過ぎていましたが、それからまた一時間ほどおしゃべりをしました。


エリサは賢くそして美しい女性になっていました。

源氏物語を熱く語るこのハーフの女の子。

原文で読めとアドヴァイスしてくれました。


母親のマリアとはもう家族同然。

マリアのママの家に一週間滞在していました。

ベローナの郊外です。


イケメンの弟が私に部屋を貸してくれました。

彼のベッドで一週間寝ることになったのです。

彼はママの部屋に移ってくれて。


ママが作ってくれた朝食 リンゴ入りのケーキ。

卵は朝早くいつもママと一緒に鶏小屋で取ってきた

ものです。


リンゴは小さくてこの田舎で採れたもの。


ママの作るリンゴのケーキは本当に美味しかった。

これが朝食でした。


ママは夕食が終わると毎日仲間と一緒にトランプをするために

うれしそうに外出をしていました。


ママ、ママはもう天国に行ってしまったけれど、でも決してママの笑顔は忘れませんよ。



そして孫のえりさ 尾崎が今でもすきだって言ってましたよね。

生前の尾崎を知らないのにね。


そうそう敬愛する六戈先生が尾崎の大ファンでした。

先生と語る尾崎。

この偉大なる佐々木六戈先生と同じ感覚を持てるなんて幸せです。


今日もつれづれなるままにおしゃべりをしてしまいました。


昨日尋ねてくれたひろみちゃん。私のブログを楽しみにしてくれているんですってね。

ありがとう。


そして同じように沢山の方がこのブログを毎日みてくださっているようですね。

本当にありがとうございます。

by kiyara888 | 2013-02-28 21:15 | 日常 | Comments(0)






d0161928_942693.jpg



先日山道を歩いていたら鶯が鳴いていたのですが、まだ上手に鳴けなくてケキョ ケキョと

かわいかったですとお話されていた方がいらっしゃいました。

もう上手に鳴いているころでしょうか。

車に乗っていたころは近くの神社の裏山に登っていました。

ケキョ ケキョからホーホケキョから変化していく鶯の鳴き声を楽しめました。


吟行で山の中へ入った時、それももう夏になりかけていましたが、夏の鶯 老鶯 が

鳴いていました。 ホ~~~ホケキョとホ~が長いのです。

さすが老鶯。


癌で逝ってしまった仲間が話していました。

裏庭が竹林に続いていて、鶯が朝早くから鳴くのだけれど、その數が多くて

とにかくうるさいんだよねって。

皆が勿体ないことをいうわと笑っていました。

おまけに庭に筍が生えてくるのでそれを除去するのも大変だと。

最初は美味しくいただくそうですが、毎日とにかく生えてくるから食べるのも

うんざりだとか。


筍大好きなので朝採れを毎日食べれるなんていいなあなんて気楽に思っていましたが、

でも実際には大変でしょうね。


日頃忘れていましたが、鶯の話が出て彼のことを思い出しました。

by kiyara888 | 2013-02-28 10:10 | Comments(0)

新垣幸子





新垣幸子  八重山上布  着尺







d0161928_184861.jpg

by kiyara888 | 2013-02-28 01:06 | Comments(0)

嫌いだけれど離れない?



私は嫌いな人からはさっさと離れる性格ですが、それでも若い頃はどんな方でも

一応はお付き合いをしていました。

ですが、60を過ぎてからはわがままに自分の残りの人生を豊かに過ごそうと

なるべく心地いい環境を見つけようとしています。


ですからなるべく好きな方々に囲まれていたいと思っています。

得をするかしないか、利用できるかできないかなんてことはもう無視。

それよりも楽しい時間が必要だと思っています。


ですが、不思議なことに私のことをあまり好きではないだろうなと思っている方も

私から離れることなく近くにいるということがあります。

どう考えても言動は私が好きではないはず。

ですが、去ってくれない。

理解不能です。

精神科医ではありませんから、分析はできませんし。


周りを見回しましてもそういうことがあります。

あの方あまり好きではないのよと言いながらその方から離れない人がいます。

これってなんなんでしょうね。私でしたら離れますが。


嫌いだけれど、好き?こういうこともあるのでしょうか。


好きだけれど嫌い?


