カテゴリ:きもののはなし( 715 )

着物で大変身



d0161928_01321025.jpeg


大変身を夢見る方のためには情熱をもってご指導しますが、

最初の出会いでその方を拝見した時に、お洋服のどんな姿であっても、例えば

ジーンズ姿であったとしても、その方の大変身が私には見えるのですね。



その方がどのように変身するかはもうその今の姿でわかります。

髪結い上げ、まあショートでもいいのですが、着物をお召しになった

姿が見えます。どのような変身をされるのかが見えますね。


わたしには大変身は無理だと仰ってもそんなことは無いのです。


その方にはご自分の変身も周りの方の変身も見えてないとは思いますが、

私は何しろキャリがありますので、十分に見えるのですね。



まあ実際に着物をお召しになった方を拝見してますと、その方の手つきまで

わかります。どのようにして着上げられたのかがわかります。


私の生徒さんは今はまだまだの方も本当に面白いほど、時間とともに

変化なさるのです。


もうすでに体験なさった生徒さんは今首を縦に振っておられると

思いますね。


私なんかと思ってらした方も、今のご自分の変化に驚かれていると

思います。


ここまでの大変身をご指導できる方は私以外にそんなにはおられないと

思いますね。


おられてもそんなに多くではないでしょう。

パラパラと散らばっておられるでしょう。

私のように地方におられるかもしれません。


そんな指導者に出会えるのはなかなか難しい。

と思いますね。



有名だから可能とは言えないのですね。

有名な俳優さんだからうまいとは言えないように。



私は生徒さんには媚びませんし、はっきりとした性格ですが、

生徒さんといつも同じ場所にいます。

庶民的です(笑)。



一段上にはいません。

お世辞もいいませんが、生徒さんがたはしっかりとついてきてくださいます。

それは木耶ラがいつか大変身をさせてくれると信じてくださっているからでは

ないでしょうか。



そして徐々にそういう方々がもう出てきておられます。

大変身をされた方が。

そして大変身をしていっていると感じておられる方が。



木耶ラと出会って良かったと思ってくださっている方が。


もっともっと自分はステキになれる。垢抜けていくと、そう感じて

おられる方が。


そして今スタートされた方もきっと木耶ラがなんとかしてくれると

思ってらっしゃる。


そうなんですよ。木耶ラはその方を大変身していただく自信があるんです。

ゆっくりと時間をかけて。







by kiyara888 | 2018-02-19 01:57 | きもののはなし | Comments(0)

道明さんをお訪ねして

d0161928_20312579.jpeg





今日は歌舞伎に行く前に道明さんを訪れました。

銀座松屋でご一緒した方ではなかったのですが、色々と見せていただきました。


生徒さん方は着ている着物と帯びに合わせてアドバイスを。

着物と帯びを持参されて合わせました。

着物と帯がワンランクアップしましたですね。

着物と帯の雰囲気が見事に変わりました。

彼女はすぐに帯締めを取り替えて歌舞伎へと。



目の保養になりました。

相澤さんと編集長に写真を送ろうと思いまして、この生徒さんに撮っていただい

たのですが、ちょっと気合が足りなかったのか、写ってませんでした😣。

それで彼女との写真をメールしました(笑)。



熊本はもう一人の方が行かれるそうです。




by kiyara888 | 2018-02-17 20:40 | きもののはなし | Comments(0)

