<   2010年 09月 ( 54 )   > この月の画像一覧

着物大好き仲間が増えています





28日に行いました。着物の着方 帯結びのショーが良かったと後日お会いした方々に言っていただけました。越路吹雪の「ラストダンスは私に」の曲も思った以上に好評でした。
昨日お会いした方から、ショーをご覧になった方が、着物を着たいと思われたんではないですか?とおっしゃってましたが、ショーだけではなく、生徒さん方の着物姿をご覧になって、次の日、やっぱり着物はいいと改めて着物を着ていらした方もいらっしゃいました。

途中仕事がお忙しくなり中断されている方が、お仲間がきれいに着物を着ているのをごらんになって、「いいなあ」とおっしゃってました。

生徒さん方3人でウイーンに行かれるそうですが、コンサート、お食事には着物を着ますと準備されています。

お仕事にお子さん3人のお世話、このお忙しい中、有給で教室にいらしている方の唯一の楽しみは着物だそうです。
退職後は着物を教えたいと頑張っていらっしゃいます。

壮太郎さん、普段に着物を着て歩きますよとのこと。まかせていただいたのですが、今どの色にするかまだ考慮中です。よくお似合いでしょうね。

帯結ぶショーは「10月の岡山丸善」の展示会でまたご披露いたします。
詳細はカテゴリ「展示会のご案内」をご覧ください。

「11月の博多ギャラリーおいし」でも予定しております。

曲は寺田さんが「デディット ピアフ」のCDを買ってきてくださるそうです。
服部さんがまた違う曲持ってこられそうだなあ。

私が舞うというより、帯が舞うという感じでしょうかしら。
好評だったので、なんだかウキウキとうれしくなり、もっと華麗にできないだろうかと
考えています。練習が必要ですが。前回は20年ぶりでしたので、ちょっとスムーズにとはいきませんでしたので、次回はぜひ完璧に。
10月から仕舞の練習に入りますから楽しみです。このショーなどには本当に必要なのです。

by kiyara888 | 2010-09-30 22:16 | 日常 | Comments(0)

岡山丸善展示会のお知らせ






d0161928_8593923.jpg






岡山丸善 展示会
 
       京の百帯繚乱展示会

2010年10月13日(水)~18日(月)まで

   午前10時より午後7時まで(最終日は午後5時)

岡山丸善表町ギャラリー(商店街の中でシンフォニーフォールの地下ではありません)



京都を拠点に特徴的な染織技法で創作活動を続ける作家作品の競演です。
従来の技法にとらわれることなく、新たな糸や素材、染料を日々研究している面々です。
「着物サロン」「婦人画報」に掲載されご活躍の皆様方です。良いものは見ることだけでも勉強になります。センスを身につけるには、常に良いものを見ること。それも写真ではなく、本物を。どうぞお気軽にお越しくださいませ。お待ちいたしております。


会場には寺田氏 服部氏 木耶ラが皆様方をお迎えいたします。   
      (寺田氏は一日のみ京都に戻ります)



服部綴工房     服部秀司

佐竹機業店     佐竹司吉

森 刺繍      森 康次

創作きもの安藤   安藤鋼三郎

京絞り作家     寺田 豊

★ 作家紹介のカテゴリで皆様をご紹介しています


072.gif同時開催「京絞りスカーフ展」

  京都の絞り職人20名余りが一点ずつ創ったスカーフ60点を展示販売

016.gif木耶ラの着こなし・帯結びデモストレーション

  1分半で着る着物
  1分半で結ぶ二重太鼓

  シャンソンに合わせてモデルの背中に
          二重太鼓を結んでまいります。(1分半)手結び
          ふくら雀を結んでまいります。(1分) 改良枕

     踊るがごとく舞うがごとくにご披露できれば幸いです。
袋帯が名古屋帯の軽さに名古屋帯が半幅帯の軽さに。

     10月13日(水)    15日(金)     17日(日)

      時間     15:00~15:30

         お問い合わせ    080-6327-7812 木耶ラ
                   

by kiyara888 | 2010-09-29 22:50 | Comments(0)

ラストダンスは私に




着物学院時代には着方、着せ付け、男性の着せつけ、袴、女性の袴など多数指導していましたが、独立し自分で着物を着ることだけを深くご指導したいと思い活動を続けています。
今回は久しぶりでモデルの背中に結ぶ「ふくら雀」「手結びの二重太鼓」をご披露しました。
20年前に京都にいました折り、舞台でよく帯結びのショーをしていましたのが、今回20年ぶりでした。
音楽は越路吹雪の「ラストダンスは私に」。
この曲に乗って帯結びを披露しましたが、お陰様で好評でした。踊るように結ぶと寺田さんも大変気に入ってくださり、10月の岡山丸善の展示会の折り、ご披露しようということになりました。バックミュージックは寺田さんが考えるそうでこれは楽しみです。
それまでにもっとリズムに乗れるように頑張りたいと思います。
今日最終回でしたが、楽しい4日間でした。
いろいろとお世話になりました。ありがとうございました。







d0161928_22281660.jpg








d0161928_2229030.jpg

by kiyara888 | 2010-09-29 22:30 | Comments(0)