小学時代私に意地悪ばかりしていた男の子。

同窓会で「好きだったんだよ」と言われてもねえ。

私は嫌いでしたよ。

by kiyara888 | 2013-02-28 00:58 | 日常 | Comments(0)

色々な方にお会いして  


今日は珍しい方からの電話が二件。

お一人は女性。私の三十数年前の生徒さん。

当時の学院を小物を買いに訪ねていらしたとか。

当時私はまだ二十代後半。

機会があればお茶をしましょうとの約束を交わしましたが、

今は64歳。う~ん。会うべきか会わざるべきか。

でも男性ではないし、お会いしても楽しいかも。


もう一方は男性。友人。

久しぶりの電話。

会社経営の彼は大変でしょう。

ですが、経済にはまったく無知の私にそんな話をしても始まらないと

いつもの会話。

腰痛を自分の力で治したぞ という内容。

私も負けずと足が動くようになったわ。

取りあえず、だんだん悪くなるというのではなく、腰痛を克服

足の痛みを克服という前向きな自慢話。

だいたい こういう会話で終わり。

気合でなんとかここまで生きてきている二人は身体の不調は大きな問題。

でも、最後に彼が言った。


「友人はずっと家にいてなにもすることがないそうなんだなあ、考えられないなあ。

することがないより、大変だけれど、こうやって前に向かって生きていることの方がいいなあ」


同感。大変だけれど、私にはやるべきことがあると思って生きて行っている方がいいかもですね。


私のブログを見てひょういと木耶ラのサロンを突然訪れてくださった生徒さんともう一人男性。

その生徒さんも人生を思い切って変えた方。今は大変そうですが、でも夢に向かって

すすんでいます。


男性の方は立ち寄ってくださったっていう感じです。

ここでもいろんなお話を聞かせていただきました。

理想の女性の話をお聞きしたら、まあ耳の痛かったこと。

さりげなく気配りのできる人。う~ん、たぶんできない。

話に夢中になりますと、コーヒーのお砂糖を先に入れていますね。

相手がどんなに素敵な方でも。


さざえさんだなあ。

今日も館長さんにお会いした。「でもまあ明るいから いいですよ」

それって褒めてますか?

by kiyara888 | 2013-02-28 00:34 | 日常 | Comments(0)

書道家  中塚翠涛さん





d0161928_23395480.png



中塚翠涛さん 

今「30日できれいな字が書けるペン習字」などの著者でテレビでも活躍されています

中塚さん。

なんと倉敷の方でした。倉敷で小さい時からお習字などをお勉強されていたそうです。

ちょっとびっくりしました。

by kiyara888 | 2013-02-27 23:44 | Comments(0)

また眠ってしまいました



あれれ、LAINの送信中に、突然止まってしまいました。それも半分は送信できて、あとの半分は

送信できずに。

おかしな話です。文章の途中で切れてしまいました。ひろみさん、そういうわけです。

明日、見てもらってきます。


今日は水曜日、相棒の日ですが、いつの間にかうとうとしてしまい、目が覚めましたら、

もう始まっていました。15分ほど過ぎていましたが、まだなんとなくストーリーは

理解できそう。と思ってみていたはずですが、またまたうとうとしていまったのか、

目が覚めましたら、もう終わって違う番組が始まっていました。

これで三週目です。相棒まったく見ていません。


どうもこの9時からが私の睡眠の始まりのようです。

それでしたら、思い切って寝てしまってはと今思っています。

でも食後すぐだし、これでは太りそうですし・・・・・・・・。

by kiyara888 | 2013-02-27 22:47 | 日常 | Comments(0)

