<   2011年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

歌舞伎女形  中村芝雀さんのお話会   日本橋丸善

   
               歌舞伎役者女形   四世 中村芝雀さんのトークショー                

         
                           日本橋丸善ギャラリーにて


              2011年9月16日(金)   10:40~11:20

             会場の関係により限定30名とさせていただいております。(無料)
             お申込みを受け付けております。
             
                                    木耶ラ080-3883-3122(ソフトバンク)
                                    
                                     kiyara888@hi2.enjoy.ne.jp



                


寺田さんと大変懇意になさっていらっしゃいます中村芝雀さんが、新橋演舞場で行われます歌舞伎の間を縫って駆けつけてくださいます。寺田さんは芝雀さんの一人芝居「人形の恋椿」の衣装をおつくりになりました。
その衣装も当日会場に展示させていただきます。

芝雀さんは昭和30年人間国宝四世中村雀右衛門さんのご次男として誕生しました。
36年に歌舞伎座での「一口剣」の村の古広松の役で初舞台を踏まれました。6歳でした。

39年歌舞伎座「背振り山婦女庭訓」のお披露目で7代目中村芝雀を襲名され女形としてのますますのご活躍が始まりました。
おっとりと上品な芸風でお姫様 世話女房、風格のある時代物の役まで積極的に芸の幅を広めていらっしゃいます。

今年の金毘羅歌舞伎では昼の部で熊谷直実の妻相楽模の役を演じられましたが、犠牲にされてしまったわが子の首を見て驚き悲しむのですがそれを悟られないようにしないといけないという押さえた演技は芝雀さんの得意とするところですね。芝雀さんが演じられますと本当に哀れに思えてきます。
私も泣きましたが、すすり泣きがあちこちから聞こえてきていました。
この日からファンになりましたという方もいらっしゃいました。
今年の金毘羅歌舞伎の芝雀さんの賞賛はあちらこちらで耳に入ってきましたですね。

寺田さんからのご紹介以前から存じ上げていましたが、みなさんと一緒にコーヒーを飲んでいた方が次の日
可憐な娘に変身し驚きました。同じ方とは到底思えないほどの変身。(すみません)
芝雀さんが演じます女形は本当に可憐ですね。どの役もそういう風に写ってしまいます。
実際にお会いしましても物静かで上品ですが、ご自分では本当はおしゃべり好きですとお書きになっていらっしゃいます。聞くところによりますとおちゃめな部分もあおりになるようです。写真好きでいらっしゃいますね。

詳しくは ホームページでご覧いただけますでしょうか。
                     
                      中村芝雀(なかむらしばじゃく)で検索くださいませ。

by kiyara888 | 2011-08-31 08:22 | Comments(0)

歌舞伎 お能をご一緒に鑑賞いたしましょう

お能鑑賞会

2011年  12月10日       観世会館
                           片山伸吾先生出演

歌舞伎鑑賞会

2012年     3月      京都南座

           6月     博多座

                日程はまだ未定です

2011年     9月    22日  昼の部    東京新橋
                             


 中村歌昇さん 中村種太郎さん親子襲名披露お祝いの会

    吉衛門さん   芝雀さん  愛之助さん  出演  

by kiyara888 | 2011-08-27 08:05 | 日常 | Comments(0)

浴衣の魅力をテレビで紹介していました

いつ何が起きても今までの生き方を後悔しないように、今自分に与えられていることをやり続けていくことしかないような気がします。
私にできることは着物の指導。沢山の方々に着物の良さを知っていただき、また人生が変わるほどの感動を覚えていただくこと。そして頼まれているわけではありませんが、伝統芸能の歌舞伎やお能をもっと知っていただくこと(結構一度も観たことのない方が沢山いらっしゃいます)。

今朝のテレビで取り上げていました浴衣の魅力。
男性に浴衣姿と洋服姿とどちらがいいかと聞きましたら、97パーセントの男性が浴衣と答えていました。
そして双子の女性にうちわを配ってもらうのですが、一人は洋服姿 一人は浴衣姿。
当然なのですが、浴衣姿の方が圧倒的に配ったうちわの数が多いのです。そして面白いことに浴衣姿は一緒にカメラに収まる人もいたり、彼女をモデルに写真を撮ったりしていますが、洋服姿では一人もそういう人はいませんでした。
またどちらのうなじが魅力的かと聞くのですが、やはり同じアップにした髪型でも浴衣姿の方が圧倒的に魅力的だと言っていました。
女性は浴衣姿で20パーセント魅力がアップすると言っていましたが、20パーセントどころではありません。こうやって着物をずっと教えていまして驚きますことに、まったく別人に変身する方も多いです。