気合を入れて着物着て歌舞伎へと。





うたた寝で遅くまで起きていて、で目覚めたのは9時過ぎ。

どんなにおそくても8時前には目が覚めますし、ここまで寝るということは

1年に一回くらいでしょうか。

ですが、ずっと頭の奥でスッキリしないものを感じていまして、

風邪気味だなあと思っていましたが、今朝はそれも取れまして

スッキリしています。

風邪だったのでしょう。




やはり睡眠が1番ですね。風邪のひきはじめには。


今日は歌舞伎の会ですから、生徒さんがたは髪のセットに着付けにと

集合時間までは忙しくされていることでしょう。

熊本の生徒さんからの申し込みが少なく、結局お二人でべつに行かれました。

着付けはどうだったかと申しますと、その日にお二人でプライベートレッスンを

お受けになりにいらしたので、完璧に整えて行かれました。


お一人は熊本から毎月プライベートレッスンに通われていますが、

今回はお二人で受講されました。





福山もそうでしたですね。


まだ教室が始まってすぐでしたが、皆さん着物でいきたいというご希望で、

その前にお稽古をしまして、チェックしまして、ご一緒に出かけましたが、

かなりお疲れだったと思います(笑)。


お写真を拝見していますと堂々との出来上がりになっていますので、

初心者とは気づかれないでしょう。




こうやってお出かけの前に見させてチェックさせていただくと


私も安心です(笑)。


16名の博多座での鑑賞会はお一人お一人ロビーで見させていただくのに

時間がかかりまして、次回からは上達された方に直しのお手伝いを

していただこうかと。



来年猿之助ワンピースが来るかもしれないということで、勝手に思っている

だけですが、そうなりますと30名くらいにはなるのではと。



直しをしていただく生徒さんを3人くらいはお願いしませんと。

それまでに、その方々にもお直しのコツを伝達しなくては。


木耶ラの二重太鼓は一回でも結ぼうと思いますと結べるもので、

器用でなくても絶対に綺麗な二重になりますので、

一回の講習会ののち結んで来られるかたもおられます。



着物はやはり大変身には時間がかかりますが、二重太鼓はその気になれば

一回で結べます。


お稽古してすぐの歌舞伎に結んで来られるかたもおいでですね。

何度しても無理という方は気合が足りませんとお話しします(笑)。


剣道をなさっているご主人が納得されたいたそうです。

若い子は紐の結び方に気がありません。


88歳のお友達はなんでもすごく気が入られますよ。

私より気が入っておられます。

俳句でもおしゃれでも私の数倍気が通っておられます。


そうなんですよ。


なんで大変身が可能なのかおわかりですか?

私も彼女ほどではありませんが、気が入っているからです。

なんとしてでも大変身させてみせるぞ!と。

その想いが伝わる方だけが大変身をしていかれるのです。

人生が変わるほどの。



ではでは私も準備を。




ご指導に気は入っていますが、あとはまったくダメ女です。

すみません。ご迷惑ばかりおかけして。




猿之助さんのワンピースが博多座に来るとは決まっていないのですが、

猿之助さんが博多をスルーされるはずはないと思っています。


ワンピースは博多でも満員御礼状態でしたし、博多が大好きで

いらっしゃるし、絶対に来年は来られると思っています。

2月か4月に。


生徒さんの弟さん、松竹の方なんですよ。

生徒さんにこの思いを伝えてもらいます(笑)。





by kiyara888 | 2018-02-17 10:06 | きもののはなし | Comments(0)

木耶ラの伊達締め


d0161928_22585231.jpeg


色々と着物の技術、ご指導の仕方などを研究していきますと、

着物の小物につきましても考えてしまいます。


そしてこの伊達締めを考案しました。

モスリンの紐が1番着崩れがなくてすみますが、

伊達締めもモスリンがいいと作ることにしました。

踊りをされる方などはすでに使っておられるらしいのですが、

どんなものか拝見していませんが、一度市販されているのを

みたことがありますが、もうしこししっかりしたものをと

思って作りました。



生徒さんがたはとても使いやすいとおっしゃってくださいます。

しっかりしたものを作りました。

在庫を置いているわけではありませんので、また、近々作りたいと思います。

専門家の方に縫っていただいてい



サロンまでに伊達締めとモスリンの腰紐も準備できたらと思っています。


肌襦袢などの下着は作るのは大変ですが、とりあえずは研究する価値は

ありますね。


一ついいものを見つけましたが、なにぶん下着ですので、

写真はアップできませんが、又生徒さんにはご覧いただきます。



モスリンの伊達締め、衿芯、などはサロンでいつでもご準備できればと

思っております。











by kiyara888 | 2018-02-16 23:48 | きもののはなし | Comments(0)

