カテゴリ:きもののはなし( 404 )

着物は素晴らしい!




今新幹線でお茶を買いましたら、販売されている若い女性に、

素敵ですねえって言っていただきました。綺麗に着られてますねと

熊本で着物指導で移動していると話しましたが、車内販売の方から話しかけられたのは

初めてです(笑)。


先日はキャビンアテンダントの前の席でしたが、

離着陸時の時にずっとお話をしていました。


着物は素晴らしい!(笑)



by kiyara888 | 2017-06-24 09:29 | きもののはなし | Comments(0)

付け下げ用のバッグ

d0161928_16244295.jpg








着物で歌舞伎と言いますと、付け下げを多く見ます。



華やかに装う方が多いのですが、その時のバッグは私は

布製のものを使用しています。


色々な呼び名がありますが、利休バッグともよばれています。

歌舞伎やお能の鑑賞にはやはり利休バッグ、もしくは革でも

小ぶりなものを使用しています。


パーティー用のバッグがそうであるように、やはり小ぶりがいいでしょうね。

紬などでしたら、お洋服と兼用でも。でもあまり大きなバッグは

使用しないですね。着物用の布製のバッグは別ですが。

お洋服用の大きいバッグはやっぱり合わないですね。

せっかくの美しい姿の落とし穴になりませんように。





by kiyara888 | 2017-06-22 16:10 | きもののはなし | Comments(0)

九月の着物






9月は福山での歌舞伎の鑑賞会、博多にてのお能の鑑賞会がありますが、

着て行く着物はお単衣です。


長襦袢もお単衣、お衿は塩瀬、帯締め帯揚げは袷のものと同じです。

帯は夏物はもう結べません。綴れ帯、軽い素材の袋帯でも。

名古屋は本来八寸の名古屋帯ですが、素材によっては九寸で締めています。


只、場所によっては10日で未だ暑ければ夏物を着る方もありますね。

その場合は全て夏物で揃えます。半衿も絽で。

麻はもう遅いですね。


よって福山はお着物はどちらでも大丈夫です。お単衣でも、絽でも。



博多のお能は夏物はもう遅いですね。


お単衣で。




by kiyara888 | 2017-06-21 11:32 | きもののはなし | Comments(0)

大濠能楽堂にて復曲能「わたつみ」お披露目








d0161928_07591835.jpg

d0161928_12514701.jpg



志賀海神社にて江戸時代に舞われていた「わたつみ」が

解読され三年の月日を経て復曲されることになりました。

そして私の師 観世シテ方能楽師片山伸吾氏がそうそうたる豪華なメンバーと

ご一緒に、大濠能楽堂にて発表なさいます。




9月18日月曜日(祭日) 2時開演


チケットは木耶ラへお申し込みください。

A指定 10,000円





着物はお単衣になります。


d0161928_09322093.jpg



d0161928_09314618.jpg





d0161928_07594492.jpg


d0161928_08005167.jpg





d0161928_09351229.jpg


by kiyara888 | 2017-06-21 10:12 | きもののはなし | Comments(0)

半衿にこだわる?


おやおやあっという間に夕方になりました。

ずっと家にいましたが、たいして仕事ははかどらず、今日も

一日勿体なく過ごしてしまいました。

教室や講習会がありませんと一日を無駄にしたような気がします。

教室のある日は一日を有意義にすごしたという充実感があるのですが。


まあ、仕事捗らずこのまま夕食?

何を作りましょうか。


明日の着物の準備だけはできましたが。


半衿について調べていましたが、T.P.Oの細かいこと。

絶対半衿屋さんだと思ったらそうでした(笑)


まあ真夏に塩瀬、縮緬と言うのはおかしいのですが、この6月はそこまで

区切らなくてもいいのではと思ってしまいます。

縮緬の半衿はは2月までと言うのはどうなんでしょうか。

別に5月まででもいいと思いますが。

しぼが細かいものもありますし。


絶対にと言いますと、麻の半衿を五月にと言うのは変ですが。

五月に絽の置物を着ている方を見たことがありますが、いくらなんでも早い?


そういう突拍子なこと以外はあまりこまかく区切りますと.....。


明日はもう絽のお着物でもいいのですが。

絽縮緬をもっていますので、それだと季節的にぴったりなんですが、

でも明日はわたしなりのこだわりがありまして、全体に完全お単衣の

合わせで行きます。


後半は絽縮緬になりますか。紗の袋帯を合わせまして。


こだわりは6月から9月までは絶対に白ですね。

といいますか、もう年中白ですが。




by kiyara888 | 2017-06-18 18:09 | きもののはなし | Comments(0)

着物姿で歌舞伎の会


昨日は博多座の歌舞伎の会でした。

お稽古の着方が試されるときですね。

着物姿でずらっと並ぶと言うことは博多座ではそんなに

ありませんから目立っていると思います。舞台上からも。

今回は熊本と別れましたが一緒になりますと圧巻です。


生徒さん方の晴れの舞台ですが、あれれ、お稽古の時の方がいい?

