<   2011年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ヴィヴァ イタリア イタリア!

私はこの十数年一心不乱に前を向いて走ってきたような気がします。仕事に入りますと前しか見えない状態に陥り、気が付くとあれ?って思うくらいいろんなことを忘れてきてしまっています。忘れたのではなく、気になりながら連絡をとだえさせてしまったといいますか。

でも今一人になりふと思い出すのは長い間音信不通になっている友人たちのこと。
音信不通になったのはこれはもう私のせいであり、筆不精の私が何度か来る手紙の返事が遅れてしまった(遅れすぎですが)に他なりません。069.gif

今回いつも気になりながら住所さえわからなくなっているイタリア人のファビオのメール先を人を介して知ることができました。倉敷の街でレストランを任されていたイタリア人のシェフで、お料理教室を開いたところにすぐに参加することで出会いました。ちょうどヨーロッパ旅行から戻ったばかりでした。
パリ ミラノ ロンドン スイスの街  を走り抜けるような旅でしたが、すっかりイタリアが気に入り絶対に戻ってきますと、トレビの泉に後を向いてコインを投げてきました。(工事中でかなり遠くにあり、なかなか入らなかったのですが、何度も投げてやっと入りました。それから1年近くのイタリア滞在がひょんなことから実現するのですが)053.gif

そうそうイタリア滞在が実現したのはこのファビオのお蔭でした。

ファビオは十いくつか若いと思いましたが、お料理教室が終わったあとも個人的に仲良くなり弟のような存在になりました。病気の時にも「食べる物がない、熱があるので何か買ってきて欲しい」と電話が入り、何が食べたいのかと聞きましたら「お寿司」と答えるほど変なイタリア人でした。
料理人らしくどんなものでも食べることができますし、どちらかというと繊細な日本人の味もわかる人でした。069.gif

フェラーラという町に住むファビオの家族とも滞在中にすっかり仲良しになり折りをみてはママの家に行っていました。突然行って一緒にお昼を食べたり。
妹はボローニャ大学を主席で出るという秀才で彼女が連れて行ってくれた映画 ドイツ映画だったような「ブルー」は最初から最後まで画面がブルー一色で音だけの映画でした。
それは中近東を思わせる音楽だったり、中国を思わせる鐘の音だったり、インドの音楽だったり、何語かわからない話声だったり、日本を思わせる音だったり。シルクロードを旅しているかのような国を巡っているような。061.gif

イタリアの映画館は途中で休憩が入りますがその休憩の間に半分以上の人が帰ってしまいました。
敬虔なクリスチャンで秀才の真面目な彼女は観終わった後、素晴らしい映画だったねと語っていました。

余談ですが、イタリアの若い友人たちと映画に行きますともう終わりは12時頃になるのですが、それから飲みに行くというのではなく、彼らはいつもジェラート屋さんのベンチで二段 三段になったジェラートを食べながら今見てきた映画の感想を語り合うのです。
時々は喧嘩をしているごとくに意見を言いますが、帰るときにはみな挨拶のキスをして笑顔で分かれます。
イタリアの若者は討論が好きですね。白熱した討論をいつもしていましたね。
でもボローニャあたりの北イタリアに住んでいる人は日本人よりも大人しいかもしれませんね。
ファビオはグローバル的ですが。048.gif

そのファビオから驚きのメールが返ってkきました。
姉弟のように付き合ってきましたので、彼は私のメールを喜んでくれ、娘の事(日本にいる時にフィアンセのイタリア人のお腹にいました)来年生まれてくるもう一人の子供のこと、ママのこと、娘のフィアンセのこと(まだ17歳ですが)を色々書いてきました。
英語の手紙はスムーズに読めませんが、イタリア語はまだ読むことができました。でも返事をもっと上手に書くには再度の文法の勉強のし直しが必要ですね。一か月あれば取り戻せる気がします。
自分用に詳しい参考書を作っていますから。これはもう宝物ですね。3年かけて作ったものです。026.gif

(おおざっぱなところだけしか知らない友人たちのためにもこのことは書いておきたい!)
(人は捨てたものではりませんよ。一面だけではないのですから)

