書道家    中村文美さん





d0161928_1416874.jpg



俳句のお仲間でもあり、その縁で私の教室にも通ってくださった

中村文美さん。   書道の先生です。



これは今日のお写真ですが、読売書法展の会場です。

今年 「読売書法展」の読売奨励賞を受賞なさいました。


作品の展示会と授賞式で上京されています。



彼女の指導はしていましたが、まあお会いするたびに雰囲気がおありだなあと

思っていましたが、本当に着こなされていますね。


衿も合わせ方といい、すべてが上品に出来上がっています。書道の先生らしく。


そうコメントをするといつも「もう 本当に木耶ラさんのお蔭です」と

謙虚に言ってくださいます。


ですが、書道に向かう精神がこのような着こなしをさせているのだと思いますね。


確かに最初に指導者は選ぶ必要があるとは思います。

誰に習うかで違ってきます。

ですが、あとはその方の精神が関係していきますね。


職業的なこと、様々ですが。


生き様がその方の着こなしを作っていきますね。


ですが、木耶ラのお蔭だと言っていただいてうれしいですね。

それが私の生き方の一番重要な部分になっていますから。





福山でご指導をされています。

by kiyara888 | 2014-08-25 14:27 | 日常 | Comments(2)

Commented by すゞり at 2014-08-25 14:47 x
木耶ラ先生に出会えたから、
何が美しいのか、どうしたら美しいのか、そのために何をしたらいいのかを考えるようになりました(^^)

出先で、自分で着物を着られるって一生の財産になります!
Commented by kiyara888 at 2014-08-26 06:13
ありがとうございます。
そう言っていただけると本当にうれしいです。
どうしたら、この生徒さんはより美しく着ることができるだろうかと
いつも考えていますので、喜んでいたけると講師冥利に尽きます。
本当にこれは一生の財産になりますね。
パリの展覧会でも美しい着物姿をご披露ください。