木耶ラの魔法の掌





このネーミングは寺田氏が付けたものです。


新しい技術を考えたとお話ししましたら、ちょっと見せて欲しいとのこと。


ご覧になったあと「これは木耶ラの魔法の掌」だと命名されました。



なるほど、まあ親指ほどの魔法はありませんが(笑)。


おはしょりの始末でお悩みの方には魔法に見えるかもしれませんが、

これは他にもいい方法があるかもしれません。

ですが、難しいとお悩みの方にはまあお役に立つかもしれません。


今のところは教室でしかご指導していませんが、これも講習会をとして

ご指導できる場所があればと思っています。




「木耶ラの魔法の親指」は長襦袢ですが


「木耶ラの魔法の掌」は着物の着方になります。



帯には帯で二重太鼓の簡単な結び方をご指導しております。

私で一分半。


youtube「木耶ラの着方」でご覧いただけます。




いままとめかけています。それぞれのお衿の合わせも。


これは大変面白いお話になります。


先日も素敵な夏のお召し物をまとっていらした女優さん。


残念! お衿が残念。



ちょっとのことで大変身されますのに。



でもそう思って、アドバイスさせていただきましても、

ムッとされることが多いですから、もうやめております(笑)。



着こなしがおできの方はどんなお衿でも素敵なんですよね。


お衿が立っていたとしても素敵なんですよね。


着こなされてない方はやっぱり変なんですね。


一目瞭然です。



私の生徒さん方は見る目ができてきていますね。


お衿についての指導が多いですから。’


さて、今日一日中の準備をしませんと。’


by kiyara888 | 2017-08-12 09:08 | きもののはなし | Comments(0)