同じことを何度でもご指導いたします。

d0161928_01321025.jpeg









木耶ラの目から鱗と言っていただいています技術は

ある意味本当に簡単で、こんなに簡単な指導で今まで何年経っても

できなかったというものが一瞬にしてできるというものです。



私が考え出したものの他にも伝わってきたものもあります。


これは技術と言っていいかどいうかもわからないほど

簡単なものですから、講習会では皆さん驚かれます。


何故今まで何年もできなかったものができるのかと。



そして理論的なnご指導をしておりますので、一旦

ご理解いただけましたら、ゆっくり考えていただければ

理屈でわかるのですね。



覚えるということはなさらずに理屈でこうなると思って

くださった方が忘れないですね。


私たちの年はもうおぼえるということはなかなか大変ですから。



まあとりあえずは木耶ラのクラスは同じことを徐々に深くは

していきますが、同じことを何度も何度も身につくように

ご指導して参ります。





by kiyara888 | 2018-02-16 01:41 | きもののはなし | Comments(0)

きものの勉強はたのしい。次から次と





着物を綺麗に着れるようになりましても、実際には知識も必要で、

きものと帯の合わせ方一つにしましても、格あわせなど無視できない

ものがありますね。


昔に比べましたら、かなり緩くなっては来ていますが、それでも

ある程度は合わせませんと違和感を感じます。


頭で覚えようとしてもわかるものではありませんので、私は

生徒さんが自分の体験で会得していっていただきたいと思っています。


いつでもメールでお聞きになってください。

色合わせをされる方がありますが、やはり格の合わせが必要なのですね。

iPadProにしましたのは、そういう目的もあります。


生徒さんが送っく来られますきものや帯が大きく見えますように。



このきものと帯は合うかどうか。

一般の方はサロンへお越しください。

その方が見えませんとやっぱり正確にはアドバイスし兼ねますので。



着物を着て楽しむ企画が続きますね。

この時に参加なさる方は真剣に合わせなどをお勉強されます。

やはりこうした実体験が1番わかりやすく身につきますね。


帯締め一つ格がありますので。




by kiyara888 | 2018-02-16 01:17 | きもののはなし | Comments(0)

あなた次第です。



木耶ラの講習会に参加したけれど、月に一度も着ないのですぐに忘れると

おっしゃるとちょっとがっかり致します。

私でしたら、忘れないうちに何度もお稽古するでしょうね。


半衿の付け方もしわひとつなくつけるという方法を考え出しましたが、

これは毎日毎日半衿をつけ続けたのです。

1日も休まず。


そしてコツを見つけました。それは指の感覚なのですが、この指の

感覚を見つけますには何度も何度も毎日毎日つけ続けるのです。

一ヶ月に一回でしたら、見えてこないものが見えてくるのです。


45年間、研究し続けてきたものを簡単にお伝えしています。

なのに全然着ないからわからなくなったとは。


では毎日夜にでも一回でも着てみてください。

そうすれが忘れることはありません。


どうやったら上達しますかとお尋ねの場合は、あなた次第ですとしか

お答えしようがありません。



ピアノにしましても毎日お稽古をしなくてはならない。

次のお稽古の日に始めて弾いたなんて考えられません。

弾けるようなるまで何度もお稽古をしなくては上達はあり得ません。


私は魔法の親指であっというまにお衿が綺麗に決まるということを

ご指導はしていますが、魔法使いではありませんので、あっという間に

着物がすてきに着れるということはあり得ません。


簡単に着ること、結びことはコツをお教えてはしていますが、それを

自分のものにしますには、あなた次第なのです。



どのくらいで着れますかというご質問にもどこまででいいのかという

判断もあなたしだいですとお答えするしかありません。


どこまででいいのかという判断はお任せしています。




by kiyara888 | 2018-02-15 22:09 | きもののはなし | Comments(0)

