新猿之助さんのドラマが始まりました。。



猿之助さん出演のドラマ「そこをなんとか」が始まりました。主役の女優さんは名前は依然に聞いた感じがし

ますが、顔を見てもあまり見覚えがありません。

ですが、このドラマなかなか面白いですね。

弁護士の活躍を描いているのですが、新米の弁護士さんは右往左往していきます。温かく見守る所長に反し

て有能弁護士の猿之助さんはなかなか厳しい。

二回目の物語は複雑で二転三転していきます。見た目だけでは簡単な事件だったのですが、人間の奥深く

にあるものは表からではわかりません。二転三転していく内に本当のことがわかっていきますが、それに気づ

いた時にはもう裁判は終わっていました。唖然とする弁護士。有罪の人を無罪に導いてしまった。

落ち込む新米弁護士は被害者に会いに行きます。被害者はそれなりに幸せでした。

この忌まわしい事件が反対にかれの未来を救ったんです。

人を見かけで判断するととんでもない間違いをしていまう恐れがあるというお話でもあったのですが。

陪審員になるというのも難しいものですね。

by kiyara888 | 2012-10-30 23:18 | 日常 | Comments(0)

京都創生座公演  四神紀 神降る都の物語


d0161928_8271332.jpg


京都の春秋座で行われました、それぞれの日本伝統芸能が集まって一つの物語を作り上げていくという壮大なる試み。

座長は私の師匠観世能楽師シテ方片山伸吾氏。

この物語は四神「青龍・朱雀・白虎・玄武」に守られ豊かな自然に恵まれ繁栄を遂げていた都に開発の名の

もとに環境破壊をしていく人間と神との戦い。神にに勝ったはずの人間に残されたものは荒廃した都。

権力者の命令で神を滅ぼした男の前にある現実。男の苦悩。

男には片山伸吾先生   武者 金剛流能楽師 豊嶋晃嗣氏  青龍 歌舞伎役者 市川右近氏    

朱雀 日本舞踏尾上流宗家 尾上菊之丞氏    白虎 観世流能楽師  川村和重氏 

玄武 片山伸吾先生のご長男  片山俊佑さん


長唄  三味線  能楽囃子 笛  小太鼓 太鼓    邦楽囃子   邦楽 琴 三絃 尺八

地謡  



それぞれの長い歴史の中ではぐくまれてきた日本伝統芸能がこの舞台で融合し競合しあいました。

これは面白かったですね。本当に。

男と神との戦い 歌舞伎役者の右近さんは見栄をきるごとくパフォーマンスが大きい。伸吾先生はは能楽師

ですから腰から下は静のままに挑む。膝で激しく攻め込む右近さんに先生はすり足で後退する。

先生はすり足で詰め寄る。右近さんは大きな身振りで後退するといった風にそれぞれの世界のままで演じて

いく。でも違和感がないんです。相反する演技に違和感を感じませんでした。

大きな振りから発散されるエネルギー。それに対抗する内に秘めたエネルギーを一気に発散させる能の舞。

菊之丞氏はまるで天から舞い降りた天女の様でした。たおやかに柔らかく戦いを挑む。やはり静の中に秘め

たエネルギーで対抗していく男。これも違和感がない。

長唄で物語は語られ お囃子は戦いの激しさを表現し 地謡は低い声でこの世の終わりを告げる。

後悔をし始めた男は武者に弓で射抜かれるのですが、射抜かれた先生は足を少し折った形になったかと思

いましたら、そのまま能衣装のまま後にバタッと倒れました。そしてそのまままったく身動きをされない。

本当に驚きました。

花道で横幅を先生は後退をされる。でも面を通しての視界は両目の先だけ。真ん中は見えないはずですし、

足元は勿論のこと。あの狭い花道を後ずさりされるとき、思わず顔を両手で覆ってしまいました。

ですが、また先生は後ずさりされる。ほんと生きた心地がしません。

といいますのは能舞台でも視界が限られていますから、落ちられた方もあるそうです。こんな狭い場所

を後ずさりされるというのはほとんど勘でしかないわけです。

とにかく皆さん迫真の演技でした。こんなことを書くと叱られるかもしれませんが、右近さん歌舞伎の時よりも

