3分で着る着物の説明をイタリア語で

来年3分間で着る着物のデモンストレーションを博多で行う予定です。

イタリア会館でということもあり、イタリア人の方にもお見せしたいので

イタリア語でまず説明をしましてということで。

後ろに訳を掲載しています。


Vorrei spiegare brevemente come si indossa un kimono.

Fino a un centinaio di anni fa era piu’ che normale mettersi
il kimono da sole.

Se non si sapeva come metterlo,sicuramente c’e una mannma,
una nonnna o una vicino di casa che poteva insegarlo.


Una delle ragioni di quesuto fenomeno e’ che durante la guerra
era diventato quasi vietato.

Una delle ragioni di questo fenomeno e’ che durante la guerra era
diventato quasi vietato.

Oggi,
per un giapponese ,e’ molto difficile mettersi il kimono e sono
necessari molto tempo e molta pazienza.


Generalmene per completare la “ vestizione” ci si impiegano dai
30 ai 60 minuti.


Ma con un po’ di tecnica tempi si accorciarno.
Io ,ad esempio,adesso riesco in soli 4miniti.


Per mettere il kimono,avvolgere e chiudere l’obi ci vogliono
solo 3minut.


一応自分でイタリア語で作りまして、イタリア語の先生にお見せしまして

ところどころ、生きているイタリア語に直していただきました。

日本語と同じでこの場合はこの単語がいいですよとか、

この動詞を使ったほうがエレガントなんですよ

ですとか、これぞまさしく生きたイタリア語だと興奮しながら勉強させて

いただきました。

木耶ラの3分で着あげる着物と二重太鼓の紹介文です。






着物の着方をご説明したいと思います。

着物は100前ごろは自分で着れるものでした。

着物を着ることを知りたいと思ったら、お母さんや、おばあちゃんが

教えてくれたり着物を着た周りの方々から知ることができました。

着物が着れないのは、戦時中着物を着ることができなかったのも原因の一つです。

今は、着物を着るのは日本人でも難しく、着れるようになるには

普通で30分から60分かかります。

ですが、私は4分しかかかりません。

着物を着て、帯を結ぶというだけでしたら3分です。

今から正統派の着方をお見せしたいと思います。


YouTubeでこの着方を紹介しております。木耶ラの着方で検索可能です。


これからも着物をイタリア語で紹介したいと思います。


これからも色々と着物に関してイタリア語で書いて参ります。

自分用にネットで本を一冊記念に残していこうかと。


イタリア語の先生も凄く面白いので今後もやっていきましょうとのことでした。




by kiyara888 | 2017-10-11 16:22 | きもののはなし | Comments(0)