着物ショー



京都の着物学院に入学してからもう40年になりますが、その当時の京都は着物ブームでした。どの教室も満員状態で、京都は華やかでした。着物作家さんがたのショーが連日ホテルなどで催され、一度スタイリストとしてホテルの泊まりこみでこの仕事に関わってことがあります。
朝早くからの準備のために泊まりこみ、前日は全員が一同に会して打ち合わせをします。
スタイリストは黒の服を着るようにとのお達し。
「なんで黒ずくめ?」「そりゃ そうしないとモデルと間違えられるから」なんて冗談も飛んでいました。まず間違えられることはありませんが。
当日の舞台裏はもう大変なものでしたよ。一度の経験で私は十分です。私は講師向きです。
舞台での帯の結び方などのショーもしてきましたがこれが今では私の財産になっているかもしれませんね。
目をつむっての練習などもしました。

一度着物作家さんのファッションショーに行ったおり、面白い経験をしました。そのショーはどなたのだったかは覚えていませんが、会場いっぱい満員で一番後ろで立って観ていました。
私の横にファッショナブルな男性が立っていました。ところがショーの途中、「この会場に三宅一生さんがお見えになっています」と突然スポットライトが私に覆いかぶさってきました。隣の方が三宅一生さんでした。お忍びでいらしていたようです。

by kiyara888 | 2010-09-29 00:20 | 日常 | Comments(0)

帯結びのころ



今はなんでも指導していたころとは違って、自分がとにかく綺麗に着れるようになることだけをご指導していますが、明日のデモストレーションでは、久しぶりにモデルの背中に結ぶ お太鼓 二重太鼓を手結びで結んでまいります。また改良枕を使用してのふくら雀の結び方。1分だと思いますが。

若い頃、名古屋帯は半幅帯の軽さに、袋帯は名古屋帯の軽さに感じられるくらい練習と言われていました。
ですから、今は袋帯は軽く結ぶことできます。それが本当かどうかを明日証明したいと思います。
たぶん人の背中に結ぶというデモストレーションは他ではしないと思いますので、どうぞお気軽にいらしてください。

音楽会のあとの    着物ショー

1分半で着る着物
1分半で結ぶ二重太鼓
簡単な手結びの名古屋帯
簡単な手結びの二重太鼓
簡単なふくら雀(一分)

     越路吹雪の歌にあわせて結んでいきます。

by kiyara888 | 2010-09-27 23:52 | 日常 | Comments(0)

帯結びのデモストレーション 




昨日東京からいらした方はとても着物がお好きで、ゆくゆくは毎日着物でお過ごしになりたいとか。
まだお若い方ですが、でも今は着物を着るのに2時間かかりますとのこと。
この教室の門を叩く方の中には同じようなことをおっしゃるかたがいます。2時間という時間は私には到底理解できるものではありません。途中休憩がはいるのでしょうか。
お話を聞くと、何度もやり直すのだそうです。たぶんこれだけ時間がかかると帯を結び終えるころには着物がぐさぐさという状態のなのでしょうか。そしてまた着物から、いえ、長襦袢から。
5分とはいわない、20分で着れるようになりたいということで、東京に教室ができたら、すぐに参加されるそうです。20分というのは今の生徒さんがたのほとんどが可能だと思います。

明日のデモストレーションは前にもお話しましたように、
モデルの背中にて二重太鼓を結んで行きます
また簡単に結ぶふくら雀 名古屋帯のお太鼓

名古屋帯  二重太鼓   ふくら雀を越路吹雪の歌にあわせて結んでいきます。

by kiyara888 | 2010-09-27 23:26 | 日常 | Comments(0)

ギャラリー青桐舎にての寺田豊展  一日目




ギャラリー青桐舎での寺田豊展での一日目が始まりました。
秋の草花いっぱいを飾り付けて玄関を入るとカレーのいい香りが漂ってきます。
百合子さんは朝早くからお料理の仕込みを始めていました。

東京からブログを見た方がお母様とお見えになりました。一度京都を散策されている時に、
寺田さんのアトリエに玄関の雰囲気に魅かれられたとか。寺田さんのホームページから私のブログに入られてこの展示会をお知りになったそうです。


百合子さんのカレーがほんとに美味。お年寄りの方でも食べやすい飽きのこない味。
和風の味です。

夕方から福山で福山の教室の生徒さん方とお食事会でした。今日はみなさん仕事帰りですから、お洋服で参加です。





d0161928_125642100.jpg








d0161928_12572089.jpg









d0161928_1258250.jpg



























d0161928_12592472.jpg










d0161928_130247.jpg









d0161928_1345640.jpg









d0161928_1371349.jpg

by kiyara888 | 2010-09-27 13:02 | 日常 | Comments(2)