イタリア人が懐かしくなり、京都にいるマリアにも電話を入れました。
彼女の実家にも五日間ほど滞在をしましてママとも妹一家ともハンサムな弟ともすっかり仲良しになりました。この滞在の話もまたいつか。マリアの80のママが毎朝作ってくれたりんごのケーキの話など。
058.gif
マリアの双子の娘たちとは友人関係でとくにエリサは親友です。大人になったエリサと話をしましたが、
もうついていけないほど賢い。
マリカはイタリア語の先生をしていますが、真面目な彼女は優秀な講師のようです。016.gif

そうそうファビオのお姉さんのパオラの車での事故の話も、そしてその夕方最後の日になるかもしれないとトスカーナの彼女の家と大きな暖炉で焼いたフィオレンティーナステーキとワインの話もいずれしたいですね。056.gif
なにせ私たちはトスカーナの大丘陵の中の道を安全ベルトなしでしたから、パオラがところどころのカーブにあるガードにぶつけた時にはフロントガラスに頭を嫌というほど打ち付けてしまいまいました。
車はかろうじて家まで動きましたが、(大丘陵の中にあります)その日は段々目の周りが真っ黒になっていくパオラと頭を強く打った私が明日生きているかどうかはわからないとマリアの夫と三人で最後になるかもしれない晩餐を楽しみました。次の朝はやく丘の上の街にある病院で診てもらいましたが、脳には異常がないとのこと。またお昼二人でワインで乾杯しました。大丘陵を見渡せるガーデンレストランで、生還の祝いを。
未だになんでぶつかったのかわかりません。どんどんガードレールが近付いて来ていて、イタリア人はギリギリまでハンドルを切らないんだと思った瞬間ぶつかりました。????車はボルボだったような。

長崎と同じようにイタリアは私の思い出いっぱいのもう一つの故郷です。

by kiyara888 | 2011-10-31 07:25 | 日常 | Comments(0)

首里織りの講演会は終了しました   



d0161928_18143838.jpg




今回は首里織りについての講演でしたが、首里織りの歴史から首里織り七種類のお話しなどをお話しを資料をもとに説明くださいました。参加されました方には作成されました資料もいただきかなり詳しく首里織りを知ることができました。また現物も見せていただき猶更よく理解できました。
人間国宝の宮原初子氏の作品などはなかなか拝見する機会もありませんが、こうやって平良敏子氏などの作品も目の当たりにしましてため息が出るばかりです。
    講師  浅井正次氏



複雑な織りを一つ一つ現物でご説明いただきました





d0161928_18154151.jpg


結構沢山ご持参いただき目の保養をさせていただきました

by kiyara888 | 2011-10-30 11:04 | Comments(0)

浅草教室終了しました

浅草の教室が終了しました。
午前の部では長い間(約1年)お待ちいただいた方がやっと出席できましたと喜んで参加してくださいました。
ホテルに帰宅しましたら、「目から鱗でした」とのメールが入っていました。

お昼の部は簡単な二重太鼓の授業でしたが、普段二重太鼓を手結びで結んでいらっしゃる方も参加されましたが、その方もこの結び方の速さを気に入ってくださったようでした。

順序を覚えますのに多少の時間はかかりますが、熱心に写真を撮っていらっしゃいましたので、それを参考にして早い内に復讐をされましたらお正月には結んでいただけるのはないでしょうか。

でももう一度の授業は必要かもしれませんね。
皆様方のご希望もあり来年の1月に三回目の浅草教室を開催する予定です。
今のところ16日を予定していますが、まだ決定ではありません。
後日このブログにてお知らせいたします。新しい方、今回欠席された方ももちろん参加可能です。

楽しい教室でした。
皆様がたの感動が伝わってきました。

ではまた来年お会いしましょう。

by kiyara888 | 2011-10-25 10:36 | 日常 | Comments(0)

