木耶ラ kiyara のプロフィール




d0161928_11392443.jpg






木耶ラ   kiyara

連絡先

080-6327-7812

kiyara888@hi2.enjoy.ne.jp パソコン


kiyara777@docomo.ne.jp iPad
kiyara888@docomo.ne.jp 携帯








血液型     O型

星座      かに座

特技      着物を早く着ること以外に特になにもなし

好きなもの 好きなこと

        句歌詩帖「草蔵」の会員   佐々木六戈先生に指示
            俳句 短歌 詩を作っています

        仕舞 謡    観世流シテ方能楽師  片山伸吾先生に指示

        能鑑賞   お能観賞  歌舞伎鑑賞  お芝居鑑賞  

        山歩き   山を観ること  水族館(特に海月鑑賞)

        着物指導も趣味かもしれません
       

        
好きだった町     ベナレス   タオルミーナ  フェッラーラ アッシジ  ボローニャ
           サントリーニ   南インド
           (よく見るとイタリアとインドだけですね。もっと他の国にも
           街にも行っているのですが)

好きな所       鞍馬山   熊野  阿蘇山   涸沢  徳沢  貴船 

            こうやって改めて書いてみると結局山ばかり
            聳え立つ山を見ながら暮らしたいといつも思っています



  子供のころからの憧れだったスチュワーデス(全日空)になる。三年たたないうちに、
  一生の仕事として着物の講師になることを決意。全日空を辞め京都の学院に入学する。
  独立後、着物を伝承していくために、着物を着る人を増やしたいと活動開始。
  初心者の方にいかに早くきれいに着てもらえるかを研究中。
  この仕事を天職と思い、残りの人生すべてをかけたいと決意。
  
    正しい着物の知識  着方 着物と帯の合わせ方をアドヴァイス
    安心できる着物、帯などを正しい価格でご紹介
    手入れ方法  着やすい寸法の研究 アドヴァイス 
    
    木耶ラの着物教室では自分が着ること以外に指導はしていません。
    着物は奥が深く、着ることだけでも、深い長い道のりです。
    訪問着が着れて、二重太鼓が結べるようになっても、着物と帯の合わせ方 T・P・Oと
    つきることがありません。
    
       長襦袢の着方   着物の着方(普段着  お出かけ着 訪問着 浴衣)
       名古屋帯  半幅帯  袋帯の結び方
       体形補正の話  襟芯の話  半襟の話 付け方
       長襦袢の話 着崩れない寸法  着物と帯の合わせ方  T・P・O
       手入れの仕方  


「木耶ラの長襦袢」
       
       着物を綺麗に着るためには長襦袢がとても大切なのです。
       長い間着崩れしない  着やすい ということを研究していますが、
       ここでやっと理想の長襦袢に到達しました。

       お一人お一人で作り方が違いますし、又画期的な作り方になっていますので、  
       紙面では誤解を避けますためにもご紹介はできませんが、
       ご希望の方にはお作りして参ります。

       必ずご対面させていただいてからになります。
       なにせお一人お一人にあったものを
               
               


                一日講習会 「木耶ラの魔法の親指」
              
                ユーチューブ  「木耶ラの90秒で着る着物」


               「木耶ラのきもののはなし」着物冊子1号から8号

                 
      
080-6327-7812



    
    
      

by kiyara888 | 2012-08-21 07:40 | 木耶ラのプロフィール | Comments(2)

木耶ラのきものサロン



来年より正式に「木耶ラのきものサロン」を開くことになりました。
これは長い間の私の夢でもありましたが。還暦を迎え一生の仕事として着物の指導をしていくことを決めましたが、着物は広い分野にわたっていますし、また一つ一つに長い歴史と共に深い内容があります。すべてを網羅できるわけではありません。でもおかげさまで寺田さんを始めその道のプロフェッショナルとの出会いがあり、その方々のお助けもあり、夢のようなサロンを開くことができるようになりました。着物講師として40年間考え続けてきた「どのようにしたら、速くきれいに、楽に、そして着崩れなくきることができるか」ということを今ここでみなさがたにご指導できるようになりました。といいましても、今もまだいろいろなことを研究し続けていますので、また新しい発見もあり、このことに関してもつきることがありせん。

京都にいました折には振袖の着せ方 帯結び、 男性ものなども指導しておりましたが、この着物
サロンでは自分で着るということだけをつきつめていきたいと思っています。
名古屋帯と袋帯の二重太鼓 そして半幅帯の基本の結び方だけを指導しています。
それが完璧でないうちにあの帯結び  この帯結びというのはあまり関心いたしません。

着物を自分で着るということはただ着れるということではなく、沢山の知識が必要となります。
ただ知識だけを優先していまいますと、とんでもない未来になってしまいます。
まず着ること。着れないかたが知識を振り回しても私には滑稽に映ってしまいます。
知らなことの強さといいましょうか。

深い知識を私がご指導できるわけはありません。年に数回その道の技術者の方、作家の方から本物を教えていただく講演会も企画していきます。
本ではわからないとても深い世界ですから、講演をお聞きになったかたはみなさんため息をつかれています。

木耶ラのきものサロンではその作家さん方の作品展を楽しい雰囲気の中で開きたいと思っています。
いいものを見て目を肥やしていく、こういう機会も作りたいと思っています。

また着物が欲しいというかた帯が欲しいという方のためにT・P・Oなどもご説明しながらお手伝いさせていただきたいと思っています。

いままでにない着物教室  呉服屋さん  勉強会   着物を着て楽しむ会 
すべてを網羅したサロンとして来年1月より発足いたします。

これを開くに当たりまして、この私に賛同してくださいました、作家さん方に心よりお礼を申し上げたいと思っています。


by kiyara888 | 2010-10-30 10:30 | 木耶ラのプロフィール | Comments(0)