28日のデモストレーションの話





ユーチューブで今朝越路吹雪を聴いてきました。大好きでしたが、20代の頃やっとチケットを手に入れてコンサートにも行けました。
明後日、一分半で着る着物、一分半で結ぶ二重太鼓のデモストレーションの後、モデルの背中にやはり1分半(もっと短いかもしれません)で結ぶ手結びの二重太鼓、1分半(もっと短いいかもしれません)結ぶ名古屋帯、一分でふくら雀の結び方をデモストレーションしますが、その時のバックに越路吹雪さんの曲をながすことにしました。気分が明るくなりますし、このテンポで結ぶと楽しそうです。058.gif

by kiyara888 | 2010-09-26 11:55 | 日常 | Comments(2)

鴨方「青桐舎」での搬入の日



京絞り作家  寺田豊展の今日は搬入の日。寺田さんは京都から車で到着。
今お一人で展示中。オーナーの百合子さんはカレーにおでんの下ごしらえ。その間にお花に水を上げたりと大忙し。今日は茶花のお教室の先生が早朝山で摘んでいらした秋の草花を活けてくださいました。玄関には生徒さんの藤井さんが庭で摘んでいらした秋の草花もお出迎えです。
明日は沢山のおいしい料理が並びます。ほとんど百合子さんの手作りですが、お料理上手な生徒さんの持ち込みもほんとに美味です。東京から私を訪ねて見える方からお電話があったとか。
お名前はお聞きしなかったとのこと。あの方かなあと思い当たる方もいらして・・・・。
お目にかかるのが楽しみです。
久しぶりで蚊が飛んでいます。涼しくなったからでしょうね。
さて明日のお出迎えの支度がそろそろできてきました。



d0161928_1732244.jpg







d0161928_17334760.jpg




















d0161928_17361453.jpg














d0161928_17363881.jpg





















d0161928_17442632.jpg

by kiyara888 | 2010-09-25 17:39 | 日常 | Comments(0)

京絞り作家      寺田豊氏


京絞り作家 寺田豊氏は展示会で絞りの作品を展示販売するだけではなく、絞りの伝統を皆様方に知っていただく運動もしていらっしゃいます。おじい様が遺されました絞りのいろいろな技法の見本帳などを資料として講演をなさったり、実際に帯揚げに絞っていただく体験講習会なども積極的に企画なさっています。
ただ着物と帯を所狭しと並べる展示会ではなく、伝統を伝えるべく道具なども展示する展示会を理想とされ、全国で京絞りをご紹介されています。また現在とだえようとしている特殊な絞りの技術に果敢に挑戦され、後世につてえるべく努力を惜しみません。
奈良時代から、江戸時代から続いてきた技術が今まさにこの時代で消えようとしています。一人一人が手を取り合ってこの現状をなんとかしなくてはと頑張っています。

d0161928_818589.jpg



プロフィール
1958年   京都生まれ   京絞り寺田  主宰

1994年   パリ市 バカデル城美術館にて工房展」
        「カルダンの40年の歩み」展
        「京都近代染織」展 出品 山辺知行監修

1995年   勅使河原宏作「草に月」作成

1996年   パリ国立ビメ美術館「雲に萩」購入

1997年   北九州国定重要文化財(旧松本家)にて個展

1998年   「伝説の美 絞りの華」展  三木睦子主宰

1999年   「rock 岩」ルコアネ・エマン依頼

2002年   「布結人の会」イスティトゥール・ミラノ・ラブ美術館にて交流

2005年   京都市長賞

2006年   京都知事賞

2007年   「京都絞工芸展」京都文化博物館  産業局長賞

2008年   京都府知事賞    近畿経済産業局長賞
        源氏物語千年紀「夢浮橋」    
        京の繭「可能性への試み」展   東京  大日本蚕糸会

2009年   京の繭   「陰影礼賛」展   京都文化博物館









d0161928_8213144.jpg












d0161928_8221249.jpg







d0161928_8225836.jpg














d0161928_8243451.jpg














d0161928_825715.jpg




























d0161928_8255819.jpg









d0161928_915240.jpg









d0161928_93380.jpg









d0161928_934296.jpg















d0161928_973541.jpg










イベントご案内

053.gif寺田豊展    岡山鴨方市 「青桐舎」 

 2010年9月26日より29日まで
    

053.gif岡山丸善  「京の百帯繚乱」展  出展

    絞りに使用します道具・資料などを展示 
    
 2010年10月13日より18日まで


053.gif博多 ギャラリー「おいし」
 
    寺田豊展

 2010年11月16日より21日まで


       ★ 詳細はカテゴリ  展覧ご案内に掲載しております

by kiyara888 | 2010-09-25 08:19 | Comments(0)