襟が浮く

d0161928_20195201.jpeg
                   長襦袢の襟が浮く

             長襦袢の襟が浮いていて首に沿っていない方の悩み



まず襟芯が固くないですか?セルロイド?の芯では?
それとも出来合いの分厚い襟?
ブログの着こなしポイントのカテゴリの衿芯の説明をご参照ください
襟芯が固いとどうしても襟芯は自己主張します。首には沿ってくれません。

細い方は体型補正ができていないのでは?
胸の体型補正ができていなければ細い方は特に襟が浮きやすくなりますよ。
補正をしてみてください

木耶ラの魔法の親指を使っての着付けはみなさん胸元がピタッとして襟が浮かなくなると言います。
ほとんど全員の意見ですので、この技術も効果的なのかも知れません。

襟のくりこしにも原因があります。後ろの襟が戻ってくると襟は浮きます。

そしてもう一つ長襦袢に使用する腰紐はモスリンをおすすめします。
ゆったり結んでも崩れてきません。

それから胸紐を結ぶ位置ですが、これは胸の下(丸みが終わる位置、上から紐を下してきますとストンと落ちる場所があります。そこで締めます。そこで締めると苦しいという方がいますが、苦しくないようにしめることがモスリンだとできます。なるべく幅の広いモスリンがいいでしょう。
まず前から後ろに回し交差してしっかり結びます。それから紐を横にもっていきそこで手を緩め紐を緩めます。
ここで調整ができます。ある程度ゆるめて苦しくない程度になりましたら、前で結びます。
こういうやり方でしたら、苦しくありません。

どいういうわけか結んだ胸紐を下に引き下ろす人がいますが、それって襟を浮かせることになりませんか?
そうやって着ている方は襟が浮いていませんか?胸紐は大切なものです。この使い方がよければ襟が浮いたり苦しいということが解消されるのです。
モスリンの幅は私は5・5センチ幅を使用しています。あまり狭いと細いひも状になってしまいます。
そして細い紐状になればアイロンで伸ばさないといけません。
そうすれば紐が身体に食い込むということが避けられます

紐は胸のふくらみが終わったところがいいと言いましたが、それよりもしたに結すんだら襟が浮きます。
胸の大きい方はすぐにおわかりいただけると思いますよ。
まずウエストの部分で胸紐を結んでみてください。上前の襟をごらんになてください。襟が浮くでしょう?
胸の下にゆったりと結んでみてください。上前の襟は浮かないでしょう?
そして苦しくもないはずです。これがモスリン以外の紐でしたら、しっかり締めないと緩みます。
でも100パーセントモスリンでしたら大丈夫ですよ。
私の生徒さんが昨年10人ほど一緒に歌舞伎の顔見世に行きましたが、一人として苦しいと言った人も無く、
着くずれした人もいませんでした。家をでてから歌舞伎が終わるまで12時間かかっていましたが。

この紐の位置は今度写真を掲載してくわしくお話しすることにしましょう。

それから後ろの襟を引く紐は前の襟を抑える紐と共有はできませんですよ。別物です。
べつな役割をしますから当然別々にしなくてはいけません。兼ねることはできません。

これも記事に書くだけでは難しいですね。これを読んでいる生徒さんには理解できているはずです。
理論的になぜだめなのかとお話ししていますから。なぜここでなければならないのか
なぜこうしてはいけないのかということを具体的に理論的にお教えしています。
それは長年研究しつづけているからこそ言えることだと思っています。

by kiyara888 | 2011-03-23 22:17 | 新・着こなしワンポイント | Comments(0)