簡単二重太鼓

便利枕 きららの枕を使用しての二重太鼓の結び方

きららの枕は写真を掲載していますが、これに似た枕はありますね。お持ちの方も多いと思います。
私の関係ではこの枕にわかりやすく、またなじみやすく、本当に簡単そうに聞こえるのではないかなあと思いまして、きららの枕と名付けました。 私が考案したものではありません。50年前から存在します。

このきららの枕で結ぶということは

とにかく目の前で二重太鼓を作ることができるのですから、あんなに苦労した二重太鼓の部分がすごく簡単になるわけです。

帯を切ったりする必要がありません。

そこまでは前日でもできるわけですから、そこまで作っておいて当日はただ背中に乗せて結ぶだけ。

結ぶと言っても結びはしませんので結び目がごろごろせず、また締め付け感がなくとても楽です。

太ってしまって帯が余らなくでお太鼓がうまく作れないって思っていらっしゃる方、朗報ですよ。このきららの枕を使用すればそれも解消。

この改良枕を使用しての帯結びを習ったかたも多いと思いますが、二重太鼓の作り方をより簡単にわかりやすくできるように考案しました。そのためにメジャーを使用しています。そしてこれは理論的に説明する上に必要なものですしより簡単にするために使用します。


「帯硬くて結びにくいんです」    これも大丈夫ですよ。結びませんから硬くても大丈夫。

「結ばないんですか?帯下線締まります?」   もちろん しっかりと下線は理想的に締まっていますよ。

「緩んできたりしません?」      しません。帰るまで緩みませんよ。

「で 木耶ラさんは90秒で結べるんですか?」    はい、結べます。

「嘘ではなく?」      テレビに二回出ましたが、ストップウオッチで計られました。

「着物も90秒?」      う~ん。 90秒かからないです。

「なんでそんなに早く着れるのですか?」    手つきの無駄がないのでしょうね。

「それも教えていただけるのですか?」     勿論  知ってることはすべてお教えますよ。

「教えるの勿体ないなんて思いません?」    ええ!  私教えるのが仕事なんですよ。

「そういえば そうですね。納得です。」   









    

by kiyara888 | 2011-10-22 21:34 | 新・着こなしワンポイント | Comments(0)

浅草教室の受講生の方へ  巻き尺をお持ちください

浅草教室  お昼の部を受講なさいます方、センチメートルの巻き尺をご持参くださいませ。
書き忘れていたと思います。

理想の帯というものがありましてそのことの説明と実際に帯結びに使用します。
これは私の案ですが、これで帯結びが簡単になりました。

より簡単にといつも考えていますが、あっと思うことがあります。
これもその一つ。理論的にお話しする上でも大切なものです。

by kiyara888 | 2011-10-22 21:00 | 着物教室紹介 | Comments(0)

歩くこと

テレビを消して耳を澄ましますと虫の音がきこえてきます。窓を閉め切っているにも関わらずかなり大きい。
まるで耳元で聞こえているかのごとく。
今日も一日よく歩きました。途中でバスに乗ろうと思ったのですが、バスがなかなか来ないのが幸いして、結局目的地までかなり歩くことになりました。
最初はこの歩いている時間が無駄であるような気がしたのですが、結局は身体を作りことになり、しっかりとした足を作ることになり、秋空を見上げることができ、道端に植えられた花を愛でることになります。
珍しい鳥をまた見つけ、珍しい虫に見とれることもあり、一日が無駄ではなく有意義に過ぎていく感覚があります。
そして四季折々の風景は心を和ませてくれます。

by kiyara888 | 2011-10-21 21:39 | 日常 | Comments(0)

詩の推敲

更新は大変でしょうねとよく言われますが、ブログに打ち込むのはどんどん速くなりますのであまり問題はないのですが、ただブログの場合には字を間違っていることも多いですね。

これを俳句の師六戈先生が読まれているのではと思うと背筋が寒くなりますが。

ただ詩を添削していただく場合にはかなり推敲しています。
ここはひらがながいいのか漢字がいいのかという風に。
一度原稿用紙に清書しそれを暫く眺めています。
また書き直してまた眺めるという推敲の仕方です。
内容はあまり推敲はしませんですが。
直さずに直観を大切にしています。
というほどの作品ではないので恐縮です。
すみません。

by kiyara888 | 2011-10-21 09:26 | 日常 | Comments(0)