展示会件お話の




昨日 今日  木耶ラのサロンをちょっとオープンしてみました。

会場をお借りするのも久しぶり。

告知はこのブログだけ。

というわけでそんなに沢山の方ではありませんでしたが、結構

にぎわって楽しかったですね。


今日は思いがけずに福山から生徒さんが。

楽しんで帰られました。


仕事といいますか、遊びといいますか、中途半端な楽しいサロン。

無事終了です。



またすぐに企画いたします。

by kiyara888 | 2013-02-27 20:47 | 日常 | Comments(0)

菓子  花柚子

d0161928_131591.jpg







このお菓子 ご接待にと初めて購入したのですが、美味しい。

今日お手伝いしていただいた男性の方にもお出ししましたら、

さっぱりして食べやすいと好評。

直径二センチほどの小さな柚子。

決め細やかな羊羮のような白餡。

柚子は甘く煮てあります。

柚子の風味が口一杯に広がり、

さっぱりした甘さがいいですね。


(先生、食べてみたい )

了解です。

ご持参いたします。

最初のクラスは京都でしたっけ?


それから、、、、、、。




矢掛のお菓子のようです。

by kiyara888 | 2013-02-27 00:45 | 日常 | Comments(0)

ふねさんとさざえさん







d0161928_8101866.jpg




あるところの館の館長さんがそこの若い子に聞かれていました。

どんな方がタイプですか?って。

彼は「さざえさんのふねさんかなあ」って答えてらっしゃいました。

ちょうどどの時に、私は紬に反幅帯を締めていましたので、彼女が「ああ、ここに舟さんが」

って私を向いていいましたら、すかさず館長さんは「木耶ラさん、確かに見かけはふねさんだけれど、

中味はさざえさんだしなあ」っておっしゃったんです。


私は噴き出してしまいました。「館長さん、うまいこと言われますね」


農道を逃げ回る愛犬を追いかけるのに、右手にパンを握りしめ、「まるこ、ご飯よ、ご飯よ」

と全速力で追いかける姿は確かにさざえさん。(その時は洋服姿でした)


見た感じと中味が違いすぎるとよく言われますが、ほんとに、もう少し同じにして欲しかったです。


俳優座の俳優、田中壮太郎さんとは年は親子ほど違いますが、とても仲良しです。

イケメンで空手をされていてなかなかの方ですが、この方はこのさざえさん的なところを

気に入ってくださっていていつも笑い転げていらっしゃいます。

お母様は私よりもっと天然だとお話されていまして、いつもブログではお母様の天然ぶりを

アップされています。

彼は落ち着いたしっかりされた方ですが、私たちの会話は傍でお聞きになっていても

理解不能でしょうね。

そいういう会話内容ですからずっと友好が継続していっているのでしょうけれど。


人は素でいれば、本当の自分でいればそれなりに合う人が集まってきます。

ふねさんになれなくてもさざえさんがいいという人もいるからです。

私は男性を好きになっても、自分を変えたりはしないですね。

それよりは素でいられる環境でいたいと思っています。

そして素の自分を気に入ってくれる人がいいと思っています。

男性にしても女性にしても。


自分がのびのびと生きいける相手を選ぶのが一番ですね。

と思いますが。


母はこの頃父と出会った時のことをよく話しますが、父は若い頃、佐田啓二に似ていたとか、

町田京介に似ていたとか言っていますが、実は確かに叔母の話にしても父は若い頃、

なかなかのイケメンだったらしいのですが、私はどういうわけか、父は三木のりへいさんに

似ているなあって思っていました。

実際にはあんなに面長でもないし、顔は確かに少し違っているのですが、

キャラクターも多少違いますのに、なぜかずっとそう思っていました。

それを思い出しましたらおかしくなってきます。


自分は一人ですが、相手によって七色に変わるのだなあって思うからです。

なかなか人との関わりは面白いです。


なるべく私に好意を持ってくださる方だけの世界でありたいですね。

少なくとも木耶ラのサロンに集まってくださる方だけは。

by kiyara888 | 2013-02-26 07:57 | 日常 | Comments(0)