あまり人のことは言えませんが、私もそうですね。まったく別人に変身です。
洋服姿で振り向かれたことも写真を撮らせてくださいと言われたことも一度もありません。
着物姿でしたら観光地では結構声をかけられて写真を撮られます。

街を歩いていて声をかけられることもありますが、それは着物が素敵ですねですとかコートが素敵ですねですとかですから、作家さん方の着物やコートや帯の力なんでしょうけれど。馬子にも衣装状態なんでしょうね。仕事上作家さんがたの新作を着ていますから。


生徒さん方も今はみなさん着物姿で歌舞伎などにお出かけです。もうすっかり自信持って。
まだ自信のない方もいますが、そいいう方は一緒に行きますので、入口でチェックさせてもらっています。
でも会を重ねると自信はおのずからついてくるものです。

来年は3月に京都で6月に博多での歌舞伎を観る会を予定しています。
東京も企画する予定です。

by kiyara888 | 2011-08-27 07:59 | 日常 | Comments(2)

関東地方の方 大変でしたね

昨日はずっと外出していまして、今朝のニュースで関東の大雨情報を知りました。
関東の方々大丈夫でしたか?
こういう大変な時にお電話をするのはいつも憚られます。
テレビの画面に信じられないような光景が映る度、この地球はどうなっていくんだろうと心配になってきます。
何が今起こっているんだろうと。

by kiyara888 | 2011-08-27 07:35 | 日常 | Comments(0)

秋ですね

やっと秋らしくなってきました。虫の音が夜の静けさの中で静かに広がっています。
でも立秋から先、暑い日が続いていましたが、日が落ちてあたりが暗くなるともうすでにコオロギの鳴いていましたね・。
今はもう秋の匂いがしています。月は一段と黄色に明るくなってきています。
わたしの一番好きな季節です。
一番好きな花はコスモスですが、それも、昔農家の庭先に咲いていたコスモス。
白や桃色の小さなコスモス。改良されて立派に大きくなりましたね。
昔のコスモスが秋風にさらさらと揺れるが好きですね。野菊ですとか。


窓の燈の草にうつるや虫の声                子規

by kiyara888 | 2011-08-24 11:56 | 日常 | Comments(0)

お能観賞会

歌舞伎は若いころ京都に住んでいましたので、その頃から行っていましたが、お能はこれまでには薪能を数回経験しただけで観世会館なのでの鑑賞の経験はありませんでした。
姫路城をバックにしました薪能に行きました時、隣に座っていらした方が毎年この薪能を鑑賞しに来ていますが狂言はまだわかるのですが、お能はなかなかよくわからないのですとの感想を述べていらっしゃいました。
毎回いらしていてもそうなんですね。

私も雰囲気を味わうというだけでよく理解はしていなかったような気がします。
でも今はもうすっかりお能ファンになってしまいました。お稽古を初めて少し片足の親指だけが入った程度の理解しかまだありませんが、でも急にこの世界の魅力にはまっていっています。
凛としたこの雰囲気が好きなのかもしれませんし。
話の筋は実は前もって内容を読んでおきますと結構理解できます。言葉は理解困難かもしれませんが、物語の筋が解れば動きでどういう場面なのかはわかります。

関西の方を一度ご案内しましたが、みなさん初めてのお能鑑賞でしたが、「素晴らしかった よかった」との感想を述べていらっしゃいました。


この日本が世界に誇る伝統芸能である 能 をもっと沢山の方々にご理解いただきたいとこのブログでご紹介していきたいと思います。
先ほど申し上げましたように私もまだ入り口に佇んでいるといった具合ですから、これは私の勉強にもなることだと思います。取りあえず一度体験をなさってみませんか?
12月の京都で催されます「お能の会」にご一緒できたらと思います。それまでに鑑賞の仕方などをここでご紹介していきたいと思います。敷居が高いように思われますが、一度経験いたしますと、そうでもなくなりますですよ。


               12月10日(土曜日)京都観世会館にて12時集合で企画しております。
                        伸吾先生がご出演なさいます。














    

by kiyara888 | 2011-08-23 23:44 | 日常 | Comments(0)