サロンでご覧いただけます。





肌触りのいいモスリンなどの春ショール


25日と26日博多イタリア会館のサロンにてご覧いただけます。






d0161928_23182398.jpeg








by kiyara888 | 2018-02-14 14:36 | きもののはなし | Comments(0)

着物に身体を合わせる




なかなか裾が裾すぼみにならないという原因の一つとしまして、

身幅が狭いというものもありますね。

どちらにしろ簡単な方法であっという間にどんなものでも裾すぼみには

はできるのですが、実際に技術だけで裾すぼみにするには

身幅が狭いとなりにくいです。



例えば着物が頂き物であっても少し大きめの幅の着物でしたら、

裾すぼみは簡単にできますが、身幅が狭いとややむずかしいでしょうか。



大きめのサイズの方が小さめのサイズよりは着安いですが、ただ、

あまり大きいものでしたら、腰から下の背縫い、中心線が右寄りになりすぎます。


勿論少し大きめにゆとりをもって着物は作りますので、やや右寄りになるのは

問題ないのですが、大きすぎまして、かなり脇線に近いくらいになりますと、

やはり見た目には良くないですね。


これも経験しています。



少し身幅が狭いと裾すぼみが困難。


結論から言いますと、やはり寸法は合っている方がいいのですが、少し

幅が広いほうが狭いよりは私には着やすかったかなと。



丈もそうですね。短いよりは長い方がまだ着やすいですね。


以前より太りましたので、やや着にくくなっています。

色々なところで取られますので、丈も短くなりました。‘



ということで全部の仕立て直しは大変ですので、少し痩せて着物に

身体を合わせます。



と言いながらゴボ天うどんに焼き芋が今日のお昼ご飯。

炭水化物だけ。ごぼうがいっぱいでしたので、まあいいかなと。

焼き芋があまりにも美味しくてくせになっています。

ビタミンCが取れるからと言い聞かせながら。


ですが、この二つが原因かもしれません。



着物に身体をあわせませんと。




by kiyara888 | 2018-02-14 14:31 | きもののはなし | Comments(0)

春ショール




春ショール


汽車の尾をなほ見送れり春ショール ‥‥‥久保田万太郎





d0161928_09454432.jpeg




春ショールとは暖かくなってきました時に、コートを着るにはちょと重い感じが

するけれど、まだちょっと寒いという時に肩にかけています。


着物でもお洋服でも一緒ですが、着物の場合にはこのころから羽織、

又紗のコートなどを着る場合もあります。


紗のコートが無ければ春ショールを肩にかける方も多いですね。


金比羅歌舞伎は初日と千秋楽では気温がかなり違っています。


初日はまだ桜も散り終わっていませんで、時には満開でしたり、

桜吹雪であったり。



毎回歌舞伎には行っておりませんが、近くでしたので、反対に椿と桜を

愛でるために歌舞伎が始まる前に訪れていました。


足が悪くなかなか芝居小屋での鑑賞がしにくく残念ですが。

ここも椅子席を増やしてはいますね。



四月の中旬からは暑くてコートは勿論必要ないのですが、夕方には冷えてきますので、

この時には春の軽いショールが便利です。荷物にもなりませんし。



生徒さんや皆様方にぜひご紹介したい春ショールがありまして、

この2月25日、26日の木耶ラのサローネ(サロン)に送っていただくことに

なりました。展示はしていませんが、お気軽にいらしてください。


どなたでもご自由に。25日は3時まで狂言を楽しむ会を開いていますが、

無料です。5時までは開けております。



26日は午前中には魔法の親指講習会を開いていますが、1時から5時までは

サロンを開いております。


着物に関してのご相談もお受けしています。



この作家さんのショールはモスリンですが、肌触りが良く、またモダンですので

是非ご紹介したいものです。


もっと明るい色も沢山。

私自身も楽しみです。









by kiyara888 | 2018-02-14 10:01 | きもののはなし | Comments(0)