カテゴリ:きもののはなし( 563 )

型染め作家岩井香楠子氏と家庭画報相澤氏のトークショー

d0161928_22344591.jpeg
編集長も帯を変えることで着物の雰囲気も変わりました。

どちらもお似合いでしたが。



d0161928_22333761.jpeg
真ん中はヴェネチアだそうです。



d0161928_00023175.jpeg

左端はお魚が泳いでいます。型絵に絞りを入れたり、手描きで書き足したりと

決まりより、自分の作りたいものを作りたいとのお話でした。



d0161928_22331288.jpeg




相澤さんの帯姿 よくお似合いでした。


by kiyara888 | 2017-10-22 00:06 | きもののはなし | Comments(0)

ドローラ節子さんの帯 噴水と鳥

d0161928_22205706.jpeg





d0161928_22195644.jpeg



今日の編集長の帯はロドーラ・節子さんの作品です。

「噴水と鳥」

バルテュスと暮らしていらしたローマのメディチ館の窓から

見えて風景だそうです。









by kiyara888 | 2017-10-21 22:28 | きもののはなし | Comments(0)

長襦袢が一番大切





きものSalonの企画、松屋銀座での木耶ラの魔法の親指体験講習会は

時間が限られていましたので、多くはお話しできませんでしたが、

長襦袢の話が途中でそれを知りたいとこのブログを遡って

ご覧になっていると仰っていらしたのですが、



着物の着方のなかでは長襦袢が一番大切だと思いますね。

お衿は長襦袢が決めていまして、それに沿って着物を着るわけですから、

長襦袢の着方に時間を取るのがとても重要なのですね。


着こなしのお衿になりますにはかなりな年月を必要とします。

指導者としましてもここが一番難しい。


簡単には通り過ぎることができない長襦袢の着方。講習。


ところが私が開発しました技術ではあっという間に、たった一回で

着こなしのお衿に変身するのです。



これをご覧になった編集長からお話があり、東京での講習会と

なりました。



そして体験講習会でそれを証明させていただきました。

ご見学の方が増えていましたが、なんと織元の男性陣も、周りの

お店の方々もご見学されていました。

熱心に。


そして最初のご自分で着ていただきました長襦袢のお衿から

あっという間の大変身に皆さん感心してくださいました。





編集長から木耶ラさんはカリスマ講師ですねと仰っていただけました。


これは私には宝物になります。



その道の一流の方々との間でお仕事をなさっている、女優さんともお仕事をなさっている。


その方からカリスマ講師と言っていただけるとは。


今回の講習会を大変お喜びいただけました。




で長襦袢の話に戻りますが、後の衿を引っ張る紐は一切必要ないと

お話しましたが、抜いた後のお衿が戻るのも、打ち合わせのお衿が開くのも

技術以外に長襦袢の寸法が合っていないのです。


お若い時の長襦袢は寸法が狭いですし、繰越が少ないと思いますよ。


それを無理に着たり、紐でひっぱたりするよりは寸法を変えたほうが

早いですよね。



お金かかるし、変えるのは‥‥


まあそれでしたら、そのままのお衿でどうぞ‥‥‥。


私はもう知りません。‥‥‥‥なんて(笑)。



23日の教室では長襦袢を拝見させていただきましてアドバイスを

させていただきます。


まだお申し込みは大丈夫ですので、ご連絡くださいませ。


プロフィールのところに連絡先を記載しておりますので。




by kiyara888 | 2017-10-21 10:45 | きもののはなし | Comments(0)

二日目です

d0161928_11013289.jpeg





今日は寺田氏の新作を。


撮影は編集長です。


by kiyara888 | 2017-10-20 11:03 | きもののはなし | Comments(0)

きものSslonのお店にて


d0161928_00230132.jpeg






d0161928_00213733.jpeg


明日も木耶ラの体験講習会がございますよ。

本当にあっという間のお衿の変化にもうご見学の方も

びっくりなさいます。



ご見学もご自由です。





d0161928_00260543.jpeg




写ってはおりませんが、周りには結構沢山のご見学者が。

演出家のごとくにお立ちの方は家庭画報の相澤女史です。


皆さまお洋服の上から長襦袢をお羽織り頂いております。




by kiyara888 | 2017-10-20 00:30 | きもののはなし | Comments(0)

編集長の帯

d0161928_13093205.jpeg




編集長の帯がとてもいつも可愛いですね。



昨日は写真を取り損ねましたが、パリの街角。

エッフェル塔が。


今日は天使の羽?