ずっと力が入っていたような気がしたのですが・・・・・・・・。失礼しました。それほど素晴らしかったと申し上げ

たかっただけです。お許しを。

二年前の舞台では玄武は峻佑さんのお姉さん 紫乃さんが演じられましたが、今回この役が回ってきて

峻佑さんはとても喜んでいらしたそうです。玄武の衣装をつけた峻佑さんが一回り大きく見えました。

立派にお役を務められました。「玄武神は今の妙見菩薩にして童形なり」

11月の発表会ではまた義経に戻られます。


11月にはロシア講演が予定されています。日本の伝統芸能をどのように受け止めてくださるか楽しみです。

こころよりご成功をお祈り申し上げております。




来年の二月か三月に片山伸吾先生のワークショップを博多で企画しております。皆様どうぞお楽しみに。

by kiyara888 | 2012-10-30 09:11 | 日常 | Comments(0)

京都はまだ紅葉は始まっていませんでした



最近、出張にはパソコンを持たずにタブレットのみを持参していますが、タブレットは本当に役にたちます。
パソコンEメールもチェックできますし、facebookへの書き込みもできます。ただブログへの書き込みはちょっと調整できないことがあり、どうしてもパソコンからの方が便利ですから戻ってくるまで書き込みをしていませんので、ちょっと間が空いてしまいます。
それにご報告したいことが沢山ありますが、間違いがないようにしないといけませんので、ゆっくりした時でないとなかなか書くことができません。今日明日と自宅にいますの、更新していきたいと思います。

今回京都は着物姿の方に結構出会いました。5人ほどのグループの方々とすれ違った時に、あちらの方も私を見て、「着物姿が多いわね」と話されていました。

コートなしのかた、コートの方、羽織の方をさまざまなお姿でした。
私は単衣のコート。でもお昼は暑くて汗がでていましたので、帯付きで歩いていました。
京都はお昼はまだ暑いですね。夕方から急に寒くなりますから、ショールでもなにか羽織るものはご持参になった方がいいかもしれません。

紅葉はまだですからそんなに混んでいませんが、いよいよ紅葉が始まりますから、京都は恐ろしいほどに混んできますでしょう。仕事でまたそのころに京都に行きますが、ホテルも取れなくなります。
今回は日帰りですので、問題はないですが。

紅葉が終われば、顔見世が始まります。場所によっては紅葉も顔見世も同時に楽しめそうです。
若いころに住んでいた京都。でもやはりこの年での方が京都を味わうことができるような気がします。

といいましてもいつも京都見学なしに帰ってきていますが。用事をすませましたら、すぐに新幹線に乗っています。時間が足りないですね。残念ながら。でも紅葉の時期にも行きますのでちょっとくらいは楽しんできたいです。

by kiyara888 | 2012-10-29 09:53 | 日常 | Comments(0)

京都です。

京都の教室が終わり、近くのホテルに行くのに、途中まで服部氏の奥様れいこさんが案内してくださった。別れて信号を渡り言われたように真っ直ぐ歩いていて、ふと振り返ったら彼女はまだこちらを見ている。
大丈夫という合図を送って真っ直ぐ行くと直ぐに見つかりました。でも部屋についたら彼女から電話。本当に着いたかどうかを気にしてくださってたみたいです。私は知る人ぞ知る病的方向音痴なんです。地図は読めないし、見ても結局は反対方向に行くといった感じです。同じ所えもなかなかいけない状態です。
イタリアの一人旅は気楽ですが、この方向音痴のお陰で結構大変でした。ホテルから10分のレストランからホテルに戻るのに二時間毎回かかっていました。運動にはなりましたが。
明日は伸吾先生が座長を務められる京都創生座の公演「四神紀」楽しみです。

by kiyara888 | 2012-10-25 22:51 | 日常 | Comments(0)

