九月のお着物と半襟

9月の半衿につきまして、色々と違う意見を本ですとか、ブログでみましたが、

う~ん。難しい季節に入っていきますね。


まず9月にお召しになる着物ですが、昨年を考えましても、まだかなり暑いですから、

絽の着物をお召しの方が多かったですね。


昨年、一昨年と九月の初めは日本橋の丸善さんの仕事でしたので、

一週間滞在しましたが、ご一緒でした歌舞伎役者中村芝雀さんの奥様は

最初は絽のお召し物で終わりの方ではお単衣でした。


今の気候ではこのような着方になるでしょうね。

一昨年の新橋演舞場での前にあります喫茶店では、芝雀さんの奥様、

吉右衛門の奥様 仁左衛門さんの奥様の着物姿を拝見する機会に

恵まれましたが、絽の方お単衣の方と色々でした。



この九月の初めはこのようにその方によって違ってきます。

絽でもお単衣でもいいわけですね。


どこから替えるのかは気候次第でしょうか。

ですが、中旬にはもう替えています。

絽も絽縮緬というあまり透け感がないものがありますが、それは

結構長く着ることができます。


お単衣に変わりますと長襦袢 半襟をどうするかという問題が出てきます。


本に書いてありますこと、ブログで書いてあることを見ましても、

まちまちですね。これが正しいとは言えないものがありまして、

それぞれの先生方もその道の方もそれぞれのお考えがあるようです。


着物は〇×をつけることがなかなか難しいものがあります。

留袖を除きましては。



私の意見としましては、9月までの絽のお着物には絽の半襟 小物も絽。

夏そのままでいいと思います。


中旬でお単衣に変わりましたら、半襟は塩瀬。

縮緬は暑いから11月という意見にはうん?

細かい縮緬がありまして、さほどの問題はないような。



単衣に絽の半襟と書いてあるものがありますが、

小物は先どりがおしゃれと昔からされています。

小物とは?

半衿もそうです。帯揚げ 帯締めもそうです。

私はお単衣にはやはり半襟は塩瀬がおしゃれだと思います。

六月にお単衣を着るのでしたら、半襟は先取りで、絽の半襟にします。

その時には長襦袢から帯揚げ・帯締めも絽 そして長襦袢も変えます。


ですが、九月は秋に向かってのお単衣。


秋のお単衣。

私は九月の中旬からは長襦袢はお単衣 半襟は塩瀬にします。

帯揚げ 帯締めも袷と同じものに。絽は使用しません。


ある方がブログで確かに小物の先取りというのがありますが、暑いのでとお書きでしたが、

半衿が暑いと思ったことはないですね。

それにお単衣の長襦袢は無双の長襦袢と生地も違います。

涼しく生地が使用されています。

お単衣向きの素材ですね。

さらさらと気持ちがいいものです。


せっかくお単衣に着替えて秋を感じようとしていますのに、夏の絽の半襟?

私は嫌ですね。


長襦袢からすべてお単衣にいたします。そして秋を満喫します

多少暑くても。


九月の初旬は絽をまだ着るかもしれませんが。


ですが、初旬でもちょっと涼しくなりましたら、お単衣を着ます。

で次の日暑ければまた絽のお着物。

まあ両方揃えておきます。長襦袢もそうですね、


さて皆様はどうお考えになりますか?




絽は夏のもの、夏の初めのもの。お単衣に絽の長襦袢、半襟、これは六月でしたら、

心踊ります。夏がいよいよ来るんだと。



12日の福山での歌舞伎鑑賞会は絽のお着物はぎりぎり着れますね。

暑ければですが。

私はお単衣の付け下げに綴れの名古屋です。

長襦袢はお単衣、さらさらしていますので涼しい。お衿は塩瀬。帯揚げ 帯締めは

袷と同じもの。


秋を演出です。


本当は小紋でも紬でもいいのですが、付け下げは今回はごお食事を

一緒させていただいたことが

あります、歌昇さんの襲名披露であったり、芝雀さんがお出になりますので、

付け下げにいたしました。



最後に

私は郷に入れば郷に従えという考えですので、

お茶の会では先生のおっしゃるとおりに、お能の会で社中として参加します時は

お能のしきたりでいきたいと思います。

伝統を重んじるということはこれも楽しいものです。


伝統の中に身を置くということはとても楽しいことです。


そういう世界のことを教えていただけるというのも醍醐味です。


人間素直が一番ですね。

あれれまた道がそれてきていますので、この辺で。

























  

by kiyara888 | 2013-08-30 09:34 | 新・着こなしワンポイント | Comments(0)