帯で遊ぶということをしたいなあって生徒さんがたとお話して

いましたので、写真を撮らせていただきました。




by kiyara888 | 2017-10-19 13:12 | きもののはなし | Comments(0)

道明さんの帯締め

d0161928_23183214.jpeg




流石によく売れていました。


一点一点手に取ってみていものですね。


d0161928_23174755.jpeg



この方は二週間前には博多の岩田屋さんでワークショップを

されていたそうです。


そう言えば生徒さんが買ったと仰ってましたが、お聞きしたら

覚えていますとのこと。


昨年は熊本へ。

そこにも生徒さんが‥もうすっかりお得意さんですが(笑)。

それも覚えていますとのこと。


明日もご一緒です。

色々とお勉強してまいります。



d0161928_23373734.jpeg








by kiyara888 | 2017-10-18 23:38 | きもののはなし | Comments(0)

今日から銀座松屋できもの市の始まり

d0161928_21140716.jpeg



今日は松屋銀座のきもの市の始まり。

私は打ち合わせと下見だけでしたが、同じきものSalonのブースには

道明さんが。


こんなに沢山の道明さんの帯締めを拝見しますと見るだけで

満足感に満たされます。


流石に人気のコーナーです。

熊本の生徒さんはコレクターですが、なるほどねと理解できます。


古谷編集長と途中お茶したり楽しんでおります。


佐竹帯のデザイナーみっちゃんとも久しぶりの再開を喜び合いました。

数年先までスケジュールいっぱいとは。流石人気ですね。

さて明日は朝から体験講習会です。




by kiyara888 | 2017-10-18 21:23 | きもののはなし | Comments(0)

世界文化社企画「木耶ラの着物の着方講座」





本日長襦袢の講習をお受けになった方々のご希望により続きで

着物の着方の講習会を世界文化社が企画してくださることになりました。

本日急に決定しました。




2017年11月14日火曜日 2時から4時までの2時間


受講できる方は17日の講座もしくは23日に開きます長襦袢の着方を

お受けになった方に限ります。


要するに長襦袢の続きで着物のご指導になります。

ご希望の方はとりあえず23日の長襦袢の着方をお受けになって

なってからになります。



17日にお受けになった方は本日お申込みされました。



23日は人数制限を致しておりませんので、随時お受けいたします。




d0161928_00364912.jpeg


お問い合わせ、お申し込みの方はこちらの電話番号へ

ご連絡くださいませ。

ご一緒に着物の講座もお申し込み可能です。



by kiyara888 | 2017-10-18 00:38 | きもののはなし | Comments(0)

例年より早く袷のコートを

d0161928_23533472.jpeg




生徒さんが今日撮ってくださった写真です。



素敵なコートですねということでお写真を皆さん撮ってらっしゃいました。

京絞りの寺田氏と墨流しの高橋氏のコラボ作品です。

オリジナルですので、今までにないコートになっています。



例年ですとまだ紗のコートで歩いているところですが、

本格的に寒くなってきていますので、やはりそうなりますと

袷のコートがいいかと。

軽くて暖かいコートです。


明日から寺田氏は松屋銀座へ。


お昼からオープンのようですが、かなりな人になるらしいですね。

明日はお昼から打ち合わせに参ります。


と色々とお勉強を兼ねまして見学に。



by kiyara888 | 2017-10-18 00:00 | きもののはなし | Comments(0)