山羊さんの道





d0161928_214296.jpg



これは山羊さんが普通に生活している場所の道だそうです。

そこへロッククライマーが突然現れて山羊さん、あれ?って首をかしげています。

登山家はごめんね、っているのかどうか。

山羊さんの道を早く空けてあげてくださいね。

by kiyara888 | 2012-10-20 21:06 | 日常 | Comments(0)

通り魔



あらら、博多駅の筑紫口 博多口は月に二回通るところです。

沢山の人がいますから変な人がいても気づきにくいですね。

これは博多に限らないのですが、気を付けるすべもなく困ったもんです。

道を歩いていて通り過ぎにちらっとみた自転車の男性の目つきが変でしたから、後ろを振り返ったら、Uターン

してこちらに向かってきました。慌てて近くのお店に飛び込みました。

私に関係なかったのかもしれませんが、でも気を付けるにこしたことはないですね。

でも通りすがりに刺されるなんて気を付けようがないですね。困ったもんです。

by kiyara888 | 2012-10-20 21:03 | 日常 | Comments(0)

毒蜘蛛・・・・・・・


福岡に毒蜘蛛大量に捕獲されていたというニュース。

9000匹駆除!

絶滅は難しいとのこと。公園にいるそうですが、とにかく注意だけはうながさないと大変ですよね。

9月には刺された方もいるらしい。

あれれ。毒蜘蛛がお迎えとは。

とりあえず注意するのみです。

by kiyara888 | 2012-10-19 13:55 | 日常 | Comments(0)

秋ですね。着物姿が楽になります



やっと秋らしくなりました。昨日は夕飯のお買い物にちょっと足を延ばしてコスモスを観てきました。

土手にコスモスが植えられていてそこをゆっくり歩いてきました。

お花の中で一番好きなコスモス。

鮮やかなピンクに改良された縁取りのコスモス。美しい。

でも本当は昔のコスモスが好きです。もっと小さかったような。色も白ともっと違ったピンク。

もっと素朴なコスモス。

でもコスモスをゆっくり見ることができましてちょっと心にゆとりができました。


着物が着やすい季節。でもあっという間にコートが必要になってくるでしょうね。

夜が結構寒くなってきましたから、軽いショールなどを持参することにしています。

もう少ししますと単衣のコートの出番になりそうです。

by kiyara888 | 2012-10-19 09:43 | 日常 | Comments(0)

これは酷いことだと思います



わあ! 週刊朝日さん どうしちゃったんですか?

週刊誌の表紙の見出しに「ハシシタ」? ぞっとしました。橋元をハシシタと書いたことだけでも、恐ろしさを

感じました。

これって天下の朝日のすること?

叔父が朝日の新聞記者だったので生まれたときからずっと朝日で おまけに母は「週刊朝日」を

撮り続けていまして、私も目を通したりしていました。

今は取っていませんのでこの週刊誌を目にすることはないでしょうけれど、テレビのコメンテイターの方々は

口々に読後感がよくなかったと話していました。不快感が残ったと。

今どき差別がはびこっていいのでしょうか?血族で性格を決めるなんてこれってヒットラーにつながりませ

ん?

ほんと これを堂々と出す朝日さん、がっかりです。

今は新聞を取っていませんので、ネットで朝日新聞を購読していますが、ほんとちょっと考えたくなります。

叔父も健在ですので、悪いのですが・・・・・・。でも叔父も叔母も人種差別には反対です。特に叔母は。

私はこのブログには政治 宗教 暗い話はさけていますが、今回だけはこの記事に物申したい。

人の心に人種差別が根底にあると平和は決して望めません。

by kiyara888 | 2012-10-19 09:27 | 日常 | Comments(0)

岡山教室 11月



岡山教室  11月は18日日曜日三時からになります

by kiyara888 | 2012-10-18 14:08 | 各教室の次回の日程 | Comments(0)