きものSalonn9月号

一昨日発売されました「きものSalonn」9月号に私のお能の先生片山伸吾先生ご一家がご登場されています。
お母様と先生の奥様が着物姿はさすがに素敵ですね。
お能の会では必ずお目にかかります。お二人ともおきれいな方ですから目立っていらっしゃいます。
そうそう寺田氏の奥様のお母様で、先生は奥様の弟君です。お父様は井上八千代さんのご次男。
峻佑さんの舞台は本当に楽しみです。かわいい~!紫乃ちゃんの着物姿もかわいい~!

12月にお能を観る会を企画いたしますが、お母様と奥様は必ず玄関でお出迎えをなさっていますからお二人にはその時にお目にかかることになりますよ。京都大阪の方でお能を一緒に観に行かれた方はお会いなりましたよね。

 

by kiyara888 | 2011-08-23 07:47 | 日常 | Comments(0)

僕が僕であるために

尾崎豊の歌「僕が僕であるために」
尾崎のファンでなければこの歌はあまり知らないでしょうけれど、この歌詞は今の私の気持ちぴったりなのです。たぶんこの詩は彼が15才の時に書いたものではないでしょうか。
でも60を過ぎた私の生き方にぴったりです。


僕が僕であるために
勝ち続けなければならない
正しいものは何なのかそれがこの胸に解るまで


尾崎の詩は胸に響くものが多いのですが、それは彼の心の底からの叫びであるからでしょう。
なぜ尾崎が亡くなった後も新たにファンを作っていくのか、それは歌詞を読めばわかるかもしれませんね。歌っている尾崎を聴くのも観るのももちろんですが。

by kiyara888 | 2011-08-23 00:02 | 日常 | Comments(0)

久留米絣作家 森山哲浩さん  おめでとうございます。

           重要無形文化財j保持者   久留米絣作家  森山哲浩さんが
            日本伝統工芸展で文部科学大臣賞を受賞されました



今 久留米絣作家 森山哲浩さんからメールが入りました。
昨日 日本伝統工芸展で文部科学大臣賞を受賞されたそうです。

         24日の朝日新聞に掲載されるそうです

         福岡では西日本新聞にも掲載されるようです。


森山さんはおじい様は人間国宝でお父様も久留米絣では著名な作家森山虎雄さん。
ご両親とも重要無形文化財保持者です。
久留米絣は福岡出身の私にはなじみの深いもので、若いころは普段着に着ていました。その当時は結構着ている人も多かった気がします。
森山氏は寺田氏からご紹介いただきました。

真面目に作品に取り組んでいらした森山さん本当によかったですね。
おめでとうございます。

受賞作は全国を回りますからどこかで拝見できます。楽しみです。

by kiyara888 | 2011-08-22 09:25 | 日常 | Comments(0)

関西高校 おめでとう

ホントよく頑張りましたね。点を入れられましたけれど、でもそこを頑張って入れ返して諦めない。
ずっと応援していましたよ。でも今日はリアルタイムでは観れてないのですが。
ちょっとわけもあって今回は関西高校を応援していました。
そしてやっぱり負けてもよく頑張ってきましたし達成感があったのでしょうね。みな素敵な笑顔でした。
これもいいですよね。悔し泣きもいいけれど、こういう笑顔もいい。いい加減な試合の後での笑顔は許せないかもしれませんが。本当によく頑張った後の笑顔は素敵です。なんて言ったってベスト4入りですよ。なかなかできるものではないです。

スポーツ音痴ですが、でもこのところ感動を与えてもらっています。
仕事仲間の帯の作家佐竹美都子さんはヨットのアスリートですが、やっぱりすごいものがありますよ。
今でもトレーニングを続けていますしね。
優勝候補をいわれていましたが、優勝はできませんでした。でもそれでもいいのではないでしょうかしらね。
残るものがありますから。そこまでの道のりは必ずその人を作っていると思いますよ。

関西高校のみなさん あなた方の負けてもあの美しい笑顔、忘れませんよ。
監督さんも失敗した生徒を見る顔に愛情を感じましたよ。

楽しい夏でした。
残暑に追いかけられながら私もまた明日も仕事頑張ります。

by kiyara888 | 2011-08-20 00:18 | 日常 | Comments(0)