という方も数人。

お稽古より綺麗に着れたというかたも。


面白いですね。本番に強い人、弱い人っていますね。



やっぱりこういう緊張も体験する方がいいですね。

お単衣の時期ですのに、まあ絽でもいいのですが、割と思ったよりは

お着物の方が。

ご年配の方が粋に着こなされていて。なにかなさっていらっしゃるのでしょうか。

紗のコートもご年配の方にみられました。


さて明日は熊本組。


お単衣は圧倒的に少ないのですが、着古したお単衣に帯を変えまして、

今までとは違った雰囲気に。

涼しげな帯留も生徒さんの娘さんから届きましたので、

それをあわせまして、いままでとは違った雰囲気に着こなせそうです。


蘇るお単衣。

なんか楽しいですね。


歌舞伎のお話?


橋の助くん始め子供たちが張り切っていて気持ちが良かったですね。

橋の助くん、長男らしく頑張っていました。

凄く高く飛び上がって驚きました。

涙が出ました。

若者の一生懸命という姿は美しい。

取りあえずは一生懸命に。

全体的に面白かったです。

笑いました。


今年の歌舞伎の会は明日で終了です。


後半はお能になります。

9月。又お単衣ですね。

生徒さんでお持ちでない方は私のをお貸しします。

お着物も帯も。

標準サイズですが、少し幅は大きめです。


さて、今日はお部屋の片づけをまず。






by kiyara888 | 2017-06-18 11:17 | きもののはなし | Comments(0)

今何を着る?



この時期の合わせは結構難しいようです。


そして人によって考えがまちまちです。


と言いますのはしっかりと決まっていた昔と違いまして気候の変化に


影響されてしまいます。



季語を見てもそうですが、気候の変化で季節が少しづつずれているんですね。

で変えなければならない。


体感によって変わる。


北海道と九州が同じわけではない。

気温の差は激しい。


気温に合わせますと当然生態は変わるわけです。


まあ、難しい季節です。

ですが、それを考えることだけでも嬉しいですね。

さて明後日の合わせは?

by kiyara888 | 2017-06-17 23:28 | きもののはなし | Comments(0)

一日特別講習会

d0161928_22134980.jpg



この夏の特別一日講習会なにを企画しましょうかと思案中です。

野際洋子さんがお亡くなりになりました。

今「やすらぎの郷」ではまだお元気なお姿が拝見できます。

この中で一番若々しいのは野際さんだなあと言った人がいましたが、

見かけでは寿命はわからないんですね。

おげんきそうでしたのに。

この「やすらぎの郷」が最後なのでしょうか。


私もせっかくの技術、どなたにも伝えない内にこの世から消えると言うのは

なんかやりきれないですね。残していきたいと思います。


これからちょっと忙しくなりそうな予感もあり、今の内にと思っての企画です。



1、長襦袢の着方、木耶ラの魔法の親指と着物の着方では魔法の掌。
  目から鱗のコツ

    講習会1、 長襦袢   1時間  休憩30分

    講習会2. 着物の着方 1時間  

2.モデルの背中に結ぶ手結びの二重太鼓   2分で仕上げる。


3、モデルの背中に結ぶふくら雀.........1分半で結びます。

   
     ★   人の背中に結びます帯結びは手首を使いませんので

         腱鞘炎を免れます。

  ではどうやってしっかり結ぶの?

  簡単なコツがあるんですよ。


        いつまでご指導できるかわかりませんので取りあえず今年の夏に。









by kiyara888 | 2017-06-15 22:06 | きもののはなし | Comments(0)

小帽子絞り色々

d0161928_21282599.jpg








d0161928_00562166.jpg







これは実は二つとも小帽子絞りなんですよ。


絞り方は又後日掲載いたしますが、こんな風に色々あるんですね。




私は今は下の小帽子が気に入っていまして。



宝石のように輝きますし、ここに小さく刺繍を入れますと宝石のように光ります。


私には宝石入りも着物の方がずっと胸がときめきますね。


人それぞれですね。魅力的なものは。






by kiyara888 | 2017-06-15 21:35 | きもののはなし | Comments(0)

特別講習会の企画



秋からまた10日ほどの不在になりまして、結構スケジュールが

埋まってきますが、6月の後半から7月の5日まで、7月、8月と

スケジュール調整できますので、プライベートレッスン、又特殊な


講習会を企画しようと思っています。


生徒さんでも一般の方でもご自由に参加していただける形で。




新しい技「魔法の掌」は着物の着方ですが、そういうものも、

特別講習として企画いたします。



但し博多のみになります。



詳細は又後日。



カテゴリは特別講習会にしておきます。



by kiyara888 | 2017-06-14 13:10 | きもののはなし | Comments(0)