尊得女王      側近というもの

朝方人間の私は夜はほとんど意識がなく、ボーとテレビを観ているのか観ていないのかわからない状態です。夜ブログを更新しましても朝書き直さなければならないことも多く今はなるべく夕食後には更新をしないようにしています。
ですからこれを観なくてはと思わない限り熱心にはあまり観ていませんが、これは是非と思ったものでも途中で居眠りをしたりもしています。
続きのドラマなんてそれはも全然観ていないのに等しいのですが、韓国ドラマ「尊得女王」だけは別でした。
韓国ドラマに熱中しているということはありませんが、歴史上の人物を描いたドラマだけは面白く観ています。
ただこの物語の登場人物は実際に歴史上存在した人物なのですが、やはりかなり脚色されてはいると思います。でも私がこのドラマの中で面白いと感じましたのは、登場人物のセリフです。
なるほどと思ったり、ドキッとするようなことでもあったり。

愛し合っているもの通しが戦乱の中お互いの信頼が策略により壊されていくのですが、それは片方の猜疑心から始まります。
片方の女王は何度かの策略にも乗らず信じ続けますが、相手の方は一回の出来事でももう裏切られたと感じ次から次から起こる策略の内容に翻弄され続けます。途中真実が伝わるのですが、その真実も猜疑心の塊になってしまった彼には届かない。

策略を施したものがいいます。自分が悪いのではなく、最後まで相手を信じようとしなかったお前のこころがこういう結果を生んだんだと。

悪いのはやはりその悪人ですが、それでもそのセリフになるほどと思いました。

信じるのか信じないのかは一つの賭けのようなものですね。

このドラマでキム・ナムギルは一躍トップスターに仲間入りするのですが、その後「赤と黒」でまた人気が上がってきたようです。個性的な俳優です。

私は性格からかトップになりたい人間のように思われがちですが、本当は二番手の方が得意だろうと自分で分析しています。要するに側近です。
政治家ではないのですから側近というとぴんとは来ませんが、この人は私の師だと思った瞬間その人に忠実についていく性格なのです。一言でも陰で中傷することもなく。不満に思うこともなく。それは数十年続きます。というより一生でしょうね。動物や子供に危害を与えない限りそれは変わることがありません。
もちろんこの方はと思わなければそれは無理なことですが。

師を勝手に理想化するほど幼稚ではありませんから、一旦ついていこうと決めましたら、その方が神ではないことを理解しその方が例えお酒に飲まれて見かけとは違ったところを見てしまったとしてもそれさえも私には
魅力的に思われると思います。

これは皆様方にお勧めしているのではなく私のどうしょもない持って生まれた性格だと思っているだけです。
最初に着物に関して指導してくださった方とはもう40年もその信頼関係が続いています。
この40年間一度もその方を中傷したことはなく、勝手に理想化したこともなく40年の信頼関係を作ってきました。そして今こうやって着物指導者としてやっていけているのはその方のお蔭だと思っています。
自分一人で今の自分を作ってきたのではありません。思い上がった心はありません。
思い上がりは自分自身の価値を下げるような気がしますから。

そして師を慕う意味の中に何か下ごころがあるとすればそれは反対に困難な道を選んだことになるでしょうね。勿体ない道を選んだとそう思います。

この人と決めたら私はずっとその方を自分勝手に理想化せずにただただついていくだけです。
私に猜疑心がないとは言えませんが、二番手としての立場であればそれはただただ自分の思いだけですから相手に猜疑心を持つことはないですものね。

誤解なきように申し上げますと、二番手というのは抽象化した言い方で、師と私の間に沢山のお弟子がいらしても師と私という関係の上での二番手という意味ですね。師ではなく弟子の立場としてという意味です。
その関係性においての師と二番手といういう意味です。

私と心が通じ合えない方がこれを読みましてもご理解はいただけないと思いますが。
反対に私を全然ご存じでない方に通じる可能性がありますね。
人間とは不思議なものです。何年たっても理解しあえない間柄があり、であったその日からその瞬間から通じ合える方もいる。


さて尊得女王ではもっと面白いセリフがありました。もう終了しましたからご覧になる機会はないと思いますが、時代背景を調べましたら韓国の歴史がほんの少しですがわかりまして面白かったですね。
実際に三韓統一がなされていったわけですから。
韓国ドラマのお蔭で少しお隣の国の歴史に興味を持ちました。
尊得女王の即位の場面での衣装は豪華でした。演じていました女優さんもとてもかわいい方です。
もう名前を憶えていくという芸当はできなくなっていまして名前はわかりませんが。


悪女ミンダムを演じています女優さんの顔の演技凄いですよ。
バックに流れる音響(曲?)がぴったりで、本当に怖くなりますよ。

by kiyara888 | 2011-10-21 08:30 | 日常 | Comments(0)

二重太鼓をより簡単に

便利な枕 きららの枕での二重太鼓の結び方ですが、これと同じような型の枕を使用して結び方を指導されている方も多くいますが、より簡単な方法を見つけました。これは帯の柄付にもかかわることで、理にかなった方法です。私の理論的に指導していと思っていまして、なぜこうした方がいいのか、なぜこれだと駄目なのかとキチンとお話ししていきます。
この柄付に関してもそういみでは興味を持っていまして、理想の柄付とは何かをも研究しています。
その結果としてこの帯結びを簡単にする方法が生まれたわけです。

ちょっとこの説明ではお分かりになりにくいですよね。
実際に教室ではこの話をしてから指導していますので、生徒さんはご理解いただいていると思います。
聞き逃されていません限り。

浅草では今回初めての帯結びになりますが、このことをご理解いただけるようにお話しをしていきます。
いままで帯結びをされていた方にもなるほどとご納得いただけるものです。

by kiyara888 | 2011-10-19 12:16 | 日常 | Comments(0)

ゴーヤジュース

                ゴーヤジュース

d0161928_1239636.jpg


もうゴーヤの季節も終わったのでしょうね。姿をあまり見なくなってきましたが、昨日は数本置いてありました。
テレビでこの夏放映していたのですが、ゴーヤジュースで痩せるそうですが、栄養士ではないので真実はよくわかりません。でもゴーヤはご近所の方から毎夏沢山いただきますので、早速作ってみることにしました。
ゴーヤにバナナに豆乳(牛乳でもいいのでしょうけれど、やや苦手なのです)。
を適当に飲みやすい配分でミキサーで作るのですが、おいしいですね。苦味もないですし、バナナが甘くて
はちみつなどはいらない感じです。沢山いただいてもお料理ではなかなかそんなには食べることができませんし、痛みやすいものですから、これはいいと三食前に飲んでいましたら、本当にお腹周りがややスマートになってきました。一週間ほどで。俳句仲間に教えましたら、ご主人が五日間で二キロ減ったそうで、買い占めて冷凍しているとのこと。

いつもお野菜をくださる方が今頃ゴーヤがほしいと言いにくる友人が増えてと話されていました。
結構飲んでいる方がいらっしゃるようです。
これも自信を持ってはいえませんが、なかなか下がらなかった血圧が下がりました。
でもなんども申し上げますが、医者でも栄養士でもありませんので、そのことご了承くださいませね。
でもお医者さんも薬を飲むまでもないので食事療法で下げるようにとおっしゃってましたので、これで一応安心です。
健康でいたいですので、野菜を中心とした食事をしていますが、なかなかいろいろとは取れませんので、野菜ジュースは便利ですね。自分で作っています。長期出張の場合はミキサーを持参しています。

ゴーヤは店頭から消えつつありますのでまた来年ですね。
一応冷凍はしていますが、来年の夏まではとても無理ですね。一か月も無理かもしれません。
自分で育てるのは意外と簡単よと話されていました。日よけにもなりますからゴーヤはますます人気者になりますね。

        栄養士ではありませんので持病のある方は先生とご相談なさってみてくださいね。
        私には合ったみたいですが。

by kiyara888 | 2011-10-18 12:55 | 日常 | Comments(0)